倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS ぐだぐだと・・気持ちの整理と機材の整理

<<   作成日時 : 2017/10/07 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

オリンパスPEN-Fは、思った以上に良いカメラでした。
いや〜、始めっから、これにすれば良かった〜〜(>_<)・・・です。

画像

まず、画素数が増えたことを実感するほどに解像感が良く、シャープネスは弱くなっているようで、そのせいかトーンの感じも良く、全体的に解像感が上がってる感じがします。

E-M5 MarkU に見られた色味の悪さもなく、スッキリしている感じ。

E-M5 MarkU に較べ、ファインダーの画像が小さいですが、その分、有機ELでコントラストがあって、見やすい感じです。
E-M5 MarkU の見え方とは、個人の好みと、ケースバイケースで善し悪しがある感じです。

画像

E-M1 MarkU も相変わらす気になっていますが、今は、それを買うなら、PENをもう1台の方がイイ、と思ったりしています。
機能が、使い切れないほどあります。
コイツの潜在能力は高いですぞ。

画像

E-M1 MarkU は、望遠でもって、スポーツや、例えば車や電車などの動き物も撮れる、というのが、ウリ。
その部分が要らないなら、PEN-Fでいい、ということになる。
「その線」でいこう、と思う。
今のところ、E-M1 MarkU は見ない振り・・・。
いじると、また欲しくなるから、いじらない・・・。

そういいつつ、E-M5 MarkV が出たら・・・という様子見でもあったりする。

画像

上のPEN-Fの写真を撮った、オリンパスE-PL6も、なかなかの写りでございます。25mm F1.8付。

このE-PL6は、このブログでも「街の断片」として載せているような写真を撮るのに必要となって、一度処分したものをもう一度買ったものです。
E-M5 MarkU も、PEN-Fも、フレキシブルファインダーなので、ウエストレベルで構えたときに、ファインダーが横に出て撮りにくいのです。
ここはティルト型が良いのです。

また、ARTフィルターを使いたいので、オリンパス、です。この点、他のメーカーではダメ。
・・・なので、安いのを見つけて買いました。
本来なら、画像エンジンも変わった新型が良いのはわかっているのですが、ちょっと高い〜です。

上の写真は、そのE-PL6をキヤノンG9Xで撮りました。これも、なかなか良い写り。
1インチセンサーのコンデジで、これだけ写るのは便利。
このカメラも、良いカメラです。
この携帯性は抜群でありまして、代えがたいものがあります。

こういうカメラは一台持っている必要、すら感じます。
ま、スマホで済んじゃう、って感じもありますが、スマホはシャッター音がウルサイ、ので、静かに撮れるデジカメは良いのです。

画像

結局薬局、行き着いた所は・・・ニコンD750。

キットレンズ着きが安くなってた。とはいえ、フルサイズ。
そのAPS-Cとの違い、マイクロフォーサーズとの違い、というものを知りたくて、買ってしまった。

結局、APS-Cには良いレンズが出てこない、ということが1番のネックだった。
小僧の野球も無くなって、望遠に特化という使い道が無くなったということもでもあった。

以前買ってあった70-200mm F4に、やはり、野球用に買ったシグマ150-600mmがある。
それとキットの24-120mmF4。これにヤフオクで買った16-35mm F4。
これで、ほとんどの焦点域をカバー。

しかし、フルサイズのズームは、やはり歪曲が大きいのが気になるので、歪曲の少ないマイクロフォーサーズや、フジフイルムとは、使い分け、となる。

画像

ニコンD850が出た。予想以上に良く出来たカメラ。でも、35万。
値段が落ち着いて30万弱のSONY α7RU と較べる・・・と・・・α7RVが出たら、ニコンD850よりも高くなりそう。
それと較べると、D850は安い感じがする。
というより、カメラという機械としての魅力は、段違い平行棒〜! ニコンの圧倒的勝利。

初めはレンズがなさ過ぎたSONYのEマウントも、仕様の公開をして、サードパティによる拡充を図って、なんとも魅力的なラインナップになってる。
フォクトレンダーのレンズは特に魅力的。
これが・・・悩みドコロ。

特に、広角〜標準辺りのレンズに魅力的なものが多く、それだけでも、今は安くなってる「α7U」を買ってしまいたい、衝動にかられる。
実は、PEN-Fの時、ちょっと迷ったのでした。

あくまで「実用」として、カメラとしての出来の悪さに目をつぶって使うか?
やっぱり、カメラとしての機械の魅力でニコンか?

・・・と悩みつつ、実は、D750の後継機を待ってる。
α7Vも、待ち、なのだけれど、高いと思うな〜
D750の後継機とα7Vが、同じようなお値段だったらD750の後継機の方に行くと思う。

小型で廉価版のD610の線は無くなるかも知れないけれど、D850が、やはり大きいので、D610&D750の小さくて安いフルサイズの線は、無くならないと踏んでます。

それ待ち・・・。

過剰にデータの大きくならない、「高画素!」とかいう意識を持たなくて良いD750という存在は、ガシガシ撮るには良いカメラ、と思う、今日この頃・・・

広角の単焦点が欲しい。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ぐだぐだと・・気持ちの整理と機材の整理 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる