倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 父のライカと、最後の写真

<<   作成日時 : 2017/11/09 08:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

父が亡くなる前、ワタシが京都に行く前の日だったか・・・
父が「フィルムを入れてくれ」というので、入れてあげた。

ライカだけは、フィルムの入れ方が大きく違っていて、かなりヤヤコシイ。

「ダメだな・・・フィルムの入れ方が分かんなくなっちゃって・・」と、言っていた。
以前も、一眼レフのライカRに、フィルムが入れられなくなったと言っていた。

あんなにカメラが好きだったのに・・・
「フィルムが入れられなくなった」・・・ということが、当人には、とても切ないことだったろうと思う。

老い・・・というものをこんなことで実感するなんて。
よりによってカメラか?!・・・父の気持ちが良くわかった。
フィルムを入れながら、こっちも切なくなった。

ワタシがフィルムを入れ終わると「ああ〜、これでダイジだ」・・・と言っていたけれど・・・

父が、そのライカにもう一度フィルムを入れることは無くなった。

葬儀の前、そのライカを見たら、カウンターが進んでいた。数枚撮ったようだ。

現像をしてみると、庭から撮った、柿の木が写っていた。
なんて〜ことない写真だけれど、父が最後に撮った写真だ。
残念ながら、日付が入らないので、何時撮ったものかは分からないけれど、紛れもなく、父が最後にとって、そして、できあがりを見ることがなかった写真だ。

フィルムの「現像」というタイムラグが、こんなイタズラをしてくれた。

葬儀を終えて、この写真を見ていたら、また、涙が出てきた。

ワタシにフィルムを入れてくれ、と頼む時の気持ちを想像し、その後の、嬉しそうな顔と声が思い出される。

ああ、父は、逝ってしまったんだ・・・・・・

画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
このたびは、ご愁傷さまです。
ご冥福をお祈りいたします。

最後まで父上様は写真に興味を持たれていたわけですね、、、
親子で写真ツナガリで良い思い出ですね。。。
007
2017/11/09 15:50
祖父は乾板写真でした。
親子三代であります。
最近、セガレも「一眼レフっぽいのが欲しい」というので、買ってやりました。
四代になるや否や?
三日ボーズ
2017/11/09 16:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
父のライカと、最後の写真 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる