倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS ヨドバシ見学・・・

<<   作成日時 : 2017/12/10 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

色々めまぐるしく、毎日、色んな事があって、また「お役目」も続き、ちょっと落ち着かないので、ちょっとヨドバシの見学をして、ちょっと気分転換。

画像

いま、一番気になるカメラ。

お値段がお値段なので、おいそれとは買えないけれど・・・良くできたカメラだと思う。
ニコンD750を使う身としては、気になる。

どうしても、お値段が同じくらいのSONY α7RV と較べて「どっちが良いか?」ということになる。
・・・が、ほぼ同じような価格帯であると、そりゃあ、当然、中身の違い(主にメカ)と、お値段とのギャップが気なってショ〜ガネ〜、ということになるわけですわな。
なんで、これとSONYの α7RV と同じなのよ?!
SONY、ズルくね?・・・と思っちゃいます。中身の複雑さは、どう見てもダンチ。
比較になりません。
カメラとしての「出来」がちゃいます。

較べると、どうしても「ソコ」に行き着いてしまうのです。
ニコンの方は「技術の粋を結集した歴史と伝統のカメラ」という感じがします。

D850は、まず、ファインダーが良い。これは、ホントに良かった。
α7RV のEVFも、かなり良くなっているけれど、D850も光学ファインダーとしての見え方もより良くなっているようだ。追いついて来そうなのを突き放した感がある。

D850のメリットは、ミラーがあり、シャッターがあることで、レンズ交換の際に、おそらく、ゴミが入りにくいだろうということ。このメリットは、意外に大きいと思っている。
レンズ交換の際に、シャッターが閉じていないミラーレスの弱点は、ゴミ、だと思う。

D850の弱点は、SONYに較べると、ブレ補正が無いということ。
もともとカメラにブレ補正なんてものは無かったものの、デジタルのメリットは「コレ」とも言える。

そして、D850は、大きい。

シャッター音がD810に劣る。ちょっとガサついた音で、D750に近い。ボディ構造も同じだったか。
この点ではD810が良い。
大きさは、D820と変わらない。
この点、D750が捨てがたい。

問題は、ニコンの一眼レフをどう使うか?ということだとおもう。
これは、レンズを含めると、電車でゆく撮影にはシステムが大きく重くなってしまって、辛い。

私としては、あの画素数は要らないと思うし、大きさがネック。
やはり、D750の「次」があることを期待したい。

画像

「取りあえず作ってみましたけど・・・、作ってみたけどここまで、でした〜」
・・・という感じの、「まだまだ感」があったSONYαシリーズも、 α7RV が出て、α9も出て、だいぶ良くなってきた、という感じはするものの、カメラとしての出来は全然・・・であります。

一番の問題のシャッター音は、良くなってきて、ショックも少なくなっております。
やっぱり好きになれませんが、我慢はできそうな感じになりました。

そろそろ「次」がるのでしょう、α7Uなど安くなってるし、キャッシュバックもあるので、実に何とも「お買い時」ではありますが、シャッター音などの操作感が我慢できそうにない。
・・・そんな感じのモノ。

これのメリットは、ブレ補正。
そのレンズでもブレ補正が効く・・・このメリットは大きい。
そして、コンパクト。

たとえば、フォクトレンダーの10mmとか、12mmとか、15mmというレンズが使えて、ブレ補正も効く。
これを使えれば、ズームは要らない。
広角好きとしては、持って来いのカメラなのです。

SONYが出た当初は、レンズがなくてダメ、という感じでしたが、規格を公開したことで、色んなメーカーが参加してきました。

フォクトレンダーの単焦点も良いし、SONYのズーム、12-24mmも、16-35mmはF4も、F2.8も良い。
高いけれど、ZEISSもある。

「α」は、静音シャッターがある。
ニコンD850にも電子シャッターが着いたものの、ライブビューでしか使えず、一枚撮って次を撮れるまでに時間がかかりすぎて、実用的ではない。

う〜〜〜〜ん・・・・(^_^;)

画像

一番気になっているレンズ・・・SIGMA 14mm F1.8 DG HSM。
14mmという焦点距離と、「F1.8」という明るさの、未知のレンズ。

しかし・・・デカい!、重い!・・・12-24mmより重い。
出目金レンズで、持ち歩きも大変そう。

α7U+フォクトレンダーSWH15mmとか、UWH12mmとかの方が軽いですが、なにせ「F1.8」という、他に無いスペックは、どうせ同じ14mmクラスなら、コッチを使ってみたい、と思わせてくれます。

画像

これも気になっている・・・SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art。

初期型の12-24mmは、フィルムで使っております。
これの特徴は、「ゼロ・ディストーション」と言ってること。歪曲収差が小さい、というのがウリ。
ワタシが広角レンズで一番気にするところです。
しかし、この大きさ、この出目金ぶりで、この重さ〜。
しかも、ブレ補正が無い。
超広角なので、それほどブレ易くはないとおもうのですが・・・それにしても・・・です。
併売されている「旧型」はどうなんだろ?・・・と思い見てみますが、やはり、歪曲は多いよう。

画像

ソニー「FE 16-35mm F2.8 GM」。
ニコンの16-35mmは、歪曲が大きい。カメラ内補正をしても、かなり残る。
その点、SONYのコレは、目立たない程度に抑えられているのが良い。
それに、小さい。
SONYの新しいレンズは、どれも良さげ、です。
やはり、ミラーレスは、広角レンズの設計には良い規格なんだと思います。

画像

SONY「 FE 12-24mm F4 G」。
これが、驚くほどに小さい。
「F4」だけれど、小さい上に、歪曲収差も結構抑えられていいる。
これとあのボディなら、旅行にも使える。

SIGMAの12-24mm F4 DG HSM Artは何なの?!・・・と言いたくなるコンパクトさ。
歪曲は確かにあるけれど、許せる範囲、という感じ。

この超広角については、フジに「8-16mm」の予定があります。換算12-24mmです。

この焦点距離が必要なら、フジのレンズが高くても、SONYのカメラと合わせて買うよりは安いでしょう。
ここが、「考えどころ」です。

よくよく考えてみれば、フジの10-24mmがありますから、この焦点域が欲しいときには、フジを持ち出せばよいわけです。
オリンパスに着けるとパープルフリンジが目立つパナソニックの7-14mmもあります。
慌てて、シグマだSONYだと走る必要もないではないか。

そして、同じフジの「8-16mm」を待てば良い、という結論になって・・・しまった。・・・・あれ?

・・・という、下らん自問自答でございました。

画像

夕方、実にハッキリクッキリな「幻日」が出ておりました〜。
朝夕の、これくらいの陽の高さの時、日暈が出来る角度の辺りに、ある種の雲があると左右に見られます。

画像

以下、Wiki先生・・・・

通常、幻日は太陽から約22度離れた太陽と同じ高度の位置に見える。
雲の中に六角板状の氷晶があり、風が弱い場合、これらの氷晶は落下の際の空気抵抗のため地面に対してほぼ水平に浮かぶ。
この氷晶の1つの側面から太陽光が入射し、1つ側面を挟んだ別の側面から出る場合、この2つの面は60度の角を成しているため、氷晶は頂角60度のプリズムとしてはたらく。
この氷晶によって屈折された太陽光は、太陽から約22度離れた位置からやってくるように見えるものが最も強くなる。このようにして見えるのが幻日である。
太陽高度が高い場合、氷晶の中を斜めに光が通るためにプリズムの頂角が60度よりも大きくなったようにふるまい、太陽と幻日の角度は22度よりも大きくなる。
太陽高度が61度よりも高い場合には、氷晶の側面から光が出ようとしたときに全反射されてしまうため、幻日は見られない。氷晶の並び方に水平からのばらつきがある場合、幻日の上下に光が広がって見える。
また、氷晶の屈折率は光の波長によって異なるため、幻日も虹のように色に分かれて見える。
幻日は太陽に近い側が赤色、太陽から遠い側が紫色となっている。
氷晶がよく水平に揃っている場合には幻日の光が強いために確認するのは難しいが、水平からのばらつきがある場合には光が弱くなって確認しやすくなる。
雲を構成する六角板状の氷晶の一部が水平となり、残りはランダムに配列しているような時には幻日と内暈と同時に現れることもある。
太陽高度が低い場合には内暈のうち太陽と同じ高度の部分が強く光っているように見える。太陽高度が高い場合には幻日は内暈の外側に分離して見える。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
・・・んで、ホントは外付けHDDを買いに行ったハズが、忘れて、フィルムだけ買って帰ってきたしまったワタシ・・・(^o^)
三日ボーズ
2017/12/11 09:07
ヨドバシあるあるでございますね。一番の用事がいつの間にか抜けてしまう…。
 写真機を「機械」としてとらえるとD8**とかD5**はいいなぁと思ってしまい,しかしながらその重さ故に展示機をすっぱい葡萄状態で眺めていることが多うございます。
昼のゐこい
2017/12/11 20:55
どこでも買えるHDDを買うのに、ヨドバシに行く途中にある家電量販店をふたつやり過ごして・・・
「ついでに」と言って行く時点で、敗北なのであります。
「ついで」に見るというカメラがメインであることは、火を見るよりも明らかなのであります〜。(^^)
三日ボーズ
2017/12/12 00:04
食べるだけなら、安くて美味しい葡萄があるぞぉ〜〜
という気持ちばかりがのさばっていちゃあダメだワン
・・・と思いまする。
三日ボーズ
2017/12/12 00:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヨドバシ見学・・・ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる