倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS パナソニック GX7 MarkU

<<   作成日時 : 2017/12/03 09:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

これは、もうモデル末期なのだろうか?
パナソニックは、GH5と、それに続く廉価版的印象だった「G」の新型「G9」をGH5並みのお値段にしてきた。

もはや、廉価版ではないラインとなった「G」。

その「下」のラインを「GX」が担うのだろうか?
おそらく「G9」誕生の時、「その下」も考えられているんだと思うが・・・。

しかし、その「GX8」も「GX7 MarkU」も、ストップ状態。

画像

元はといえば、GF5に着けっぱにしていたLUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./ POWER O.I.S. H-PS14042-Kという、薄いくせに長〜〜い名前のレンズ。
これをあるとき落っことしてしまってダメにしてしまったものの・・・なかなか良いレンズだったし、GF5との組み合わせでの使い勝手が良かったので、オークションで中古を買い戻した。
ただ、買うときに、シルバーを買っちまった。

これがGF5には良かったものの、GX7のブラックには合わない。
似合わない、といおうより、場違い・ミスマッチでありまする。
この「PZ 14-42mm」を着けて違和感無いボディは今のパナソニックには・・・無い、と思う。

しかし、これ、良く写るレンズなのです。惜しいのです。
初めて使った時、驚いたもの〜。

GF5が壊れてしまって・・・GF5の代わりを探すも、今のパナソニックでは、このラインが弱い。

LUMIX DMC-GF7は、いくら何でも形が嫌い。
いくら何でも、これは使いたくない。↓↓(^o^)
画像

LUMIX DC-GF9は、まあ良いんだけれど、ダブルズームキットだし、それは要らん。しかも、6万超。

そこに、LUMIX DMC-GX7MK2 のボディが5万弱で「価格.com」の最安値、出ました〜。
「これなら良いんじゃね?」・・・ということで、GF5の代わりに買ったLUMIX DMC-GX7 MarkU 。

カッコは良くない。
・・・というか、味も素っ気も無い!
・・・お見事〜!・・・なくらい無い!・・・ツマラナイ・・・(-_-)

シルバーボディは、かなり安っぽく見えたので、ブラックにした。
実は、その昔、GX7の無印は使っていた。無印のボディは、それなりに良かった。
でも、何かを買うときに、処分したんだった。
2代目で悪くなる、というのもワカンネ・・・。

GF5も、安くなってたのを「ど〜でもいいや」という感じで買ったのだけれど・・・これは、案外良かった。
GX7 MarkU も、「どうでもいい」という感じで買った。
なので、レンズがミスマッチでも、ど〜でもいいや〜・・・という感じで、「PZ 14-42mm」を着けて使うことにした。

画像

今度の「MarkU」の大きな違いは、ボディ内手ブレ補正が付いたこと。GX7に戻ったのは、これが大きい要因。
ボディ内ブレ補正で、生きてくるレンズがある。

オリンパスの14-150mmもそう。
オリンパスのレンズは、レンズ内手ブレ補正が無いので、レンズがスリムになってる。
・・・ので、これが GX7 MarkU に良く合うと思う。

パナソニックは、レンズ内ブレ補正派だったのに、レンズにブレ補正が無いのが結構あった。
このLUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH.もそう。
これも一度手にしてものの、手放していたもの。
ブレ補正があるならと、やはり中古で買い戻した。

ただ、これは「G1」という、パナソニック初のミラーレス一眼の画質で、ものすごく良かったレンズ。良い雰囲気があったレンズ。

GX7 MarkU だと、輪郭補正のせいか、最初の「驚くほどの良さ」が発揮できていない感じもする。
でも、よい写りのレンズだ。

画像

まったく・・・つまぁ〜〜〜んな〜〜〜〜いボディだけれど、小さいながら、ブレ補正を初め、かなりアレコレ積み込んでるボディ。
写りに関しては、以前検証した。
良く写ることはマチガイナイ。

その後、「価格.com」の最安値で、一万円くらい上がってきた。
良いときに買ったモンだ(^_^)v・・・と思う。ラッキ〜(^o^)である。

・X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./ POWER O.I.S.
・LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH.
・M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

・・・この3本を着けることにする。
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mmが、ほとんど「着けっぱ」だけど・・・。

画像

「GX7 MarkU」は、やはり、ファインダーが良くない。

慣れはするけれど、オリンパスPEN-Fに換えると、見え方が格段に良くて驚く。
「GX7、アカンなぁ〜」と思う。
ま、小さいカメラで、ギリギリのスペースに押し込められたファインダーだから、仕方ないのだろう。

前の「無印」もこんなだったか・・・?
・・・余り記憶が無いが、そんなに良い物では無かった、という印象ではあった。

GH3の時だったかファインダーの見え方が悪いという評判になった。
確かに、と思う。
GX8のファインダーはイイ。
パナソニックの中で、なぜか「GX8」のEVFが一番良いという感じがする。
是非「GX」の「次」は、GX7程の小ささは要らないから、良いファインダーを積んで欲しい。

こうやってアレコレ使ってると、それぞれの欠点が顕著になってしまう、というデメリットがあるな〜。

GX7は、色味は良いし、シャープネスの効きは強いけれど、一見シャープだし、あらゆる用途に対して良い写り方だと思う。

でも・・・
・・・とにかく、カメラとしての「使用感」が悪すぎる。

第一に「シャッター」。
ショックが少ないのは良いけれど、とにかく音がオモチャ、貧弱、マヌケ!!
なんとかして欲しい〜。

ワタシが現在使ってる、ニコン、オリンパス、パナソニック、フジ・・・
このそれぞれによって撮れる絵が違うってのが、困ったモンだ、と思う。
一長一短なのだ。

昔で言えば、「フィルムを換えた」・・・というような違いであります。
フィルムを使い分けたように、カメラを使い分ける。

デジカメは、その上、使い勝手も、感覚も違う。

そんな感じになってしまっている。

おまけに、日進月歩で「新しい物は良い」・・・が、原則。

・・・これが、デジカメ、ということ。

金食い虫じゃぁ〜〜〜(>_<)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パナソニック GX7 MarkU 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる