倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS カメラバッグの旅

<<   作成日時 : 2018/03/16 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

先日の東北の旅で、しっくりこなかったカメラバッグを考えてみた。
・・・んで、HAKUBAから出ている「ルフトデザイン・スイフト03・ショルダーバッグ」というのを買ってみた。

画像

W350×H300×D150。写真のようにPEN-Fとα7Uが入って、おまけが入る。

がま口の様に口が開くのが特徴で、カメラを取り出し易い。
A4ファイルが入るには入るが、キッチキチ。

カメラバッグに望みたいのは、まず「A4ファイル」が入ること。
A4の資料があることが多いので、まずこれが欲しい要素。

で、カメラが、メインとサブの2台。レンズが2本くらい。
あとブロアブラシとか、レンズクリーニングキットとか。

出し入れしやすいという点ではウエストバッグもイイのでありますが、結局容量が小さく、案外邪魔。
ショルダー型で、常に取り出し易い感じがいい。
・・・ということで買ってみたバッグです。

画像

ある程度、量が増える時には、リュックが一番。

リュックも、今は、大袈裟なのと、小さすぎる物とがあり、丁度いい感じのものが少ない。
写真のニコン・オリジナル・グッズのが良かった。
結構色々入って、A4ファイルも入る。
これまで使っていたのは、A4ファイルが入らなかったけれど、これは、パソコンを入れるスペースがあり、そこにA4ファイルが入る。
大袈裟でないのもいい。デザインもスマート。

リュック型は、多めの機材を運ぶにはいいが、現地では、いちいち下ろして出し入れというのが大変。
頻繁に出し入れするのが面倒なものである。

多めの機材を運ぶには、ショルダーは肩と腰と背骨への負担が大きい。
リュックを背負い、現地で必要な機材だけを出して、それを首から提げるなどして使う。

画像

「ロウプロ」の、随分前に買ったもの。
アタッシュケースのように蓋が開いてしまうので、肩から提げたまま取り出したりはできない。
どこかにカメラを運んでいって、取り出して使うにはいい。
このタイプが、今、殆ど無いので、重宝している。
それほど大きくないのも、いい。

画像

こういうタイプが、今、殆ど無いのが残念。
この写真のような入れ方でなく、レンズとボディをバラして運んでいって、現地で組み立てて使う、という使い方が便利なのだ。

画像

バンナイズの小型のボストンバッグ。
A4ファイルがギリギリ入る。
ここに、カメラ用のクッションケースを入れて使っている。

画像

カメラ2台とレンズなどが入る。
一番は「カメラバッグらしくない」という所が良い。

写真のように、ニコンD750とオリンパスPEN-Fが入る。
今回、東北には、これで行った。
蓋付きのポケットに、長財布とiPhoneが入る。

無くなる前に、もうイッコ買っておきたいくらい便利に使っている。

画像

デジカメは、エツミのアルミアタッシュの同じのを買って、それぞれ、ニコン用、マイクロフォーサーズ用、フジ用に使ってる。
これ以上、増やしたくないのでありますが、近々もうイッコ増えそうな感じ・・・(^_-)

画像

だいたいこんな感じ。保管も兼ねて。
同じ物、というのが良いと思ってる。
車で出かける時には「今日はニコン〜♡」という感じで、このまま持って行く。

頻繁に使わないカメラは防湿箱に入れて、比較的使うデジタルは、こうやって仕舞って置く。

こうやって並べると、なんだか、道楽三昧・・・という感じがする。

・・・まったくそうなので仕方ないですが。m(_ _)m


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
小生の場合、昔ほど撮影をしないのでカメラバックも機材同様に休眠しています、、、

ハクバのアルミトランクが二個(RBとAFD用)と布ショルダーが数個(F100とF4とD80/G6用など)何時の間にか増殖しています、。

マミヤの最大アルミトランクに中判二台を入れて歩行移動したら背骨が歪み、整体のお世話になってからは無理は止めてます(苦笑)、。
007
2018/03/20 09:10
リュックも、京都のバスとか乗るのははばかられ、また、意地でもキャリーバッグは使わない!・・・とか思ったりしていても、寄る年波には勝てなくなってきて・・・
当然、カメラも小さい物を、と思うようになってきました。

アルミのアタッシュは、事務机の下に置いてあって「いつでもOK」というつもりでおります。
三日ボーズ
2018/03/21 08:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
カメラバッグの旅 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる