「お坊さん便」(べン、ぢゃないよ、ビンだよ~ん)

画像

「Amazonが僧侶の派遣を始めた」というような感じでニュースが流れたのですが・・・
実際のところは・・・

葬儀関連会社「みんれび」(東京都)が今月8日から、法事や法要で読経する僧侶を希望の場所へ派遣するサービス「お坊さん便」の受注を、アマゾンのサイトでも始めた。・・・ということ。

Amazonで買い物をしたのに、違う普通のお店から品物が届くヤツね。
Amazonがやってんじゃなくて、楽天みたいなもので、提携業者がAmazonに載っけた、ということ。

それに対して「全日佛」が反論しました。曰く・・・

全日本仏教会理事長談話「Amazonのお坊さん便 僧侶手配サービス」について

去る12月8日、「Amazon」は僧侶手配サービスを販売開始しました。これは、「株式会社みんれび」が2013年から展開している「お坊さん便」というサービスで、全国どこにでも定額で僧侶を手配するというものです。

背景には、「読経してもらいたいが、お寺との付き合いがない」「お布施をいくら包めばいいのか不安」といった社会からの声があるといいます。

これには、販売当初より大きな反響とともに賛否の声が寄せられており、定額で分かり易いという声がある一方、仏教界からは宗教をビジネス化しているという批判が起こっています。

私ども公益財団法人 全日本仏教会は、宗教行為としてあるお布施を営利企業が定額表示することに一貫して反対してきました。お布施は、サービスの対価ではありません。同様に、「戒名」「法名」も商品ではないのです。

申し上げるまでもなく、お布施は、慈悲の心をもって他人に財施などを施すことで「六波羅蜜(ろくはらみつ)」といわれる修行の一つです。なぜ修行なのかというと、見返りを求めない、そういう心を持たないものだからであります。そこに自利利他円満の功徳が成就されるのです。

今回の「Amazonのお坊さん便 僧侶手配サービス」の販売は、まさしく宗教行為をサービスとして商品にしているものであり、およそ諸外国の宗教事情をみても、このようなことを許している国はありません。そういう意味で、世界的な規模で事業を展開する「Amazon」の、宗教に対する姿勢に疑問と失望を禁じ得ません。しっかりと対応していきたいと考えます。

今回のことを通して、私ども伝統仏教界は、お寺は相談しにくいという声を真摯に受けとめ、社会のニーズに耳を傾け、これからの教団・寺院運営に反映していかなければならないことを付言しておきたいと思います。

2015(平成27)年12月24日 公益財団法人 全日本仏教会 理事長  齋藤明聖


残念ながら、イオンの時と同様、この声明文が「ピント外れ」という印象を免れません。
「全日佛」という組織としては、こういうコメントになってしまうのでしょう。

しかし、じつは、これが、我々の間では「不可侵な問題」であるということが、そもそもの問題で、実は「宗教行為としてあるお布施を営利企業が定額表示することはできないというような言い方の裏には、この「不可侵の問題」が存在している訳です。

つまり・・・「隣にある同じ宗派の寺のお布施を知らない」ということです。
風の便りに聞くことはあっても、直接聞くことは、ほぼあり得ない、という状況・・・。
それを言っているのが「宗教行為としてあるお布施を営利企業が定額表示することはできない」ということにつながってしまっていて「お互いのお布施を知り得ない」ということすら、言えない、という状況にある、ということです。

お布施の違いの原因となることには、何十年もの寺と檀家さんの歴史、寺の環境、いろいろありますが、お互いのお布施に関しては、ほぼ絶対不可侵、と言っていい状態。聞けませんし、聞きません。

結局「定額化できない」という言葉の裏には、この問題があるわけです。
だから定額化できない・・・と言うこと、ここから既に「曖昧模糊」となっていて、まったく具体性が無く、論議としては、成り立たないと言ってもいうようなものです。

申し上げるまでもなく、お布施は、慈悲の心をもって他人に財施などを施すことで「六波羅蜜(ろくはらみつ)」といわれる修行の一つです。なぜ修行なのかというと、見返りを求めない、そういう心を持たないものだからであります。そこに自利利他円満の功徳が成就されるのです。

・・・これも単に「建前を言っている」だけであって、逆に「お前らは、ホントにそう思っているのか?!」と言われてしまうようなものでしょ。

こういう会の上の方にいるとか、そもそも「全日佛」の組織に入ろうとか、宗派の本山の職員や役員になろうというような「人間」には、寺の経営で苦労しているような者はおらんだろ、と言い切っていいくらいのもの。
私らから見ても「逆に「お前らは、ホントにそう思っているのか?!」と言いたくなるような人たちだと思っています。

現在の状況を鑑みて「「六波羅蜜(ろくはらみつ)」といわれる修行の一つです。なぜ修行なのかというと、見返りを求めない、そういう心を持たないものだ」・・・などと言ってることは「寝ぼけてるんかい、アンタ?!」ってなモンですよ。

我々に対する辛辣な感情を逆なでしているとしか思えません。

お寺は相談しにくいという声を真摯に受けとめ、社会のニーズに耳を傾け、これからの教団・寺院運営に反映していかなければならない」・・・ってことは、こういうピントがズレたことを言わないってことぢゃ、ね~でしょ~か?


・・・続く・・・



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

大晦日
2015年12月30日 20:44
私が考えた お坊さんの答え方の正解です。どうでしょうか?「お寺は商売ではありません。また檀家さんの経済状況も様々です。当寺ではお布施の金額決めずに、檀家さんにお任せ致しますので負担にならないようにお供えして下さい。一方で、お寺の維持にはお金が必要なことも事実です。寺院護持の為、是非ともご支援 御協力をよろしくお願い申し上げます。」
大晦日
2015年12月30日 21:15
こんな坊主がいるから、アマゾン坊主が出てくるのだ、あるある。
休みはパチンコばかりしている。
会議と言っては高級ホテルで集まる。
新幹線は必ずグリーン。
葬儀屋の悪口ばかり言う。
奥さんは飲み屋か石材屋か仏具屋出身。
趣味でサックスバンドをする。
車はベンツ、BMW、高級車。
布教師はウソつきが多い。
、、、どうでしょう、、。
三日ボーズ
2015年12月30日 23:59
ま、勝手に言ってなさいな。(^^)/
そのうち、消すよ。
三日ボーズ
2015年12月31日 09:38
真剣に考えようとしてしるのをやめたくなるような恐ろしく低レベルな書き込みはやめてくんないかな?(^o^)

ま、オレはどれも当てはまらんから良い良い・・ってことか?(^^)/ でも、
>奥さんは飲み屋か石材屋か仏具屋出身。
・・・なんじゃこりゃ(^^)

>趣味でサックスバンドをする。
・・・は何?悪い?? (^^)

車とか、グリーン車とか、普通にツマンナイひがみじゃん~
下らんこと書き込むな!
どうして、こう馬鹿なヤツがいるんかな~。

この記事へのトラックバック