TASCAM DA-3000~!

画像

1月、3月と続いての親戚の葬儀で、久し振りにオーディオマニアのオジサンと話をして・・・
もっぱら、オーディオの話だったのですが・・・

レコードなどのアナログ音源を録音するのに、何が良いか?・・・ということになって・・・
オジサンのお薦めは・・・
というか、現在納得して使っているのが、TASCAMのDA-3000とのこと。

存在は知っていたけれど、まったく眼中に無かったのでありましたが・・・

オジサンは、膨大な量のオープンテープを持っていて、再生する機械も自分でメンテ、というか、レストアして維持できるので、そのまま聴くのが良いのは分かっていても、さすがに大変なので、気軽に聴くときには、オープンテープの音をDA-3000に、DSDフォーマットで録音して聴いているとのこと。

この機械は、パソコンを使わず、テープレコーダー感覚で使えて、PCMより、自然に録音できるというDSDフォーマットで録音できる、というのが売り。

DSDが良いのは分かっていても、パソコンで編集することが前提だとPCMの方が良い。
・・・というか、DSDだと波形編集ソフトで編集できない。

新しい編集ソフト「Sound it !」は、DSDに対応したらしいけれど、ネイティブでできるのか?
おそらく、PCMのめっちゃ高いレートに変換して編集するんじゃなかろうか?

しかしながら、編集をせず、録音して聴くだけならば、DSDがベスト、ということがわかった。

画像

どうすっかな?・・・と考えていたら、オジサンから、突然DSDフォーマットで録音されたSDカードが送られてきた。
こういう「背中の押し方」ってあっかなぁ~~?(^^;)

オーディオチェック用のテスト信号から、邦楽、クラシック、歌謡曲・・・あらゆるジャンルの曲が入ってました。
そういえば、このオジサンは、ワタシが交通事故で入院したときも、色んな曲を入れたiPodをくれたのでした。
有り難し!!

「しゃ~ね~なぁ~~(^^)」・・・というわけで、Amazonで「ポチッ」とな~。(^_^)v・・・ですよ。
へい、へい、買いました、よ~。

通常10万を超えるお値段が、Amazonのお店で、77,500円とかで出ていたのも、良いタイミングですた。

・最大でPCM 192kHz、DSD 5.6MHzのハイサンプリングステレオ録音に対応
・SDHCカード/CFカードへのステレオ録音が可能
・録音フォーマット
  PCM:BWF(44.1/48/88.2/96/176.4/192kHz、16/24bit)
  DSD:DSDIFF/DSF(2.8/5.6MHz)
・SDカードスロット装備(SDHC 4~32GB対応)
・CFカードスロット装備(UDMA対応)
・WAVファイルの再生が可能
・あらかじめ設定されたシンクレベル以上の信号が入力されたときに自動で録音を開始する
 シンク録音機能
・ひとつ前の操作に戻れるUNDO機能

・・・等々の機能あり。

画像

・・・んで、仮に本堂内にセッティングしてみます。

アンプは現在設置してあるパイオニアの物。
スピーカーは、学生の頃だったか、やはり、このオジサンが見繕ってくれたダイアトーン(懐かし!)の物。
その時の、やはりパイオニアのアンプは壊れてしまったのですが、スピーカーは健在。
試しに、大きめの音量で鳴らしたら・・・バッチリ!・・・でございました。
現代的なスピーカーを買わねばなんね~か?・・・と思っていたですが、大丈夫かも。

後は、程よいスピーカー台に乗せてあげればOKでしょう。

本堂は、とても良いリスニングルームだということが分かりました。

一応、あちこちで録音した法要の録音やら、声明のレコードを聴くのがメインでありますが・・・(^_^)v
この本堂で、法要の録音を聴くというのは、ベストでありましょう。
これほどマッチした聴き方は無い!

本山の勤行の録音に合わせて、自分のお勤めをすっかな~♡・・・ということも出来るわけで・・・

でも、ヤマトとか、聴きそうだな~、けっきょく。(^^;)

オジサンが録音してくれた中島みゆき・・・良かった~♡








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

007
2017年05月23日 05:02
最近アキュフェーズのアンプがちと気になります、、、
アナログメーターの動く感じに惹かれます、、、
あとスピーカーやCDプレイヤー、置き台なども必要で、総額で50万は超えますから自制してます、昔のように三角形の頂点でカシコマッテ聴く事も苦痛だし暇もないですから、。
三日ボーズ
2017年05月23日 14:06
先日、ヨドバシに見に行って「アキュフェーズ」は、気になる存在であります。
かつてより、名機の名前ですからね~

オーディオは、相変わらず、天と地の開きが大きく「天井知らず」という感じですね~
高価なモノのお値段が信じられないお値段。
でも、その違いが分かるか?・・・というより、今は、自分の耳が心配になっています。
オレの耳は、ちゃんと聞こえておるのか?・・・という心配です。
耳鳴りがあるということは、高音が聞こえなくなっているからだ、ということらしいですが、自分の耳やら目やらの心配が先、というナサケナイ状態(T_T)
007
2017年05月23日 18:27
最近、写真撮影がオロソカです、、、

アキュフェーズは無理でも、DENONやONKYO、JBLの中級機のもので間に合う感じです、、、
歴史は繰り返す?でオーデイオ復活もいいかもと想います、。
三日ボーズ
2017年05月23日 19:51
家の中で聴く以上、程度を越えた大きな音は出せません。
その点、今の機械は、小さいスピーカーでも良い音が出るので驚きです。
やっぱり、良い音楽を、良い音で聴く時間というのが、心の余裕に繋がると思います。

この記事へのトラックバック