頭のリセット

塔婆書きも、煮詰まってまいりました~(>_<)
・・・んで、用事のついでに、宇都宮ヨドバシ マルチメディア館へ。
気分転換で、ございます~。

画像

「やっぱ、コレ、カッコいいわぁ~」・・・な、オリンパスE-M1MarkⅡ。

どうせ、大伸ばしすることなんか無くて、せいぜいA4の印刷物に使う程度なんだから、これで十分すぎる画質なのでありまして・・・
すべてをコレ一台で賄えるという感じもしており、また、そうだったら気持ち良いな~♡、とも思うわけでありますが・・・

解像度だけでいうとフルサイズもマイクロフォーサーズも関係なくて、レンズの性能と画素数による、と思っていて、そういう意味では、E-M1MarkⅡは十分な性能を有しております。
おまけに、カメラとしての使う上での機械としての気持ちよさも有しております。

このカメラは、まずシャッターの感覚が抜群。
大きさも、持った感じも良い。
ファインダーの見え方以外は、スンバラシイカメラです。

もうひとつ、E-M5MarkⅡを使っていて感じる、色味の悪さ。
これがE-M1MarkⅡにもあったら大後悔スペシャル!・・・になってしまう・・・という思いがあって、切り替えられないのです。

一度は、良いと思って、デジカメの中心に据えたオリンパスE-30。

しかし・・・
動きモノの撮影において、カメラの性能が追いつかなくて、NikonD7000に切り替えた。
んで、「やっぱ、ニコンだったか」・・・と思った次第。
結局、野球などのスポーツを撮るのに、E-M1とか、フジX-T1とかではダメでした。

それぞれ現行機種になって、動きモノに対する性能も強化されたようですが、「ならば切り替えられるか?」と聞かれたら、ワタシとしては「?」でありまして、結局、Nikonの線は残してあって・・・
それが、さいきん「メイン」になりつつあるということです。

本来なら「写真はセンサーサイズぢゃね~ゾぉ~!」・・・という気持ちで、乗り換えたいのは山々・・・

ここですよ、ココが大事!
「オレなんか、コレだけですよ、これで十分~」というのは、オリンパスには失礼かも知れんですが、カメラとセンサーは、デカきゃイイっていうもんじゃ~ありません。

ニコンやキヤノンは、プロの代名詞。
ブライダルカメラマンだって、オーバースペックでも、それを使うのが大事、という面もあります。
ハッタリ!・・・ですな。
確かに、それも大事。
そんなカメラが撮らせてくれる、という事もあるわけです。

しかし、そんなハッタリではなく「実用&実力のオリンパス~」・・・みたいな使い方をしてみたいものですよ。
「これでも、良い仕事できちゃうんだもんね~(^^)」という感じで使ってみたいものですよ。

・・・などと言いつつ、お安くなっていたので、つい買ってしまったD750。(^_-)
・・・いい加減なモンですわ。m(_ _)m

D750を使ってみて、フルサイズの画質を感じることができました。

それは・・・
解像度ではなく、絵の余裕というような、とても表現し辛い感じ。
D750は、ローパスフィルターが付いております。
以前、較べたときに、D7200の方が細かく写ってる、ということを感じました。

そういう解像度ではない画質、というものが、感じられます。
でも、その違いと理由を説明できません。

カメラの出来としては、オリンパスの方が良い感じすらします。
D750は、エンジニアリングプラスチックのモノコックボディとかのせいか、シャッター音がガサついた感じで好きになれませんが・・・D810のようなボディのデカさがないのは良いと思います。

D810の新型(D850?)が出たら、旧型がお買い得になるかも知れません。
それでも十分と思えます。
ワタシとしては、D750の後継機に期待するのみ、ですが。

画像

さて、D810は、後継機の噂が出ていて、発表はまもなく、でしょう。
でも、どうせ、バカ高いのでしょう。
SONYのα7RⅡ位のお値段だったら、SONYの方向にちょっと気持ちがグラつきます。

画像

SONYのα7RⅡなら、電子シャッターによる無音撮影ができます。
ワタシの目的のひとつである、法要の撮影などに必要な、無音撮影と高感度。
フルサイズの画質。
良い単焦点レンズ。フォクトレンダーの15mmはじめ、良いレンズがあります。
SONYの12-24mmなど、欲しいレンズ。

・・・と、考えると、SONYのα7がワタシの理想のカメラであるとも思えますが・・・

Nikonとフジフイルムを買ってしまいました。

結局、Nikon中心にして、旅行などや法要などにはフジを使う・・・というのが、アンタ、1番お金のかからないコトアルヨ・・・と自分に言い聞かせる今日この頃。

色々処分して、シグマの14mm F1.8というレンズが欲しい~。

あと、ミラーレスをE-M1MarkⅡに集約できたら気持ちいいだろな・・・・



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

007
2017年07月27日 16:44
デジタルの場合は撮像素子で画像が決まりますから、メーカー選びになり、
銀塩カメラみたいにフィルム選択が出来ないので悩ましいところですね、。

もう昔みたいな、日本の緻密な精密工業機械製品は、デジカメに関しては期待出来ませんね、残念ですが時の流れ・・・F4をたまに取り出していじると格差に驚きます、。
三日ボーズ
2017年07月27日 20:32
同じメーカーでも、同じシリーズでも、個々に写りは違って、取り敢えず「新しい物はいい」という感じ。
次々に新しい物をかわねばならない、という強迫観念に襲われます。
どこかで踏みとどまらないと・・・
ワタシとしては、D750の「次」を望みます。
あれ以上に大きいのは嫌です。
写りは現状で全く問題なし、です。

この記事へのトラックバック