倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 年老いる・・・

<<   作成日時 : 2017/12/09 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

私が寺務所にある自分の机でパソコン仕事をしていると、左手の窓の下に愛犬がいる。
「りん」という。「こうりんじ」の「りん」ちゃん。

その様子を見ていると、「こいつも、年を取ったなぁ・・・」と思う。
軽く飛び越えられた段差につまづくこともある。
散歩では走るけれど、長くは続かない。(コッチも続かない・・・)

歩き方もヘンなところがある。
犬小屋の周り、犬小屋の中で動く様子が、なんだか、ヨレヨレ・・・という感じ。
動きが、鈍い。
ヨタヨタしている。

画像

もう何歳になるのだろうか?
腎臓を患い、ずっと病院から買っている(高い!)ドッグフードを食べている。
人間で言えば、病院食。
長くないなら、美味い物を食べさせてあげたいものだ、とも思う。
でも、まだ生きていて欲しい。
・・・これも、わがままか?

画像

核家族が圧倒的に増えた近年の日本。
家の中に年寄りがいない所が多いということにもなる。

おじいちゃん、おばあちゃんの大事な最後の仕事は、孫に、その命を以て、命というものを教えてくれる、ということ。
「老・病・死」とはどういうものか、ということを教えてくれる、というのが、大事なことだったんだとおもう。

今や、じいちゃん・ばあちゃんは、遠くに居て、時々会う存在になってしまって、「家族」ではなくなっている。
「家族」が、身近な人が亡くなるということは、どういうことなのか?・・・ということを教えてくれる。

そのじいちゃん・ばあちゃんの代わりを、ペットがしてくれているんだと思う。
ペットは、間違いなく人より早く死ぬ。
子供の時に飼い始めた犬や猫は、成人する頃には死ぬという感じかも知れない。

ペットは、そういう役目もあるんだと思う。

画像

ペットも長生きすると、介護の問題が起きてくるという。
現に、今、介護をしている知人がいる。そういう「学び」もさせてくれるのだ。
ボケたりもするらしい。
・・・大変なことだ。

父は老衰で亡くなったけれど、さて、この愛犬はどうなるのだろう?

画像

長女が小学校の高学年の頃だったろうか?
「犬が欲しい」という長女に、女房がボーナス(^^)で買ってきた。
今頃のことだ。
その時の子供たちの反応を覚えている。

小さく、丸っこかった柴も、一年もすると成犬となる。
先日、写真を整理していたら、5年前の写真が出てきた。
りりしく、元気で、健康そうな、「立派な柴犬!」という雰囲気だった。

年を取ったものだ・・・。

画像

5年毎の免許の書き換えで愕然とすることがある。
その繰り返しで、年を取ってきた。

「5年の歳月」は・・・重い。

来年は、私も還暦。

この犬は、換算すると私より年寄りのよう。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
年老いる・・・ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる