当病平癒

画像

現在、18日の「初観音護摩供」に向けて、お札書きの真っ最中ナム。

だいたいは「家内安全」だけれど・・・

時々「当病平癒」というのが出てくると、ちょっと緊張する。

「家内安全」は、まあ、アバウトというか、ボヤッとした感じがある。

お寺から申し込め、と言ってきたから・・・んじゃ「家内安全」で。
・・・という感じでもあったりするかも知れない。

でも、「当病平癒」には、切々たる願が込められていることはマチガイナイ。
その名前がご当人であったり、奥様であったり・・・
病気の回復を願う切なる気持ちが込められていて、筆を持つ手が緊張する。

・・・緊張して上手く書けずに、書き直すことも多かったりするww (^^;)

同様に、「合格祈願」も緊張する。

そういえば、この「当病」という言葉もおかしくないか~?
「闘病平癒」からきてるんじゃなかろうか?
本山の次第にも出ているのだけれど・・・なんか、言葉がオカシイと思う・・・

ここのところ、緑内障で2~3ヶ月に1回通院しているけれど、大きな病院には、毎日沢山の人がいる。
これだけ病気の人がいるのか・・・!
・・・と思わされる。

私ら、同級生が集まると、誰からともなく、病気の話になってしまうのが、常。
ワタシ自身、50を前にして、老化現象が立て続けにやってきた。
「嗚呼、オレは、ここから年を取って行くのか」と思った。

俺の人生25年区切りか・・・と思う。
成長する25年。
大人として安定する25年。
そして、年を取って行く25年。

・・・んで、75で引退すると決めた。生きていたらww

そこから先は、おまけの人生。
昔は、それが「還暦」だったのだと思う。
赤いずきんとチャンチャンコを着て、赤ちゃんに戻って・・・という感じ。

父の死と、母のボケを間近に見て、自分の「最期」はどんななんだろうと思う。
いや、その前に、自分の老後は?・・・だ。
私の「これから」は、どんなになるのだろう?
どんな年の取り方をして、どんな最期になるのだろう?

「四苦」・・・生老病死は、「思い通りにならない」ということ。
「生」は生まれちゃったのだから仕方が無いが「老・病・死」は「これから」・・・だ。

葬儀の打ち合わせをするたびに、故人の病気の話になる。
それを聞いてあげる、ということが、家族の気持ちを和らげることになるように、思う。
みなさん、大変な苦労をされている。

病気を治す、ということに、医療も家族も力を尽くすけれど、結局は死を迎えることとなってしまう。
その時に、苦しかったのではないか?と思うケースも多いようだ。
治って欲しい、と思うから、可能性があるならば、それを尽くしたい、と思うのは人情。
しかし・・・である。

現在の介護関係のシステムは、まだまだ途上。
検討の余地はありすぎる。

ある方は、お母さんが脳梗塞で倒れた。
体に麻痺が残ったが、頭はしっかりしている。
リハビリをやればそれなりに良くなっている感じはあるが、病院では、これ以上はできないというので、施設を探したが・・・
ある施設は出来たばかりで、これから入る人に合わせて介護士などをふやして行く予定で、現状で満足な対応ができない。
また、ある施設は、リハビリと言っても、認知症が進んでいたりする人が対象のもので、積極的に生活に戻ろうというようなものでは無く、また、ボケた人ばかりなので、頭がしっかりしているお母さんが参っちゃったという。

国が指針を出して、それにそって地方役人があれこれやったところで、所詮は役人仕事、事細かな条件に対応できるものではない。

そういうことを真剣に考えなければならないのが、これからの日本。

日本は「安心してボケられる社会」というものを作らなければならないのだよ!
これが、これからの行政のメインと言っていいと思う。
オリンピックをしたり、土木・建設をしている場合じゃねぇ~のよ!
宇都宮だってLRTなんて~、無駄でしか無いものを造ってる場合じゃね~よ。
そんなお金があったら、福祉をちゃんとしないと、「鬱の宮」になっちゃうよ~~~(^o^)
・・・ったく。


ボケも、いやだ。
母のように、自覚が無いまま(無いから)、頑張ることもしないで、ただボケる一方、というのは、悲しい。
なんとか、抵抗したい。
ボケたくない。
・・・と思っても、ワタシは、ボケるんじゃないか?と思う。

ただただ、恐怖・・・である。

そんなことを考えていると、眠れなくなる。
耳鳴りが酷くなってくる。
いや、普段は気にならないが、眠れないと思うと、途端に耳鳴りが大きくなってきて、余計に眠れなくなってしまうのだ。
困ったモンだ。

色んな健康食品とかも、馬鹿にしていたけれど、いやいや「ワラにもすがる気持ちですよ」という気持ちになりつつある。
「とりあえず、イチョウ葉エキスでも飲んでみっか~?」・・・とか思ってたりしてww~ (^_-)

やりたいことが、思うようにできない、ということも、悩みのタネ。
住職となって、寺を動かして行く、維持して行くということの大変さを思い知っている。
日々「落ち着け」・・・と、言い聞かせる場面がある。
落ち着いて、やるべきコトを無駄なくする心構えが必要。

今年1年は、大変そうだ。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

007
2018年01月10日 07:52
入院前まで、母は通販の健康食品&健康用品が大好きで、、、
年金の大半を注ぎ込んでましたが、結果はご存知と通りの有様で(苦笑”)

もうこれは個人の十人十色の人生なんだな、と思っています、、、
一つ一つ、こつこつと対応して行(生)くしかないようです、。
三日ボーズ
2018年01月10日 11:39
「老・病・死」というのは、自分だけの問題でなく、家族、親戚まで含んでの問題であるということを、最近、実感しております。
教師
2018年01月10日 18:47
住職となって、、、大変さを思い知っている、とありますが、今までも副住職としてほとんどのことをされてきていたと思うのですが、住職と副住職では、何がそんなに違うのですか?
三日ボーズ
2018年01月10日 21:06
葬儀であるとか、法事であるとか、その他諸々、ほぼ交代しておりましたが、実際に住職という立場になって、先住も居なくなってしまったわけで、寺の事をほとんど全部責任を持たねばならない、ということでしょうか。
これが大きいでしょう。
会計や事務などは、女房がやってくれていますが、雑用から何から、とにかくやることは色々あるものです。
先住は、放っておくと何でも自分でやろうとする人で、段々間違いも多くなってきたので、ほぼ強制的に交代したのですが、ほとんどワタシがやっていたといっても、先住がやっていたことも結構あったのだな~とも感じています。
檀家さんの相談事なども、結構ありますし、頭の切り替えが大変でもあります。

この記事へのトラックバック