倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 広角レンズを較べてみた

<<   作成日時 : 2018/08/08 14:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、施餓鬼法要を終えたものの、それ以降、塔婆を取りに来られる方が、入れ替わり立ち替わり。
本堂を離れられないので、気晴らしに広角レンズを比較してみた。

画像

フジ、10-24mm。
いま、このフジをどうしようかと思ってる・・・。
つまりですね、ニコンのミラーレスは買わなきゃなんね〜べ、と、何故か勝手に思ってるワタシなので・・・
その為に、マウントをひとつ減らすか?・・・ということでつ。

画像

SONY、16-35mm。
時間はまちまちなので写り具合に違いはあるですが・・・

画像

フォクトレンダーSWH15mm。
これが、思った以上にシャープ。レンズは暗いけれど、フルサイズの高感度性能と、SONYのボディ側ブレ補正で「使えそう」・・・です。

周辺光量補正OFF。良い感じ。歪曲が極めて少ないので、ホントに歪曲が嫌なときは、これを使えばいいか?
はたまた、シグマの14mm F1.8のSONY・Eマウント版が出たら買うか?

画像

ニコン、16-35mm。
やはり、歪曲がある。(自動補正ONでも)
しかし、人間の見え方としてはこっちの方が自然ではある、ということ。
これは、輪郭補正が効いてなくて、ローパス有りだし、一見ぼやけてる感じがしますが、一番自然に見えるように思えます。
何が「自然」か?・・・というと表現が難しいのですが・・・

画像

アングルを揃えて、もう一度フジ10-24mm。

ここの画像ではワカランですが、元の画像を見ると、フジの絵は、輪郭補正が効いてます。

んで・・・「結論」はまだ出ないですが、例えば、音を嫌うシーンでは、SONY α7V+16-35mmが使え、1mmの違いはあれど、ほぼ問題なく、フジ10-24mmの代わりにはなる。

むしろ、フルサイズのSONYの方が絵がイイかもしんない・・・という感じ、ですな〜。

フジの8-16mmが、ことのほか高くてアカンかったので、その画角が欲しくなったらSONYの12-24mmを買うか、シグマの14mmでしょ、ね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
広角レンズを較べてみた 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる