倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS もういいや、デジカメ・・・

<<   作成日時 : 2018/09/26 11:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

なんか、心にも無いことを言ってるようでつが・・・案外、心中、こんな感じ。
フォトキナ開催で、色んなニュースが入ってきます。

概ね、噂が本当になった、はたまた噂の確信・・・というようなもの。

パナソニックは本当にフルサイズミラーレスを出すらしい。
オリンパスは置いてきぼりかい?

画像

パナソニックは、フォトキナ2018前日のプレスカンファレンスで、35mmフルサイズミラーレスカメラ「LUMIX S1R」「LUMIX S1」を開発発表したんだとな。
2019年の早い時期に登場とな。

S1Rは高解像度モデル(4,700万画素)、S1は次世代の静止画/動画ハイブリッド機(2,400万画素)としている。どちらもライカLマウントを採用する。
「ライカLマウント」というと、私ら、あのネジネジマウントを思い浮かべちゃうので「新ライカLマウント」とかにしてほしい。

この「高画素と普通の」という組み合わせは、SONYがやって、ニコンがやって、パナソニック。
R」の文字や、赤いワンポイントなど、アチコチのメーカーのパクりのようで(リズペクト?)、ナショナルの流れを感じちゃう。

動画のことは良くわからないですが、来たるべき「8K」の動画を撮るには、マイクロフォーサーズだと厳しいんだとか。
なので、8K動画を撮るために、パナソニックはフルサイズが必要だった、といえる。
ならば、スティルカメラも、と思いますわな。

フォトキナを前に、噂がドンドン出ていたけれど・・・

でも、やっぱ「LUMIX」という名前が、イマイチ説得力がないわな・・・
・・・と思うのはワタシだけではないと思う。

頑張ってライカ買って、レンズをパナソニック&シグマにするか、斜に構えてシグマのボディにするか・・・というような選択ができるのもオモロイと思う。

画像

もともとライカと関係が深かったパナソニックは、先にライカが発表していた「新Lマウント」に乗っかることにした。

これの問題は、ライカにあると思う。
ライカのカメラもレンズも、「どこの誰が買うんじゃ〜?」というお値段。
そこに、パナソニックのお値段でレンズが出たら、ライカのレンズを買う人がいなくなるんじゃね?・・・と思いますが・・・。

そこに、シグマが絡んできた。
シグマは、ニコンとはケンカしたけれど、キヤノンには近い感じがして、ほぼネイティブとも言えるアダプタをだしたり、はたまたSONYのEマウントにも、専用レンズを発売している。
また、シグマは「フォビオン」という独自のセンサーを持っていて、カメラも造っている。

・・・と書いてる最中に「シグマがSAマウントカメラの開発を終了」というニュースもきた。
そして「フルサイズFoveonを搭載したLマウントカメラの開発を発表」というニュースも。

Foveonセンサーは、描写も独特で、他社に対して独自性を持っている。
シグマがカメラを出すとしても、他社と被らない。
むしろ、グループに小さいながらFoveondファンを取り込めるし、Foveonを使って見ようかな?という人も出るから、お互いにメリットがあるように思う。

レンズが三社から出るというのもすごいことだ。
これは、マイクロフォーサーズよりも密接な関係にあるように思える。

SONY、ニコン、キヤノンという三つ巴か?と思われたところに、もうひとつ加わって、面白いことになってきた。

画像

でも、個人的には、フジを処分して、ニコンZ6を予約してスッキリしているところ。
見て見ない振りを決め込むしか無い。

画像

・・・そして、フジの「GFX 50R」を正式発表。・・・これ、カッコイイ。・・・案外、デカい。

フジは、フルサイズを飛ばして、中判サイズにきた。
もともと写真館用といえる中判カメラを造っていたメーカーだから「APS-Cから、フルサイズ」という中途半端な格上げはせず、一足飛び、というのがいい。
GFX 50Rは、GFX 50S のレンジファインダースタイルバージョンという感じ。
GFX 50S とGFX 50R のスペックは基本的に同じで、45万くらいになるのだろうか?
だとしたら、ニコン・キヤノンの高画素カメラに近い。
業務用なら選択肢になる。
なるほど、な構成。

買えない、けど。

画像

買えそうなのは、いや、買いそうなのは、これか?
「RICOH GR III」。
開発発表。このメーカーは、のんびりしているね〜。2019年春に発売予定。
これも、よく言えば時間をかけて販売、開発をしているともいえる。
ブレ補正も付いて、レンズは35mm判換算28mm相当となる18.3mm F2.8。
センサーは有効約2,424万画素。

この「開発発表」というのは、「こういうの造るから〜、決まったから〜、必ずだすから〜、浮気しないでちょっとだけ待ってて〜ン♡」ということだろうか?

それにしても、フォトキナは楽しいね〜。
来年のCP+も楽しみ。


まあ、ワタシとしては、そういうワケで、今のところSONYを中心に使いつつ、ニコンの様子見で、良ければいつでもニコンにシフトしたい、という心づもり。
暫くは、レンズをどうするか?・・・というところ。

ワタシとしては、マイクロフォーサーズもパナソニックのGX7U&V中心にまとまった。

フォトキナの盛り上がりは、カンケ〜ネ〜。
・・・ので、楽しい、ということね(^^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
パナはμ4/3一本でやると想っていたけど、、、

センサーをフルサイズにして参戦とは!
本気で勝負掛ける気ですね、厳しく苦しい?戦いと思いますが、。
007
2018/09/26 16:13
パナソニックは、動画で評価が高いですから、ソッチがメインと思えますが。
ミラーレス一眼というものを創ったメーカーですから、やる気を見せたい、というところでしょうか?
三日ボーズ
2018/09/26 17:06
コレで心配なのがオリですかね。パナが腰引けた段階で
将来性に?がついちゃいますしね。

新製品が煌びやかに発表される中 そっとヨドバシで鞄にD500のカタログ入れて帰るも即家内にばれて,「いや来年百観音達成した記念にですね(滝汗」
でも,コレでD500なりD750に戻ってしまうと D200売却したときの理由が…
「巡り巡ってふりだしかいな」とあきれられております。(笑い

めがね外してファインダー見れば T1でも困らないんですが。 
(遠近両用メガネ+斜位(シャイでもあるんですが)なのでやはりEVFは辛いです)
昼のゐこい
2018/09/27 22:21
オリンパスもフルサイズ用レンズの特許を出してる、という噂もあるようですが、さて?

鞄に入れたカタログがバレるとはこれ如何に?!
佛が閻魔の洞察力でお見通し〜?・・・怖いわ〜(^^;)
D500はチョイと大きいので、値落ちしたD750がおすすめ〜?

斜位というのは、どちらかの眼に出るのですか? 両目?
ワタシも、子供の時「ロンパリ」じゃないか?と親に言われ、それがブログのタイトルにもなっているのですが、そういうことだと、眼の負担が少ない、というか、アイポイントがヘンなちょっと前のパナソニックなどだめですね。
フジは見やすい方だと思いますが、パナソニックGX7とか、オリンパスPEN-Fなどダメですね。画像が小さくて。
初めてのミラーレス、パナソニックのG1が出たときに、老眼になってたワタシは「これだっ!」と思ったのですが、近年、眼の疲れを感じるようになってきました。
野球などのスポーツを撮るプロは、効き目を換えると聞きましたが、ワタシも換えたいと思うときがあります。
眼の不調は厄介ですね〜。

三日ボーズ
2018/09/28 00:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
もういいや、デジカメ・・・ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる