PCMレコーダー

色々使って・・・「やっぱりコレだな」という機械、SONY ICD-SX2000をもう一台買うことにすっか・・・と思ってヨドバシに行って、何気なくカタログを取ったら・・・

新型! PCM-A10 10月6日発売!!・・・とな!
何というタイミングの良さ。

んで、当然、発売日に行ってGet!

画像

ソニーは、リニアPCM 96kHz/24bitのハイレゾ音源を手軽に録音・再生できるリニアPCMレコーダー「PCM-A10」を発表。10月6日より発売する。
リニアPCM 96kHz/24bitのハイレゾ録音と、リニアPCM・FLAC 192kHz/24bit(96kHz/24bit変換)ハイレゾ再生に対応。
基板やマイク機構部を小型化しながらも高音質を実現。
また、「可動式マイク」搭載により、2つのマイクを、平行・外側・内側に向けることが可能。
楽器演奏、講演、会議など、それぞれに最適なマイク角度にすることで、より良好な録音結果が得られます。
内蔵メモリーが16GB、外部記録媒体はmicroSDHC/microSDXCメモリーカードに対応。リチウムイオン充電式電池を内蔵し、録音時の電池持続時間は、リニアPCM 96kHz/24bitが15時間、リニアPCM 44.1kHz/16bitが20時間、 MP3 320kbps(ステレオ)が22時間、MP3 192kbps(ステレオ)が22時間、MP3 128kbps(ステレオ)が22時間、MP3 48kbps(モノラル)が24時間。

SN比[リニアPCM]・・・87dB以上(1kHz IHF-A) 負荷インピーダンス16Ω
最大入力音圧(内蔵マイク) 123dBSPL

(プレスリリースとカタログより抜粋)

基本的に、ICD-SX2000を小さくした物、と思えばイイと言うことか?

しかし、型番がICレコーダーの「ICD-」ではなく「PCM-」となっているのは、ハイレゾ録音再生に重きを置いたものですよん~、ということだろう。

ICD-SX2000では、LPCM 96kHz/24bit をmicroSDカードに録音できないという問題があったが、その点については大丈夫なのだろうか?

画像

とにかく、ICレコーダーに関しては色々使ってきた。
基本的に、やっぱりSONYのPCM-D100が一番。
このデジタルリミッターがイイ。
ワタシが録音する法要などは、鳴り物が入るので、レベル調整が難しい。
その点で、PCM-D100の右に出る物は無い。

そのサブでICD-SX2000を使っていた。
SONYのレコーダーは、MDレコーダーの頃から、いや、カセットレコーダーの頃から、AGC(オ-ト ゲイン コントロール、つまり自動レベル)がイイ。
無音に近いような、限りなくレベルが低いような時でも、必要以上にレベルが上がらず、ドン!と入った時の歪みも小さくすむ・・・ように思ってる。

PCM-D100はマニュアルなので、失敗した時も、ICD-SX2000がフォローしてくれるので助かってる。
だから、今回、そのICD-SX2000を「もう一台」と思った次第。

そこに新型は渡りに舟。
同じのが2台だと、紛らわしいから、違うのは助かる。

画像

講義録音用のサンヨー!
確か、サンヨーが無くなるときに1台買い足した。
メーカーにとって、ICレコーダーというのは、まあ「壊れない」という「デメリット」があるかもしんないね~。
壊れたときのためにの予備なのに、壊れない。
中に駆動部が無いからね~。壊れるとしたら、スイッチの類いだろう。

サンヨーは、確か、ICレコーダーというものに、MP3を初めて実用化したメーカーだった。
それまでは、各社独自の圧縮規格を持っていた。
まあ、ビデオがVHSに統一されたようなものだ。
MP3は、確か、編集ができなかったんだったか・・・それをサンヨーが実用化した。
技術にこだわる作家・山根一眞さんもお気に入りで、音質はサンヨーがいい、と仰って使っておられた。

講義の際は、2台を使う。
以前は、1台の音質を一段落として(MP3 192kbps)、ひとつのメモリーに沢山入れるという使い方をしていたけれど、今は、同じレートで使っている。
今は、MP3 320kbps(ステレオ)以外使わない。

問題は、溜まりに溜まった録音データ。

来年こそ、と思った「来年」も残り少なくなってしまって、また「来年」になりそうだ・・・(^o^)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

三日ボーズ
2018年11月12日 23:08
使ってみた。
ICD-SX2000とほとんど遜色なし。マイクが小さくなってるのでどうかな?と思ったものの、問題ない。
ただ、右手だけで操作できたICD-SX2000に比して、PCM-A10は左に電源スイッチが移動してる。これが使いにくい。
しかし、SONYのノイズ取りが全然ダメで「クリアボイス」にすると、とたんにデジタルのシャオシャオした音になってしまう。
ボイスレコーダーとしてはサンヨーに及ばない。
サンヨーの「クリアボイス」は、MP3でも驚くほど自然。
・・・というか、SONYがおかしい。
HiFiオンリーの使い方がいい。それしかない。

この記事へのトラックバック