倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS Zと、αと、GXと

<<   作成日時 : 2018/12/08 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

とりあえず、Z6。

画像

α7V+24−105mm。24mmで撮影。
なにか、おかしいのか、−2/3アンダーでこれ。ノーマルだとオーバー。どした?

画像

GX7V+8-18mm。24mm相当で撮影。案外こってりした色。最近コレが気に入っている。

画像

Z6、等倍。・・・アレ??・・・どした?

画像

α7。等倍。今回のは、これが一番。スッキリしてる。

画像

GX7V。等倍。

すんごく大雑把に2000万画素クラス。
Zとαはローパスフィルター有り。GX7Vは無し。
解像感だけでいうと、どれも同じよう。
マイクロフォーサーズだって、そんなに変わらない。
その違いを言葉にするのは難しいけれど、確かに画質の違いはある。

画像

・・・というわけで、先日ニコンZ6で撮ったお寺に行って、GX7MarkV+12-60mmで撮ってきますた。

画像

全体的に、カメラの露出が明るすぎて、全体に、かなりアンダー補正をしています。

画像

ニコンで撮った時と、かなり気分が違っている感じです。
さて、それが何によるのか?

画像

かなりアンダーに振ってますが、ニコンと較べて良い感じです。頑張ってる感じです。

画像

気持ちの違いの一番の理由はアスペクト比(縦横比)だと思われます。
やはり、35mm判の3:2というアスペクト比が、緊張感をもたらすものと思えます。
4:3は、なんか気が緩む感じがする。

画像

小高い山の中腹、東側にある寺は、1時半を過ぎたら、ほとんど「日陰」になってました。

画像

この辺の描写を見ていると、フルサイズもマイクロフォーサーズも同じように感じられます。

画像

ちょっと暗くしてコントラストを上げています。

画像

これは撮ったまま。

画像

後で、コントラストを上げています。オリジナルだとフラットになりすぎてる。
逆に言うと、パナソニックが普通に撮るには良く写る、ということです。

画像

これも、かなりアンダーに振ってますが、加工無し。

画像

ニコンZ6のようにはならんかった。何が違う?

画像



画像

この辺は、ニコンと較べても、これだけだと、違いが分からない。

画像

それは、露出の問題だったり、やはり、デジタルの絵作り、というものは、単純に比較できるものではない、ということもわかる。

画像



画像

例えば、パナソニックのアスペクトを3:2にして撮ってみたらどうか?

おそらく、解像度という点で見れば、おおよそ2000万画素クラスのニコンZ6とパナソニックGX7とでは、数値的な感じでは、そうは変わらない。
違いといえば、単純にはレンズの違い、ということでもあり、深くは、絵作りということでもあり、結局、比較は難しい。

物理的なプリントでは、ホントにその差は分からないと思う。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
三者三様ですかね、、、
今だから出来る比較テスト撮影?、、、
ひょっとしてニコンに統合前?の儀式かな、と勝手に推測しています、、、
まあGX7はサブ機で残るでしょうね。。。
007
2018/12/08 15:27
とにかく、ニコンのZはレンズが無くてどうにもなりません。
たにかく「待ち」ですね。
そのうちニコンD760の噂も出てきました。
さてさて・・・(^^)
三日ボーズ
2018/12/08 16:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
Zと、αと、GXと 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる