門松は冥途の旅の三里塚闘争

画像

昔は、数え年というのは、生まれて1歳、正月が来て2歳。
誕生日という概念は無かったから、実は、祖師の誕生日とかが分からないことが多い。

弘法大師空海さんも同じ。

一応、我々の間では「6月15日」となっておりますが・・・・
これは中国密教の大成者である不空三蔵の入滅の日であります.

これは不空さんが入寂されたのと同じ年であることから、「空海さんは不空さんの生まれかわりであるに違いない」ということになって、不空さんの亡くなった日にしちゃったわけですが・・・

何とも安直なことをやっちゃってくれちゃったワケです。
亡くなった日=生まれ変わった日、というのはね~べよ。

四十九日は?
胎児の間は?

・・・ということですわな・・・。

画像

昔は、元旦で全てが新しくなる、という考え方だったのですね~。
新しい神様をお迎えして「新しい1年が始まる」。
大晦日でチャラになる、という考え。

「大晦日を逃げ切れば借金もチャラになった」と、確か、チコちゃんも言ってたですよ。

だから、決まった行事などは、同じことを毎年繰り返すわけです。

画像

本日は、檀家の代表、役員さん巡り。
御年始と、護持費を集めていただくお願いを新年早々に・・・。
これがあってのお寺でございます。

今風にやれば、郵便払い込み、銀行振り込み、果ては、自動引き落とし? ネット決済・・・なってことだってやろうと思えばできそうな感じもありますが・・・

昔ながらの「部落」の意識。その団結。
今は、自治会とか言っちゃいますが、やっぱり「部落」がいい。
「部落」ということばをイケナイ言葉にしちゃった同盟には感心しない。
「差別部落」という存在、そういう意識がイケナイのであって「部落」という言葉は悪くない。
自分自身には、そういう意識(知識)が無かったので、ことさらに差別を助長しているよいうにしか見えないのだ。
だからイカン、と言われそうだけれど・・・

画像

沖縄の辺野古の埋め立てなど、反政府運動があるようだけれど、あれも、どの程度のものかワカラナイ。
政府の悪行は確かだけれど、キチンと「中道」に立って、客観的意見を述べる人が極めて少ない。
いないに等しい、という感じすらする。
そんなに難しいことだろうか?

・・・それより、自分のどちらかの立場に置いちゃったほうが楽なんだろう。
そうなったら最後、反対意見は受け入れない。
「ネトウヨ」というのもそう。
そう言って差別するほうも、される方も自分自身の安住を求めている。

ネット住民は、そういうイデオロギーも差別の道具にしちゃってる。
心が顕わになるネット。
差別意識を助長しているとしか思えない。
差別することで己の優位を錯覚し、安住できる。
単純な構図だ。

しかし・・・世の中は、そんなに簡単なものではない。

かつての学生運動やら、革命を謳った運動など、案外稚拙なものだったのかも知れないし、冷静に考えることをせずに「何か」に煽られ、扇動された、誘導された者が多かったのではないだろうか?

「反体制」が若者の意識の骨子、というような風潮すらあったと思う。
体制批判が当たり前。
天皇制反対! 警察権力許すまじ!

何か・・・「ネトウヨ」とかいう差別と変わらん感じもする。

反原発、と言って議事堂前に集まった人の塊を見て、学生運動を思い出した。

反原発の議事堂集合は、ネットというバーチャルの世界にいる人間が、実体験を求めた結果、と言う面もあろう。
ネットには力がある、と信じたい気持ちもあろう。

結局、かつての学生運動も、今とあまり変わらないムーブメントだったのかも知れない。

画像

そんなこんなとは関係無く、空を見れば「彩雲」が、清らかな世界のあることを示してくれている。

人の心もかくありたい。

そう願い、己にも言い聞かせる、今日この頃・・・皆様はいかがお過ごしでしょうか?






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック