お彼岸のお中日おドラゴンズ

画像

ウチの梵鐘は、昭和33年に再建した物。
鐘は、お決まりの「戦争供出」で無くなった。

それを昭和33年、再建。
ソレまで、ワタシが小さいときには「台座」の部分だけがあったのを覚えている。
今のお堂は、平成になってから前住職が造ったもの。
いや、父が造ったんじゃなくて、父が申し出て、檀家さんの寄付をいただいて、大工さんが造ったわけでつが・・・(^^)/
父は、こういう事業が好きだった。

33年に造ったときに、先々代の住職(祖父)が、朝晩は大変だから、お昼に突くか・・・と決めたとか。
それも、農繁期である春の彼岸から秋の彼岸までの半年、と決めた。
野良仕事をしている皆さんにお昼を知らせる、という意味で。

・・・そういうわけで、副住職にお昼の鐘を頼んだら、このスタイル。
コレ、婆ちゃんのスタイルジャンか?!
流石、婆ちゃんっ子。刷り込みって~のは恐ろしいもんだ、と思う・・・お彼岸のお中日。

最近インドに行った副住職が「インド(すなわち梵)にはこんな鐘(梵鐘)は無かった」と言ってた。
そうだろう~ね~。

画像

午後になって晴れてきたけれど、午前中はあいにくのお天気。
それでも、朝から、引っ切り無しにお参りに来る方があります。
こういう皆さんのお気持ちで寺も仏教も支えられているんだな~と実感します。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

昌磨
2019年03月21日 22:21
鐘撞きスタイルに思わず笑えた。ホッコリ写真ありがとう。何度見ても・・やっぱり笑える。
三日ボーズ
2019年03月22日 11:05

(^^)/

この記事へのトラックバック