新元号・・・

画像

朝からテレビは新元号のことで持ちきり。
んで、予定より結構遅れて、新元号発表。

中には、皇太子殿下のこれまでを振り返っているテレビもあって、それは早くネ?!・・・です。
メディアが勘違いをしてる感。

平成になった時は、お葬式だったから、新元号はそれほど盛り上がることでは無かったと記憶。

それより、1ヶ月前に発表するなら、去年のウチで良かったんじゃね?
カレンダーもちゃんと新元号にできるし、苦し紛れの「西暦だけ」というカレンダーが作られてる現状を考えると、元号の重要性より「元号の軽視」になっちゃってる。
我が宗のポスターみたいに、弘法大師の誕生祝いを西暦で書く、という愚かさに繋がってしまう。

画像

予め決めることなんだから、今の今まで引っ張る必要もなかったろう。
コレまでは「天皇崩御が交代」という原則(明治以降)なので、「次」を決めることは「待ってますよ~」というコトになっちゃって失礼なので、決めてないけれど、情報漏洩を嫌うと言っても、それは発表を誰がするか?というプライドに過ぎないと思う。
今回、譲位は決まってたんだから、新元号もその「準備」として、去年のウチに決めておけば良かったんだよ、と思う。

ところで・・・

「令和」・・・(れいわ)は、ローマ字表記でどっちよ?・・・と思ったら、ラジオで「R」だと言ってた。
舌を巻き気味で発音するでつね。

これ「昼のゐこい」さんのツイートで、「令和の「令」という文字フォントによっては「屋根の中が今」の部分がだいぶイメージ変わるんだけどだけどどうするんだろう。

というのがあって・・・「今」というか「マ」ですわな、この部分の形のホントのトコロがワカラナイ。

画像

手書きする時には、「マ」だけれど、明朝体・ゴシック体などは「刀」のようになってる。
「惠」の真ん中のトコロの書き方もよくわからん。ワタシは「ム」で書いている。

「令」というと「せしむる」だから、間に「レ点」を入れて「和せしむる」とも読める。
「命令・法令」という「上からの命令」という意味があるように思えて、「?」となった。

「令和には、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められている」・・アベさんは、こんなことを言ってたけど、万葉集も、その元になった漢文も、熟語ではなく、「初春の令月にして 気淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす」の中から取りだして並べたもの。
やっぱり、漢文的に熟語として読めば「和せしむる」と取れちゃって、アベさんが言ってるような意味には取れない。この熟語自体にアベさんの言う意味は無いって、ことだと思うよ。

白川静『字統』には・・・

「令」は、「礼冠を着け、跪いて神意を聞く人の形」とある。
「和」は、「軍門の前で盟誓し、和議を行なう意である。ゆえに和平の意となる」・・・とある。

新天皇からの「平和にせよ」という命を聴き従う・・・ということや、と言ったら反発されるか?

アベさんが・・・
「ワタシが平和のために憲法を改正するんだから、おまいらは黙って従いなさい」って言ってるんだぜぇ~~
・・・・とか言ったら燃え上がる??


戒名というのは、だいたい「2文字」単位で考えるので、過去につけた戒名にあるんじゃないか?・・・と思っていたが、ワタシが付けた戒名には無かった。

でも・・・これが、戒名の「ネタ本」に載ってた。

画像

「令子」さんだったら、付けてた可能性が高い。
でも、やっぱり、意味を考えたら前述のような意味になっちゃうから、付けなかったかも知れない。


さて・・・・

データの間違いがあって、ドタバタの末、ようやく当山の護持費・管理費の案内を出して、ひと安心。

後は、仏教会の「花まつり大会」。

その後も、予定は入っているけれど、5月末の発表に向けて、論文を書かなくちゃイケナイ。
先月は、ブログ記事を一ヶ月休まず皆勤賞にした。

その分、今月は「ぽつりぽつり」になる予定。

m(_ _)m





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック