倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 連休明けの病院の阿鼻叫喚

<<   作成日時 : 2019/05/07 21:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

母が、隣の老人ホームの「サロン」というデイサービスみたいなのに行く・・・はずが、迎えに来てくれた係の人が・・・「病院行ったほうがいいですかね」という。

みれば、母の歩き方が変。
以前から、膝の変形と軟骨が減ってることは言われていた。

・・・んで、病院に行く。
10時25分に着いて・・・みれば・・・やっぱり・・・・。

連休明けの待合室はイッパイ。座るのがやっと。予備の椅子が出されてくる。
整形外科なので、座れないと困るひとが多い訳やね〜。

ようやく診察前にレントゲンを、という案内がきたのが12時過ぎか。

んで、診察が終わったのが1時過ぎ。

まあ、大変だった。センセや看護婦さん、いや、看護師さんも大変だろうけれど・・・

この病院は、院長先生が有名というか、名指しの人が多いよう。
「太郎せんせい、タローせんせい」という声が聞こえてくる。
今日午前はその日だった。
「連休明け」と「太郎先生」・・で、より混んだということかいな?

それにしても・・・・

こういうところでは、誰彼構わず話しかけてくる婆さんが決まっているもんだ。
待合室では、見知らぬ婆さん同士の会話がスグに成り立つ。
ウチの母も話しかける方だけど、今日は先に話しかけられていた。

ボケた母が答えているが、トンチンカンなことを言ってる。
まあ、話しかける方もかけるほうだけど、答える方も答える方・・・ってことで、ワタシは、一人置いて惚けていることにした。
その遣り取りが聞こえてきて、地獄。

同じ事を繰り返すので、「それさっき聴いた」と相手の婆さんが何度も言う。
母も、いつもの病院と思い違いしてるし、ほんとトンチンカンなこと言ってる。
おいおい「あたしはヒライデのコウリンジ」とか言うなよ! バカ・・・(>_<)

その婆さんが行ったあとも、違う婆さんが話しかけてくる。
その愚かな会話が聞こえてくる、地獄。

・・・オレはどういう悪いことをしてこんな地獄にいるんだろ?・・・と思う。

老人ホームかケアハウスのようなところから連れて来られたのだろうか、車いすの爺さんが、女性に向かって・・・「仕事は大丈夫かい? なんだか長い時間拘束させちゃって、すまないね。仕事は大丈夫かと思って」
・・・と、2分に一回くらいで繰り返している。
おっちゃん、大丈夫、その人はそれが仕事なんだから。
それより、その人のことを思うんなら、その質問を辞めるのが一番なんだよ〜。
そういう人はだいたい耳も遠いのだろうけど、声が大きいので、よく響く。
ケッコウ広い待合室だけど、ここのみんなは、その2分に1回のお言葉を何回も何回も聴かされる地獄。
「拘束させちゃって」・・・と言うフレーズが、繰り返し、妙に響く。

・・・オレはどういう悪いことをしてこんな地獄にいるんだろ?・・・と思う。

隣の40台くらいの紺のスーツの男が、ガラケーでピコピコうるさい。
今時、ボタンの音をオンにしていて、しかも音がデカイやつって・・・いるか?!・・・という感じ。
延々とピコピコピコピコ・・・。
そのうち、ワンセグでテレビを見始めた。
音はデカいままだ。トチてれのお昼のニュースが聞こえてくる。
音を小さくするとかイヤホンで聴くとかいう知識は無いようだ、この男には。
延々とピコピコピコピコ・・・。

・・・オレはどういう悪いことをしてこんな地獄にいるんだろ?・・・と思う。

でかい声で電話をしている男がいる。
まったく遠慮ということがノーミソに無いようだ。
それどころか、ホントにデカイ声!
その間抜けなしゃべりがこの待合室の全員に聴かれているということがどういうことなのか、を理解するというノーミソの構造が無いらしい。

・・・オレはどういう悪いことをしてこんな地獄にいるんだろ?・・・と思う。

この地獄の中に3時間ほど、本を読もうにも集中できず、ケッコウやることはあるのに、なにもできずに3時間。

・・・オレはどういう悪いことをしてこんな地獄にいるんだろ?・・・と思う。

母は、結局、痛いのか何なのか分からなかった。
膝は前から軟骨が減っているのと、骨の変形で歩き方がおかしくなっていたし、痛いということも慢性的にあった。
それが急に酷くなった、という感じでもなかった。
とりあえず、炎症を抑える薬と湿布で・・・
寝る前、歩き方はそれほどひどくない。
何なのだ?

母の前に、オレが捻挫してるんよ。ホントは。
オレが看て貰いたいくらいよ。ホントは。

先日、久し振りに河原でトライアルやって、左足を突いたときに「あ、やっちゃった・・・(>_<)」という感じになって、その夜、歩行困難になった。

翌朝、痛みはだいぶ引いたので、折れたりひびが入ったりではない、と安心しているけれど、まだ痛い。

ホントはオレが病院なんだわサ〜。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
”・・・オレはどういう悪いことをしてこんな地獄にいるんだろ?”>>>名言ですね、現在の状況にたいする自身の心・想いが的確に表現されていて秀逸です!!!
小生にも使わせて頂きたい。。。
007
2019/05/08 08:16
そうですか、どうぞどうぞ(^^)/

源信というボーサンが書いた『往生要集』という書物には、こういう悪いことをしたらこういう地獄に行く、というのが事細かに書かれておりまして、現在まで語られる地獄のイメージがあります。

病院の待合ロビーは、こっちが精神的におかしくなりそうな待ち時間でありました。
三日ボーズ
2019/05/08 17:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
連休明けの病院の阿鼻叫喚 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる