コンビニ中毒・・・

画像

夜のウチに出しておきたいハガキがあって、セブンイレブンにある郵便ポストに行って、帰ってきたら・・・これだわ(^^)/

コンビニ中毒じゃん~。

一日一回は行ってる。

欲しいものがあって行ったのに、まったく違うモノをアレコレ色々買って、肝心の物を忘れて帰ってくることあったりするんだな~これが。 (^_^;)

やっべ~、すっかりコンビニに毒されてっぞ!

気がつけば、本屋さんですら、マメには行かなくなった。
以前はよく買っていた雑誌とかも買わなくなったし、そもそも、表紙すら見ない。
本屋さんも、毎月20日の写真雑誌の発売日には行くが、あとは、キタムラが入ってるショッピングモールに行くのが殆どになってしまっている。
だから、コンビに無い雑誌は読まなくなった。

日記を見返せば、コンビニとホームセンターばかりに行ってる。
だいたい、事足りてる。

街の商店街の衰退など語れない立場になってる。
郊外型書店にすら行く回数が減ってる。
本屋さんの棚を見る、という行為が良いのだけれど、それすらしてないことに気がつく。

いかん、いかん。

気がつけば、コンビニの買い物は、余計な物が殆どだ、ということもある。

気がつけば「毎回同じ物を買ってる」。
コンビニの罠にハマっている。
見事にハマっている。

今の子供たち(我が子たちがそう)は・・・コンビニがあって当たり前の時代に生まれた。

食べ物は、いつでも買いにゆける、という時代だ。
夜はお店が閉まってしまうとか、年末年始はお店が閉まる、という時代を知ってる者からすると、今の子供たちは違う次元に生きてる人間やん・・・と言うこともできん。
すっかり「今の時代」にハマってるやんか、オレ。

子供たちがまだ我が手の中にいるときに、お菓子やらアイスやら何やらカンやら、3人分買っていた時代があって、今の状態があると思う。

余計な物を買ってる。
大いなる散財だ。

これを慎もう・・・と思う、今日この頃・・・・なのであります。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック