Z6と D750と GX7と・・・

画像

やることがないので・・・いや、やることは山ほどあるのにやる気が起きず・・・
カメラの比較でもやるか、また・・・という感じ。

まずD750+24-120mmの24mm。
画像処理エンジンEXPEED 4。

画像

D750+24-120mmの24mmで撮って等倍。
2432万画素。ローパスフィルター有りのせいか、ボヤッとしてる。
こうやって見るとダメなカメラ・・・で終わっちゃいますが、これが、写真としては良い感じになります。
その昔、中判や大判のポジを見ると、同じルーペで見て、35mmの方が解像度が高いのに、写真として、プリント、あるいは、商業印刷した時に、より良く見えるのが、中判・大判の写真だったりしたのと同じようなものがあるのかも知れない。
それが、説明できないのだけれど・・・

画像

Z 6+14-30mmの24mmで撮影。
2450万画素。ローパスフィルター有り。

画像

Z 6+14-30mmの24mmで撮って等倍。
レンズのせいもあるかと思うが、気持ちシャープ。
D750と較べると、色の違いが明らかで、これが「スッキリした感じがするなぁ~」という印象であることだろう。
画像処理エンジンには最新のEXPEED 6。色合いはこれの影響だわね。
「ヌケが良い」と感じるのも、この最新エンジンのせいかもしれない。

2世代前のD750に較べると、フルサイズ故の画質の良さ(理由不明)を持ちつつ、レンズ+新エンジンでシャープになって色も良い。
こうなると、Z 7もかなり良いんだろう~な~という気になる。

画像

GX7Ⅲ+パナライカ12-60mmの12mmで撮影。
2030万画素。ローパスフィルター無し。

画像

GX7Ⅲ+パナライカ12-60mmの12mmで撮って等倍。
とにかく色は良い。
ただ、輪郭強調がかなり見られ、所によってはジャギーのようなものが見られる。
不自然さも感じるが・・・デジタルカメラとしては、プリントしても、パソコンで見ても、商業印刷でも、案外こういうのがいいんだろうと思える。
暗部に、フィルムの粒子のようなノイズ感がある。
この辺が、センサーの小ささの影響があるのだろう。
しかし・・・コレだけ見てたら、このカメラは良い、と思う。

やっぱ、夏が過ぎて安くなっていたら、G99買お~~っと。

ここまでやったら、オリンパスも見たくなって、時間がズレてるけれど、撮ってみた。↓

画像

オリンパスE-M10Ⅲ+キットレンズ14-42mm。14mmで。
この組み合わせ、案外良く写る。

画像

あれ?・・思ったほど輪郭強調が無い。1605万画素。ローパス・レス。
可も無く不可も無く・・・か?
画像処理エンジンは最新のはず。
コイツに、14-150mmの便利ズームを着けるか、12-200mmを着けるか?・・・とか考えるのが楽しい。
バイクに乗って出かけるときに便利ズームが欲しくなる。
あ、パナソニックの14-140mmがあったか・・(^^)

画像

リコーGRⅢでも撮ってみた。モニターがアンダーだったので+0.3にしたらオーバー目に出た。
なんでや?

画像

リコーGRⅢ、等倍。2424万画素。スッキリしてる。シャープだし、トーンも良い。
これはレンズの良さもあるのだろう。良いカメラだと思う。

コンデジで、ズームも無いのに、この値段~ん?!・・・と思わない人にはお薦めします。
キチンと「写真」が撮れるカメラです。
周辺光量の補正だけOFFにしています。味わいが出る感じがします。
いつも持ち歩いて、ネタ探し、に良いカメラ。


この記事へのコメント

007
2019年06月29日 14:49
撮像素子は大きければ大きい方が良い!のでしょうね、。

デジタル画質はフィルムを超えた!という方がいますが、額装展示されたモノを比較すると、、、
・・・近ずいて視て、画の粒の輪郭のハッキリしたほうがデジタルでモワーツとしてナダラカなのがフィルム?、のような感じをうけます、。
>>>つまりは目に優しい≒自然に観える≒芸術的≒やっぱフイルムだわ!、、、なんでしょうか。。。
三日ボーズ
2019年06月29日 15:53
デジタルはまったく粒子がないわけですが、実は、写真においては粒子がトーンを出していた、という感じもあって、ワザと粒子感を作る加工をしている人もいるようです。
昔、いや今も、フィルムでデカイ方がいいのですが、デジタルのセンサーはブロニーの645まで。そう考えると、小型で高画質~ということになりますですね。
粒子と言えば、昔、当ブログで、粒子だってデジタルで作れるだろうから「森山大道モード」なんてのも作れるんじゃね?と書いたら、まもなくそういうのが出来て、いま、森山大道さんがそれで撮ってる、という、本末転倒的笑い話のような事になってますですね。
無くなる前に、4×5で撮ってみたい・・・
007
2019年06月29日 16:29
実際、実用的には離れて鑑賞するので関係ないような気がするのですが、人間の目はその差を感じ(脳内で視覚を認識する)て差が出る?のかな、。

大判カメラの写真展にも行き研究しましたが、離れて観て、迫力ある絵も、写真に接近すると大したことない?ようで、なんだかよく分かりませんが(苦笑”)、。
三日ボーズ
2019年06月29日 21:04
大判・中判・35mmのポジを同じルーペで見ると小さい順に解像度が高いのは歴然ですが、全体を見ると写真の質は逆に良い。
・・・というこの現象が説明できません。

さて、このローパス有りD750と、最新のD7500だと、D7500の方が画像処理エンジンは新しく、ローパスレスで画質はよいんでしょうか、ね?
007
2019年06月30日 04:26
デジタル技術に関しては一般に”新しいほど良い”と思います。、。
三日ボーズ
2019年07月01日 10:36
D7500の後継機、そろそろ出ても良い感じしますよね~。
D7500買い時ですぜ=、007さん~。
いまは、それどころではないかも知れませんが・・・
007
2019年07月01日 15:09
そうでっせ!買い時ですね、。

でも、もう一下がり。。。
007
2019年07月01日 16:08
GR3・・・コンパクトだし拘りの三日ボーズさんにはピッタリカンカンみたいですね、。

で本命ニコンでサブがパナのμ4/3、というデジ連合隊構築なんですね。。。
三日ボーズ
2019年07月01日 19:12
GRⅢ、コレまでキヤノンのコンデジを使っていたようなシーンでしっかりした写真がとれるし、どこへ行くにも持ち歩けるカメラになりました。
稼働率高いです。
Zと被ったので、D750処分でD7500と便利ズームと思ったですが、やっぱりそれはμ4/3で良い感じですね。
仰るとおりの布陣であります。

この記事へのトラックバック