SONY α7Ⅳ・・・かぁ〜

スクリーンショット 2019-07-16 23.27.15のコピー.jpg
ま、どうでもいいけど・・・という感じのモノだった。

・世界初のフルサイズ6100万画素センサー
・APS-Cクロップで2600万画素
・ピクセルシフトで2億4000万画素
・ダイナミックレンジは15EV
・5.5段分の効果の5軸ボディ内手ブレ補正
・連写はAF/AE追従で10コマ/秒
・567点位相差AF測距点、画面の74%をカバー
・スチル、ムービーでリアルタイム瞳AF(人、動物)
・リアルタイムトラッキング
・576万ドットUXGA有機EL EVF
・接続性と操作性の改善
・4K動画、S-log2/3、HDR
・アップグレードされた防塵防滴
・グリップのホールディングの改善
・USB-CとWi-Fiによる高速データ転送


・・・そうか「ソッチ」に行ったんかぁ〜・・・という感じでもある。

オリンピックの前に出すのは・・・いや「α9Ⅱ」・・・が、その内、出るんだろう。

SONYは、案外モデル周期が長くて、αも、初期型が今でも現役で売られている。
年数が経っても、良さは変わらないということか。
発売当時良かった物は今も良い、ということか?

安くなって売られている。
店頭で較べられるので、シャッター音とか、色々較べられる。
だから、古いのは分かってしまうが、それでも、安くてそれなりの性能はあるので・・・ワタシも、α7Ⅱは、安くなっていたのを買ったんだった。

それにしても、さすがセンサーメーカー。常に新しいセンサーを載せてくる。
カメラは、殆ど変わってない、というのが面白い。
でも、劣悪だったシャッター音は、無印→Ⅱ→Ⅲ・・・と微妙ながら良くなっているので、今回も期待しちゃう。
買えないけど・・・

それにしても・・・
・APS-Cクロップで2600万画素
・ピクセルシフトで2億4000万画素
・ダイナミックレンジは15EV

・・・はスゴい。

・スチル、ムービーでリアルタイム瞳AF(人、動物)
・リアルタイムトラッキング
・576万ドットUXGA有機EL EVF


・・・このヘンもスゴいな〜

買えないけど・・・




この記事へのコメント

ひるのいこい
2019年07月17日 01:11
昨日,某梅田ヨ○バシにてあったとある夫婦の会話
嫁 「これかっこええやん 昔のカメラ風で 買うの? かめへんけど」
私 「カメラもロゴもこれでええんやけどなぁ」
いえない 絶対いえない。 今のカメラ(T2)よりカメラとして先祖返りするだなんて。

シャッター音だけで言えばD500一択 汎用性重視で重さを諦め またもや
松本様の後追いするならD750(24-120は私にとっては重すぎますが)
ニコンコーナーと富士コーナーを往復して「16-80 早く出さないとニコンに帰っちゃいますよ」と唱えつつ 家路についたのでした。
SONY機はスペックはいいんでしょうし NCに割り込みたいんでしょうが
初物はなぁ(βやその他 タイマーに泣かされた経験者は語ります)

あ,ちなみにお気づきだとは思いますが 家内と見ていたのはDfです
(あれだとうちのフォトショップで現像できるんですよね…)
三日ボーズ
2019年07月17日 10:28
「買うの? かめへんけど」・・・に、♡。
Dfは、徒花というか、一発花火で終わってしまう・・・感じですね。
もう、何年になりますか?

ワタシのD750は、D760を待たずにドナドナになりそうです・・・
そろそろ、後継機の話が欲しいトコですが。

SONYもパナソニックも、電子的な部分はとっても良く出来ておるですが、カメラとして納得できない思いをいただきつつ使っております。

ホントに、納得できるカメラが無い・・・
2019年07月17日 15:23
小生の場合は、全く別世界の関わり無いカメラですけど、、、
このクラスだと収入が得られないと買えない機材ですね、。
まあ、羽振りの良い商業プロが使うのでしょう、。
2019年07月17日 20:15
まったく、高性能の追求はどこまで行くのでしょう?!
ユーザー置いてきぼりの高性能化・・・という感じがします。
そこまでの高性能を求めているのはごく一部。
一番の売れ筋は、EOSKissあたりのクラスであるはずですが、ソコは案外テキトーにつくって、技術の見せ場を求めている感じがします。
カメラが精密機械ではなくなって、電子部品の集まりになってしまって、
血を吐きながら続けるマラソン(byモロボシ・ダン)になってますね〜