くわばら、くわばら・・・

R0002448.JPG
作曲家「桑原ゆう」さんは「くわばら」なんだ、と、割と最近知ったワタシ。
そう、今年7月の「個展」に行くまで「クワハラ」さんだと思い込んでた。
思い込み、いけませんわ〜。

土曜日の夕刻、東京・原宿は多国籍化して、大いに賑わっている。
しかし、メインストリートから一歩路地に入ると静かな面持ちとなる。
今回の会場は、そんな所に在る「カーサ・モーツァルト」という所。

R0002440.JPG
小さな会場で演奏者は目の前。
主宰者であり演奏者である方自らが飲み物を出してくださる、手作り感。イイです。

しかしながら、そもそも、こういう雰囲気というのは苦手だし、お客さんを見渡すと、皆さんオシャレで都会的な中年・初老の皆様。
文化的な雰囲気がプンプンで、アウェーな感じがします。田舎者にはちょっと居心地悪いです。場違い、な感じします。

ヴァイオリンとチェロと三味線の3人の演奏。
江戸の文化を大切にして行こうという思いが込められていて、この三味線が、肝。

桑原ゆうさんは、今回は全部の編曲をされた。

何と言っても、昨年末の声明公演「螺旋曼陀羅」に感動いたしました。
それまで、何回も「声明と洋楽のコラボ」というのは聴いてまいりましたが、どれもこれもダメ。
作曲家と演奏者が独善的に作って「さぁ、コラボだぞ」と見せつけるようなもので、声明をまったく理解していないどころか、自分たちが上にいて、声明を
「ヒドイ」という評価しかできないものもあったのでありますが、桑原ゆうさんの「螺旋曼陀羅」は、声明といいうものを研究し、理解して作ろうという気持ちが実ったものでした。
アチコチの法要でお見かけして、熱心に声明を聴かれているのを存じ上げておりました。
それは見事に結実していたのであります。

7月の「桑原ゆう個展」では、私には前衛的過ぎて理解が追いつかない感じでしたが「感じるもの」はございました。

「個展」にもありましたが、今回は三味線がメインの曲にヴァイオリンとチェロを合わせたような編曲が、三味線と洋楽がケンカせずに共存共栄している感じでした。

淡座の三味線の使い手は「端唄」の人のようで、2曲が端唄を元にしたもの。
江戸三味線というのだろうか、やはり江戸の三味線はいい。

ソーラン節というと、どこへいっても「よさこいソーラン」になっちゃったように、三味線も、メディアに出てくるのは「津軽三味線」という感じになってる。

三味線は江戸の粋、でもある。

端唄・小唄・都々逸などなど、江戸庶民の文化。
ステータス、というほど大袈裟ではなく、親しみやすく、習い事の代表だったのだろう。
粋で、モテる。
そんなものだったと思う。

御詠歌のベースになってる「都節」というのも、三味線からきているし、関西でも広く演奏されていたのだろう。
「かしまし娘」とか「ちゃっきり娘」とかもあった。
「♪ 金もいらなきゃ女もいらぬゥ、あたしゃも少し背が欲しい〜」の多摩川カルテットなどなど・・・子供の頃大好きだった寄席の中にも沢山あった。
忘れちゃイケナイ、内海桂子・好江。

今回の三味線を聴いて、懐かしい気持ちになった。

それにしても、三味線の音を取り込んで、洋楽とカップリングして違和感無し、という編曲、スゲ〜と思う。

R0002434.JPG
「荒城の月」良かった〜。
「Fly Me To The Moon」良かった〜。
「きらきら星変奏曲」良かった〜〜。

音楽的知識がなさ過ぎて、編曲の「お遊び」がわからない、というのが残念なワタシでしたが・・・
楽しませていただきました。


 「淡座(あわいざ)」は、現代音楽、クラシック音楽、日本の芸術文化を行き来し、文化の古今と東西をつなぐための創作、演奏、表現活動を行う、作曲家と演奏家によるクリエイショングループです。洋の東西もない人間の本質や普遍性について思考し、音楽を通して多くの人びとにこの世の物事について問いかけ、新しい気づきをもたらす表現を追求しようと結成されました。
 私たちは、数ある日本の文化のなかでも、とりわけ、江戸文化から学ぼうとしています。江戸時代の人びとは遊び心が旺盛で、だれかをあっと言わせたいという粋の精神からものづくりがなされていました。また、江戸では火事が非常に多かったため、後に残るものだけではなく「形のないもの」を大切にしていました。このような江戸文化独自の発想のもと、「形のないもの、目に見えないもの」、つまり、言葉、文化、哲学、思想など、ひとの生活を豊かにするものの在り方を模索し、作品や演奏として発信することを目的としています。
 「形のないもの、夢と現実のはざま、間(あわい)をえがく」という意味で、このグループを「淡座」と名付けました。「淡」という字には、江戸の象徴である「火」がふくまれています。


〜HPより〜 http://awaiza.com


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント