新橋のオネ〜サンたち

R0002147.JPG
お盆を挟んで、久し振りの講義。
『般若心経秘鍵』を読む、というもの。

R0002177.JPG
お父さんの街、スポーツ新聞の夕刊の街・・・という感じの新橋。

「色街」という程では無いが、新橋にはお父さん向けの「憩いの場」がある。
色っぽいオネイサンが「おいでおいで」してる。

寄る年波か?・・・最近、こういう「おね〜さま」たちとか、なんか、もう、ど〜っでもいい、という感じになっていて、さすれば、媚びうるオネ〜サンも、「空しい絵」にしか見えない。

「心経」にある「空」を「空しい」と訳してるのがある。
稚拙な間違いだ。(間違いの)基本だな・・・という感じ。

「空」を「因縁」で訳す人もいる。これが案外多い。
ワタシは「空」は「唯識」でないと説明できないと思うよん〜。

R0002154.JPG
飲む・打つ・買う・・・いや「打つ」は無いか・・・と思ったらあったわ。
場外車券場があったわ。競輪の。
「空」でなく「喰う」も数多ある。

そんな街を抜けて、愛宕にある総本山・別院・真福寺へ。

R0002171.JPG
真面目に受講。
『般若心経秘鍵』というのは、ご存じ「般若信号・・・いや、般若心経」の解説を、弘法大師様がしているというもの。
実は、数多ある解説書の中では、これだけが異質な感じになってると思う。
でも、逆で、弘法大師様こそが、その本当のところを理解されておった、というコト。
ま、立場上、そう思わなきゃならん!ということでもあるですが、いやいや、後世の人は、これを読んだんだろか?
おそらく、この密教的解釈が、他の人には理解できないのだろう。
割と、禅宗系の人が訳しているのを見るけれど、この内容を「行」の説明だと思っちゃいけない。

R0002170.JPG
ワタシは、般若心経は陀羅尼だと思ってる。
それで、正解だったようだ。
陀羅尼と真言は、意味を訳す必要は無い。ただ、唱えればよろし。
でも、弘法大師さまは、意味を説いて下さってる。

「般若心経」は「般若」の「心経」ではない。
「般若心」の「経」なのであります。

R0002179.JPG
それを改めてお勉強しよ〜〜、という講座。

今日もちょっと発見があったので、嬉しい。
足を運んだ甲斐があるというものだ。

R0002180.JPG



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

生臭自称僧侶(笑)へ。
2019年09月04日 04:35
煩悩にまみれた写真ばっか撮ってないで、仏門の修行に励みなさい。
三日ボーズ
2019年09月04日 08:40
ちゃんと、記事読んだ?
記事と真逆の写真を使ってるって粋な心意気がワカランのね、おばかさん。