塔婆のお炊きあげナム

P1029099.JPG
お盆の後、溜まった古塔婆を燃やそうか?・・と思うと雨が降ったり・・・で、なかなかできずに、今になってようやく。

去年から墓地の一角に「古塔婆入れ」というのを置いたら・・・

P1029069.JPG
いや〜、溜まってる。

塔婆の「処分」には困ってる人もいて「どうして良いかわかりません」という方のも「持ってきてイイよ」と言ってあるので、今年は多かった。
第2霊園のほうは、このお盆が初めての「古塔婆入れ」だったので、目一杯あった。
第2霊園は、元々地域の墓地があった所に並んで造ったようになっているので「ソッチ」の墓地の人も置いてる。
ソッチの墓地にも檀家さんは多いのでいいんだけれど、ウチの檀家さんで無い人もいて、違う寺の塔婆も置いてあったので、ちょっとイジワルして、違う寺の塔婆だけ、お彼岸までそのままにしておこうかと思った・・・(^^)・・・m(_ _)m

乾いた塔婆は良く燃える。
遠赤で、ワタシがこんがり焼けるかと思ったわ〜。

光明真言など唱えながら、黙々と「運んで燃やす」という作業を続ける。暑い。

DSC00667.JPG
「古塔婆」という言い方をしてまったけれど、本来そんなものはない。
元々、土に突き刺したもので、何年か経つと腐って朽ちて倒れて無くなる物だった。
それが「石の塔婆立て」見たいな感じになっちゃって、腐らなくなってしまい、いつまでもある、という物になっちゃった。

「塔婆立て」という言葉も使っちゃったが、塔婆は本来は「建てる」というものだ。
置く物では無く、土に挿して建てる。
即ち「塔を建てる」ということ。

元は「卒塔婆(そとば・そとうば)」。梵語の「ストゥーパ」。
これが中国に入って「卒塔婆」と音写された。
それが「塔婆」とも言われるようになった。
「塔」というのは、そもそもこれの略。

ストゥーパは元々、お釈迦様の遺骨(=仏舎利)を納めた塚のことだった。
お釈迦様の入滅後、仏舎利は8つに分けて配られ、容器と灰土を合わせて10基のストゥーパが造られたという。
後に、アショーカ王がそれらのストゥーパを壊して8万4000に細分化し、各地に新たなストゥーパを建設したといわれている。
さんざん人を殺して国家統一をした罪滅ぼしと、仏教で国家をまとめる、という意味だったとか。

日本ではこれが、五重塔・三重塔というような物になる。
これらは、みな、お釈迦様のお墓、ということになる。
小さいものでは、個人のお墓・供養塔として五輪塔が造られる。
この五輪塔を模した物が塔婆である。
塔婆の上の4組の切り込みは、五輪塔の形になるように刻んだもの。
なので、真言・天台ではそこに五輪「空・風・火・水・地」を表す梵字「キャ・カ・ラ・バ・ア」と書く。
浄土宗でも、「キャカラバ」を書くところもあるが、大体は切り込みを無視して「南無阿弥陀仏」と書く。
浄土宗では、何故か後ろに大日如来の「バン字」を書く寺が多い。
表に「南無阿弥陀仏」で、後ろが大日如来の「バン字」だと、我が方から見れば興教大師・覚鑁上人の「弥陀即大日」の具現として有り難いし、オモシロイ。
そういう認識はないのだろうと思うけれど。

DSC00767.JPG
これで、ようやくお盆が終わった、という感じがする。

先代住職(=父親)が書いた塔婆も沢山出てきて、それはワタシにとっては遺品のようなものでもあるなぁ〜と思いつつ、人の家の塔婆だけど父の供養をしている感じなんだなぁ〜、と思いつつ・・・。

今年は、そろそろ父の三回忌。区切り、という感じがする。

DSC00821.JPG
お炊きあげをしているところは、元は田んぼで、減反政策で休耕田となって、柿の木を植えて、果樹園として税金対策?してるところ。
隣はうちの田んぼで、稲作をお願いしている家で来て、稲刈りが始まったところだった。
やはり、天気との睨めっこで、今日になったという。
もう、結構、スズメがついばんでいた。

D75_0016.JPG

秋の気配が否応なく押し寄せてくる。

ことしも、残り3分の1


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

タロウカジャ
2019年09月06日 00:20
もう稲刈りなんですね。
秋を楽しみながら、冬の仕事の準備をしなければいけない時期になったのですね。
消費税が10月1日に増税されるとなにかと面倒な事務が増えそうです。
景気は後退局面に入っているそうですが、世の中が複雑に絡み合っているのでどの様な事象で現れるのかが懸念されます。
後は、ひたすら阿弥陀様におすがりするなんて言うとご住職に叱られそうですね。
三日ボーズ
2019年09月06日 09:11
現是利益は真言がいいですよ〜〜(^_-)

早いもので、もう来年のカレンダーが出ました。
来年の法事の申し込みがあるので買いました。
なんか「今年は終わってゆく」という気分になっちゃいます。(^^;)

田んぼに水が入るところからずっと稲を見てきて、それが「ばっさり」で、否応なく、季節を感じます。

我が人生は明らかに秋から冬に向かってるので、いやな季節でもあります。
2019年09月06日 16:13
NO,1の絵、なかなかキレイですね!
炎の質感がGOOD!

P連番だからパナ?ですか、、、
光量が充分あれば問題無いのですね。。。
三日ボーズ
2019年09月06日 17:01
GX7Ⅲ+15mmです。
この組み合わせの写りは良いと思います。
若干シャープネスがかかってるんですが、そのお陰で、ブログ記事や、普通のプリントには良い感じです。
昼間だったらまったく問題無いどころか、見た目はよく見えるかもしれませんね〜。