秋色

A6501146.JPG
あれよあれよで1年が過ぎ、もはや12月。
10月11月が忙しくて、みるみる時間が過ぎた、という感じがしている。

昨年の今頃思った「来年こそ・・・」も、殆ど成さず、振り返れば、ただイタズラに時が過ぎたと思う。
んで、また思う「来年こそは・・・」
この繰り返しか・・・

A6501154.JPG
・・・とも、言ってられない。
残された時間は限られている。
我が人生も、既に晩秋に至る。

A6501150.JPG
人間ドックで受けた結果の精査によっては、もっと焦ることになるやも知れない。
今から思えば、両親が元気なウチにやっておくべき事はあった。
もう遅いけれど。

80までナントカ生きたい、生かして欲しい。
あと10年のウチに、ナントカしたいことをナントカしたい。

A6501159.JPG
昨日、間違ってか、普段はスマホのメッセージで連絡している方から、ガラケーのメールに連絡いただいて、久し振りにケータイのメールをいじったら、副住職が大学に入った頃からのメールが残っていて、それらを見ていて、妙にほっこりした。
6年前からの3000件ほどのメールが残っていた。
日記とは違う、それはそれでリアルな過去が残っている、という感じがした。
メールの画面を写真に撮って残しておこうか?とも思った。

A6501176.JPG
これを撮ってるソニーのα6500が、思ったより良い。
ネットでは評判が芳しくない18-135mmも案外良かった。
こうなると悪い癖で、α6600と、新しいGレンズ・・・とか考え出すから良くない。
これはこれでいい、という決意。
次は、型遅れになったα6600を買うんだもんね、と。

A6501188.JPG
カメラとしては出来の良いニコンZだけれど、何せ、レンズが無い。
方やソニーは、ここへ来てタムロンも専用レンズを連発。
コシナ、シグマと、充実の一途。
これらのレンズがニコンに回る可能性は低い。
これは、ソニーの規格に合わせて造られているから、転用は難しいモノと思う。
後出しじゃんけんで負けないようにするには、ニコンもレンズをサードパティに造って貰うよいうにすれば良かったのだけれど、プライドが許さないのだろう。
負けるぞ、ニコン!

A6501200.JPG
さてさて、12月も結構忙しい。
葬儀ホールも慌ただしい様子。
ホールの都合でかなり遅れた葬儀がある。

それのお陰で、楽しみにしていた予定がイッコ潰れた。こんなのばっか、だ。残念。

A6501225.JPG
慌ただしく動いていると、日の入りが「ズシン」とこたえることがある。
一日が終わってしまう、ということの「重み」を感じることがある。

仏教会のあれこれで、10月はだいぶ消耗した。
仏教会のアレコレも、副住職に交代したい。
仏教会のボランティアも、もう随分と尽くしていたと思う。
そろそろお役御免と願いたい。

とりあえずの目標は、智山派のお経を全部読めるようになりたい。
普段使わないお経も読みたいし、無くなったもの(読み方)も復活させたい。
そういう研究は、今、私でないと、我が宗にやる人は無さそうだし。
自分でないと、おそらく出来ないモノがあるから、頑張る。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

タロウカジャ
2019年12月04日 02:07
最近は、カメラはそこそこの性能が有ればよいと思っています。
大嘗宮の拝観に行くのには、ご住職がご縁を切られたニコン1シリーズのV1を持ってまいりました。あれこれ使い勝手の悪いところが有りますが、使い慣れているので暗い所でも余り迷う事無く操作できます。もっとも撮影モードダイヤルのクリックが無いに等しいのでテープで固定しています。売れなかったはずですね。あの頃からニコンがおかしくなったのかもしれませんね。
三日ボーズ
2019年12月04日 08:34
撮りたいモノを気持ちよく撮れる、というのが、私のカメラ選びですが、カメラとしての機械の味わいは、アナログにまかせて、デジカメは仕事用と思って選べば良い、ということを思ったら、ミラーレス、特に「ソニーでもOK」になりました。

ニコン1は、息子の野球を撮るのに良いかなと思ったものの、旧来のレンズを着けるとフォーカスポイントが一点になっっちゃったり、撮れすぎて後でイイトコを探すのZは、あのレベルに達してないので、なんとか、頑張ってほしいものです。