カメラの「高スペック化」という泥沼

32_l.jpg
センサーメーカーでもあるSONYの新型、α7Ⅳは、有効約6,100万画素裏面照射型CMOSセンサーになった。
その前のα7RⅢのセンサーは有効約4,240万画素。
これでも高画素!・・・だった。

ニコンのZ 7が4,575万画素で、Z 6が2,450万画素。
α7RⅢでは4000万画素が、トップクラスの高画素だったのが、SONYは今回それを6000万画素のレベルに上げてきた。
このクラスのデジカメの高画素化が止まらない。

この点においては、センサーメーカーたるSONYの独走となってしまっている。
この争いは何処まで続くのだろうか?
血を吐きながら続ける悲しいマラソン(byモロボシ・ダン)」になってるんじゃないか?

6,100万画素になると、パソコンの性能にも影響を及ぼしてくる。

そんなに画素数=解像度って必要なんだろうか?

そう言いつつ、SONY α7RⅢを中古で買ってしまったワタシへの、これは自問自答でもある。
まあ、流石に、新品で買う気にはなれず、中古で買った。
SONYは新型が出ても、ソレまでの機種を併売するので、安くなってゆくから、それが買い時となる。
型遅れを買うのが正解、と思うことにした。
それで十分な性能がある。

これまで使っていた、パナソニックは処分した。
それなりに色の出方など気に入ってはいたものの、やはり、フルサイズとは「写り」が違うことを感じ、APS-Cとも違う、ということを感じたからだった。
フルサイズとAPS-Cとの違いより、APS-Cとマイクロフォーサーズとの違いは大きい。

さて、何が違うのか?・・・と言われてもそれを文章化することは難しい。
「違う」としか言いようがない。
色々使ってみての感想であります。

でも、それはパソコンで見ての話し。
プリントすると、それほどの違いは見られない。
プリンターの性能がそこまで無いからだ。
2000万画素クラスのカメラで横位置に撮った写真を縦位置にトリミングして、凡そ半分の画素数にしたものを四ツ切にプリントして、十分な写真となる。
そんな感じだ。

パソコンでの見方だって・・・パソコンのディスプレーの性能が良くなれば変わる。
随分前に撮った写真を整理しながら、今のモニターで見たら「こんなに良く写ってたのかぁ〜」と思うことがある。

最終的に、例えば4色分解の商業印刷だとして、そこに高画素化といったものが、どれほどの違いとして現れるのだろうか?
私らが写真集にすると言っても、B5くらいの物だ。
そこにレイアウトした写真に、どれだけ画素数が反映するだろうか?

それよりは、写真の内容だと思う。
当たり前の問いかけだ。・・機材を買えない者の遠吠えではなく。

「何をどう撮るか?、どう写真にするか?」という事のほうが大事で、画素数やら解像力なんて、良い写真の要素には、大凡なり得ない。
それより、高画素が必要無いような写真が多い。
むしろ、高画素が邪魔というような物もあると思う。
写真雑誌の投稿写真など見ていると、そう思う。

単純なことだ。
最新の高画素カメラだから入賞する訳じゃない。
むしろ、結構古いカメラも多い。
「写真はカメラじゃないんだ!」という、極々当たり前の言葉が浮かんでくる。

自問自答、である。

撮りたい写真が撮れる機材を求めている。

何度も書いているけれど、ホントはオリンパスで良いと思っていた。
コンパクトなシステムで「写真はカメラじゃないんだ!」・・・という気概で撮りたかった。

でも、カメラとして、使いにくかった。
写りの電気画質が残った感じ(輪郭強調など)、の、違和感を拭うことができなかった。
パナソニックでもいいかと思ったものの、やはり、カメラとして、現状のものでは扱いにくかった。

結局、レンズを優先してSONYを使うことをメインとした。
ニコンZの成長を祈念しつつ・・・ではあるけれど。

014_s.jpg
カメラの高画素化は、レンズの性能をも、ソレに見合うものを要求する。

フィルムカメラの場合、そもそもフィルム面は平面ではない。
加えて、今に較べれば、フィルムの乳剤の厚みもある。
今に較べれば、かなり緩い基準だったといえる。
もっとも、コンピューターによる設計も今のような物では無かったから、精一杯だったのかも知れないが・・・

今の、センサーは平面。
そこにピッタリ結像させるのは大変なこと。
それも、フィルムよりも遙かに解像度を要求する。
それに対応するために、設計も製造も高レベルの精度が要求され、高価なレンズを惜しげも無く使うことになる。
そして、レンズは、大きく重く高くなってしまう。

ネットの評価など、パソコンでドンドン拡大して見ているだけの、スペックオタク的な者が殆どではないか、と思う。
自身の写真を出すこともなく、ただ評価だけを下す。
「作例」として写真が提示されても、フルオートで撮ってこの写真?という程度の物(露出というものが分かってない)も多く「写真」として評価に値しないような物も溢れている。

そういう「評価」がメーカーの姿勢にも多かれ少なかれ影響を及ぼしているのではないか?と思う。

メーカーは技術力を見せるため高性能な物を求め続ける。
それが、機械としての精度とかではなく、センサーなどの技術になってしまった。
これは、単純に数値に表れ、ドンドン高まってゆく。
それに釣られ、ユーザーの見方もスペックオタクになり、より高スペックを求め、メーカーが応える。

そういう堂々巡りになっているのが、今のデジタルカメラ。

それに、オレも載せられているんだよな〜〜〜、という話。m(_ _)m


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

タロウカジャ
2020年01月24日 00:34
1,600画素のD7000とDfを使っていて余り不満が有りません。
ニコン1V1は1,000画素ですが、プリント差し上げるときれいと喜ばれています。
ただ古いデジタルカメラは、少し暗くなると測距が出来なくなるのが不満です。画素数は、2,000万画素程度でいいかなと思います。
Zシリーズのレンズは使用したいです。
近い将来、カメラそのものは、Aiが適切な構図もシャッターチャンスも決めてくれるのでしょうか。
シャツターを押す必要も何くなり、電源スイッチを入れて構えるだけになるかもしれません。
ひるのいこい
2020年01月24日 11:06
高画素化…ねぇ。
幸か不幸か2000万画素前半までしか扱っていませんが、
これ以上になると保存どーすんのという話に(JPEG+RAWを辞めれば楽になるというのは無しの方向で)なるというか、バックアップ(保存用)に可動部のある
HDDというのも何だかなぁ と思うのであります。(クラウドは信用しない派)

一応写真用のモニターはWQHD アドビRGB99%(と謳っていた)モニターですけど、それで等倍で見てもIphoneが汚いのは理解できますが、ピントと露出が合ってる限り、その差がわからんと言うか気にならない…
(某価格掲示板あたりだと 目が曇っていると言われるだろうなぁ)というのはありますね。

 フイルムのの平面性。RTS3でしたっけ。天文雑誌で話題になっていた
のは覚えていますし、星を撮るときは巻き戻し軸を少し引っ張って撮ると高校の先輩には教えられましたけど(そんな高いカメラはもちろん星の彼方でしたが)。

まぁ商業誌でも72dpi150%拡大 線数150線で料理特…おや?誰か来たようだ。
三日ボーズ
2020年01月24日 19:02
タロウカジャさん・・・

D780いじってきました。
D750のガサついたシャッター音が丸くなって、若干ショックも少なくなっている感じです。でも・・・です。

今や、カメラの機能は、スマホが簡単に追い抜いてしまった、という感じです。
ちょっと見だと、写りは良いし、機能はドンドン良くなるし・・・
カメラは中途半端になってるようで・・・売れないのも然り、のようで。
三日ボーズ
2020年01月24日 19:14
ひるのいこいさん・・・

今思うと、フィルムのカメラはおおらかなものだったな〜、という感じです。
機械のカメラをいじっていると、このまま、何処へ向かっているんだろう・・・と思いますなぁ〜。
業界もワタシも。
「巻き戻し軸を少し引っ張って撮る」・・・いいですね〜アナログで。

写真雑誌の色んな写真を見ると、解像度が高いのや、センサーが大きいのも、何となく差が見えるのは、同じ線数で印刷しているのにどうして?・・・という点がワタシには説明ができません。
確かに差はでますが、微々たるもので、較べなければ分かりません。

ワタシも、アレコレと浮気、二股・三つ股・・色々使ってみた挙げ句の「覚りの境地」が見えそうで見えない・・・(^_-)
タロウカジャ
2020年01月25日 13:29
ご住職に於かれましては、迷いの森で方向を失っているとおっしゃられていますが、D780がすでに時代の流れから取り残されていると認識されており。
ミラーレスカメラのαとZを巧みに使い分けておられます。
大手販売店では、ミラーレスカメラのZ50が売れに売れているようです。
さて、一方では新宿と大宮の老舗カメラ店が閉店するとのこと、売るべきカメラが電気製品なって約20年、顧客も高齢化してあちらの世界にボツボツ行かれるのでは、商売も成り立たないのでしょう。街がドンドンつまらなくなりますね。
007
2020年01月26日 15:10
6000万画素ですか、スゴイです、。
広角で一枚撮影し、各部をトリミングして抽出して複数枚の作品を作る事には有利ですね・・・フィルム大判カメラで撮影後にトリミングして作品とする写真家がいましたが、そういう場合は有効ですね、。(バカチョン撮影)

昔、音響全盛期に販売店で、超高級オーディオで聴くとまるで眼前で演奏してる錯覚を覚えた事、。

借りたベンツの5000C,Cで高速道を200Km/hで飛ばしても、100Km/hと全く変わらない騒音と安定感が逆に恐ろしくて加速を止めた事(多分250Km/hは行く?)、。

何事も頂点を求めて、経験して、、、欲望というか、好奇心というか、、、
上みたらキリないです、、、

音響装置なら、先ず部屋造りから始める必要があるし、、、
ベンツならば自制心?だし、、、
デジカメならパソコン環境だし、、、
何事もほどほどに、」がよろしいようで。。。
三日ボーズ
2020年01月26日 15:23
タロウカジャさん・・・

ミヤマ商会閉店のTwitterが流れて驚いています。
そういえば、よく利用する新橋駅そばにあった大庭商会も随分前に無くなって、今は、違うビルが建ってます。
フィルムカメラが造られなくなって、中古の流通だけになってしまったし、その単価も大体は落ちるわけですから、ショ〜バイにならないのは仕方ないのでしょうが、寂しい話です。
カメラ雑誌の巻末にゴチャゴチャ載ってたカメラ屋さんの広告も殆ど無くなってしまいました。
三日ボーズ
2020年01月26日 15:27
メーカーの開発が勝手にドンドン進んで行く感じがして追いつけない感じになります。
いや、追いつかなくていいのですが、メーカー主導の開発競争に煽られる面も持っています。
フィルムは同じで、カメラが変わってもレンズが同じなら、同じ写真が撮れるという時代が遠い昔にあった、という感じにもなります。
時々フィルムで撮ることで思い出す感覚を大事にしたいと思います。