カメラの「高スペック化」という泥沼

センサーメーカーでもあるSONYの新型、α7Ⅳは、有効約6,100万画素裏面照射型CMOSセンサーになった。 その前のα7RⅢのセンサーは有効約4,240万画素。 これでも高画素!・・・だった。 ニコンのZ 7が4,575万画素で、Z 6が2,450万画素。 α7RⅢでは4000万画素が、トップクラスの高画素だったのが、…
コメント:8

続きを読むread more