【物欲日記】無想無双〜

なぁ〜んと、なんと、カメラの展示会「CP+」が中止になったんだそう〜な。
ま、しゃ〜ないでしょな、不特定多数が、カメラとか触りまくりの、ファインダー覗きまくりのイベントですからねぇ〜、新型肺炎の蔓延が予想される昨今、まあ、一番やっちゃぁ〜いけないイベントだわねぇ〜〜。

今年こそは行って、ネタにしようと思っておったのですが・・・

E-M1.jpg
ワタシ的には、いい加減、諦めよ〜よ的な、オリンパスE-M1 Ⅲ。
地図写真機の「カシャパ」に出た作例でも、私がコレに踏み込めない理由のひとつであるオリンパスの「色味」の悪さが、まったく直ってないということが分かったので、もう「欲しい〜」なんて言いません!・・・(ホント?)

その代わり、オリンパスE-M1を買うなら絶対コレを着けたいよねぇ〜的レンズ12-100mmと同じ画角を持った、Z用ニッコール24-200mmがでますた出ますた〜。
オリンパスは「f4 通し」なのに対して、ニコンZは、 f/4-6.3(!)でありますが、まあ、暗いのは高感度で対応するとして、これ、案外、E-M1 Ⅲ+12-100mmと、重さ嵩さが同じくらい(すんごく大雑把に言って)の感じがしますねんねん。

82_l.jpg
大雑把でなく、チェックしてみると・・・

ニッコール24-200mm(114mm・570g)
ニコンZ 6(ボディ厚 約60mm・約675g)

→→長さ・174mm。重さ・1,245g

オリンパス12-100mm f4(116.5mm・561g)
オリンパスE-M1Ⅲ(ボディ厚不明・重さ約580g)

→→ボディ厚を60mmと仮定して・176.5mm。重さ・1141g

これは、もう、持った感じは「ほぼ同じ」ということで宜しいのではないでしょうか?
ねぇ〜皆の衆〜?!

12-100mm f4は写りも良く、評判もすこぶる良いレンズで、コレ1本で大概の物は撮れるという感じでございます。
「コレだけでもって旅行など良いな〜」という妄想を思い切りしていた訳ですが・・・

それとほぼ同じような感じで、ニコン Z 6+24-200mmが使えるということですわな〜。
しかも、画質はフルサイズだし、オリンパスの変な色ではないし、縦横比3:2だし・・・
望遠側の暗さが気になるものの、そこは、フルサイズの高感度性能でカバーでしょ、と。

あ、でも、今持ってるα6500+18-135mmと被る。
まったくもって被る。困ったことに被る。
便利ズームとしては、カメラも余計な出っ張り無くて持ち運びしやすいし・・・コレがあればZ 6に24-200着ける必要ないんじゃね?

オマケに、予定されているZ 50用の18-140mmとも、被る。
α6500+18-135mmを処分して、Z 50+18-140mmにするのは、あまりにも効率が悪いので無しにして・・・
とすると、24-200mmか?・・・となる。

・・・いや、それならα6500+18-135mmでいいでしょ、な、ブーメラン〜ブーメラン〜〜イテッ(>_<)

01_s.jpg
FUJIFILM X100V。

焦点距離23mm(35mm判換算35mm相当)、開放F値F2の単焦点レンズを搭載したAPS-Cデジタルカメラ。撮像素子には約2,610万画素の裏面照射型「X-Trans CMOS 4」センサーを搭載。画像処理エンジン「X-Processor 4」

富士のデジイチも、色が評判のカメラでありますが、その色が時々ヘンな感じになるのが使いにくくて、処分してしまったわけですが・・・
「フィルム・シミュレーション」は、やっぱり気になっております。
心残りがあるのであります。はい。

それ(フィルム・シミュレーション)のために一台欲しい・・・とするとどれか?
X-T3或いは噂のX-T4?・・いやいや、それだと、またレンズ欲しくなるから・・・コレが良いんじゃなかろうか?

でも、35mm相当というより、フィルム・シミュレーションで撮るなら、街を撮るのに24mm位が欲しい。
ならば、X-T30+単焦点16mm f2.8か・・・?

あ、まてまて、X-E3の「次」が出るんじゃね?

・・・ということで、待った!

・・・なんてな事考えてるのが楽しい〜。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント