頭休め・・

R0004325.JPG
頭も、キーボードを打つ指も疲れたので、閑話休題・・

栃木中央教区・宇都宮支所、という集まりの新年会があった。
今頃新年会?・・・と思われるですが、節分まで忙しいお寺もあるので、この辺でやるのが通例となっております。
ま、旧暦の新年と言えば良いか・・

宇都宮の「泉町」と言えば夜の繁華街だった。
もうひとつ「宮園町」というのもあったが、両方とも「昔の繁華街」・・・になってしまった。

「泉町」は、その昔は、市役所・県庁のそばなので、その役人の「接待」に使われ繁盛したという。
やがて、そういうことは「いかがなものか?!」という世情となり、衰退した。
今は「馴染みのスナック」という感じの店が細々と残っているという感じ。
お仕事でくる、主にお父さんたちの夜の街は「駅東」に移った。

栄枯盛衰、であります。

R0004326.JPG
栃木中央教区・宇都宮支所。
「支所」というのは、もうお馴染み過ぎる「メンツ」。
その新年会の出席も代替わりしつつある感じ。
その「副支所長」という「ポスト」になって、いうなれば「支所長」の見習い中。
余程のことが無い限り「副」は「長」になるらしいので、合わせてあと7年の任期となる。
これは長い。終わったらかなり年を取る感じがする。
これも、向き不向きとか言ってられないことでもある。
このお仲間への感謝とお礼の意味でも、勤めさせていただこう。

それにしても、酒を飲まない私は、こういう料理だと物足りない。

R0004330.JPG
楽しみは、終わってからのヨドバシカメラ。

実は、新しく出たタムロンの20mmを買う気満々で行ったのでありますが・・・
試しにカメラに装着してみたら、「魚眼レンズか?!」というくらいの歪曲があった。

安いし、同じ大きさ・同じフィルター径という「縛り」で設計された物。
設計で無視をせず、デジタルの補正を前提としていることは明らか。
その周辺光量落ちの補正を切った描写を期待したものの・・・・これは、ダメでした。

SONYの一眼は、歪曲補正をONにしていても、ファインダーと液晶モニターに反映しない。
他のレンズはそれほど気にならないが、これは酷い、というレベル。
ホントに魚眼レンズ。
これでは、気持ちよく撮影できない。というか、キモチワルイ。

SONYのこの仕様が理解できない。
ミラーレスという大発明をパナソニックがやった・・・それは、補正済みのデータでモニターできるから、補正できる収差は残して補正できない収差の補正を優先して造れる、というのが最大のメリット・・・だったはず。
それができない仕様というのが分からない。
おそらく、動画を考えているのかと思うのだけれど・・・
『フォト・ヨドバシ』のコメントに「歪曲の補正についてはカメラ内のレンズ補正機能をオンに設定すれば、JPEG画像ではすっきりまっすぐな線が得られます。」・・・とあったのは、遠回しに「このこと」を言っていたのか?・・・と思えます。

いくら撮影後補正されると言われても、撮るときにアレでは、フレーミングできないよ〜!

う〜〜〜〜〜ん・・・・


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント