X-T30のフィルム・シミュレーション

ベルビア(ビビッド) フジを使い始めた時には結構使っていたけれど、今見ると、ビビッド過ぎるワ。 実際に使ってるポジのベルビアとは、ちょっと違うぞ、と思う。 ニコンもSONYも色は似た感じで、どちらもクセが無い、サッパリした色なので、久々にコレを見ると、付いて行けないワ、私〜・・・という感じ。 自然の緑とか青空が派手派…
コメント:0

続きを読むread more

またまた木工・・

まあ、ヒマなので、木工。 以前は、電動丸鋸をちゃんと走らせるための治具を作っていたのでありますが、無くなってしまったので、売ってるのを買いました。 これで、電動丸鋸が直角の直線で簡単に切れます。 また少しづつ装備充実を図りまする。 机の前に置く本箱を前のヤツに合わせて作ります。 なして傾く? 前に作ったのが…
コメント:2

続きを読むread more

【回せ経済!】消費は美徳キャンペーン〜〜!!

何処まで続くのか?!・・・という昼間でも暗中模索状態の日々・・・ ナンも無ければ、東大寺のお水取り、千本釈迦堂の遺経会、智積院専修学院生の卒業式・・・等々に出向いていたはず。 特に、専修学院生の卒業式は、法類のお子さんも、近くの寺の孫さんも、よく知る寺の跡取りもいたので、行きたかったのだけれど・・・ 自粛・・・した。 …
コメント:2

続きを読むread more

個人的には、ただ平穏な時が流れる・・

今日のツガイちゃん〜 しかし、いつまで続く泥濘みぞぉ〜〜〜という毎日・・・でございます。 あまり実感の無いまま、おそらく、後に教科書に載る大事件が起きてる・・・ということか・・・ 毎日、寺務所作業をしつつ、スズメと桜を愛でる。 今年は、回りのソメイヨシノより随分早くウチの枝垂れが咲いた。 追…
コメント:0

続きを読むread more

ツガイのスズメちゃん〜・・他

ただただ、寺務所の窓からスズメの姿を追う日々。 よく見ると、スズメはツガイになっている。 夫婦の契りを交わしてからは、ツガイで生活するのだろうか? ベランダに、シーツや布団などを干していると、その隙間に巣作りされることがある。 巣作りして、卵を産む時期ということか。 これまで、スズメなどを見たり撮っ…
コメント:0

続きを読むread more

たまにはフィルム・・

天気は荒れると聞いていたけれど、起きたら真っ青な空。 ・・・なので、たまにはハッセルSWC。 シャッターと絞りが固いんだ、コイツは。 調整が必要か? 宝石じゃ無いけれど、売るときはあんまり高くない、ということが分かっちゃったので、私が死んだ時の資産価値はイマイチ。 使いましょ。 ハッセルと、父のローライは使って行きた…
コメント:2

続きを読むread more

「どうした、ビンディング 甘いのか?」

新型コロナウィルス(略して「シンコロ」by伊集院光さん)のため、電車による遠出を控えている・・・3月23日にこれ書いてます。 本来、そういうことはドーデモイイという性格なれど、女房の視線が気になるし、ボーズがシンコロに罹って「隔離されて葬儀ができません」というのもシャレになんないので・・・仕方なく大人しくしていることにした。 …
コメント:0

続きを読むread more

ひたすら待とうホトトギス・・

母のかかりつけの病院で先月「来月は検査をするから月・水・金のいずれかで来て下さい」と言われていたので、18日の水曜日に行ったら・・・ いやぁ〜〜〜〜〜〜、待った待った! 病院の休みが翌日の木曜日で、その後連休・・・ってことだったのね! その考え、無かった・・・。 まあ、その日しか行けなかったのだけれど・・・ この待ち時…
コメント:2

続きを読むread more

【真田丸紀行】・・・信綱寺・長谷寺

信綱寺(しんこうじ)。扁額には「信綱禅寺」とある。 室町期、尾引城主横尾氏の菩提寺として梅ノ木に大柏寺が創建される。 上田原の合戦で横尾信光が討死し、以後廃寺となり天正3年(1575)打越に移して打越寺とした。 文禄3年(1594)、真田昌幸が長篠の戦いで戦死した兄・信綱の牌所として信綱寺と改称。 享保2年(1717)、…
コメント:0

続きを読むread more

すごいゾ!高校生仏師〜

「高校生仏師」というTwitterアカウントがあった。 実に個性的な仏像が紹介されている。 冗談ではなく、本当に「高校生」だったのだ! この「高校生仏師たいが」さんの作品展があるというので、信州まで行ってみたワケです。 「三度の飯より仏様が好き」 高1の仏師が個展 【朝日新聞デジタル 2020年2月16日】 …
コメント:2

続きを読むread more

さいた さいた さくらが さいた

19日朝、こんな感じだった桜が・・・ 昨日一日経って、今朝は・・・コレ↓↓ だんだん開花が早くなっている感じはあるものの・・・今年は「異常」と言ってよいでしょう。 子供の頃は、4月に入ってから咲いて、入学式の頃にも花はあった。 いや、むしろ、12日辺りが見頃だった記憶がある。 週明けに、車の点検とタイヤ…
コメント:0

続きを読むread more

旅の記録・・・信州へ

法務も無く、天気も良いし・・・ということで、車を飛ばします。 信州へ、毎度の日帰り車の旅。 第2の目的地は、冬季閉鎖。 ・・・というのは知ってたけれど、雪が無さそうなので「行けるかな?」 ・・・と思ったのは甘かった。 5月まで待とうホトトギス・・・ 次女が信州の大学に行ってた時には、その演劇の公演を見るために…
コメント:4

続きを読むread more

ある地域の、あるお墓の形・・・

正月早々の葬儀になった老僧の寺に向かう途中、気になる風景があった。 地形的には、川の流れに沿って細長い田んぼが出来てる所だった。 その両側が低い山というか、河岸段丘のような感じの、田舎には良くある風景で、斜面になる所には、丁寧に段々畑がつくられていた。 気になったのは、その段々の畑の一部に、お墓が造られ、付きもののよう…
コメント:2

続きを読むread more

老人ホームで・・

隣の特養老人ホームでお彼岸の読経。 そう、お寺の隣に老人ホームがあるわけですよ。 ウチでやってる訳ぢゃね〜ですよ〜ww いちおう名前だけの役員ではあるのですが。 そこにどういう訳か仏壇がありましてね、先代からずっと、お盆と春秋の彼岸に行って読経しているのですが・・・ 何で読経しているか分かりません〜ww 仏壇に位…
コメント:0

続きを読むread more

神仏の御利益を・・

もともと科学大好き少年だったから「科学的」という考え方が好きなのでありますが、今の立場は、その対局にあると言っても過言では無いワケです。 神仏の御利益など、科学的に見たら、あり得ないことだし、命も霊も魂も、あの世も輪廻も、地獄も極楽も、デタラメ、という事になってしまうわけですが・・・ これは、人間が、未だ理解できないこと…
コメント:6

続きを読むread more

夜のとばり・・・

・・・夜の町をパトロール中のダンとアンヌ・・・ ダンが言う。 「ダーク・ゾーンだな」・・・ 「あたしね、あれから暗闇を見ると、あのペガッサの人があたしたち人間を怖がって、その中に小さくなっているような気がしてしようがないの…」 「僕もだ」 「ダンも、そう!」 「もういっぺん、アイツに会いたいな」 「ええ・・どこに行…
コメント:0

続きを読むread more

【街の断片】・・・遠くへ行きたい

こんなご時世だから・・・ どこかへ行きたいけれど、 こんなご時世だから・・・ でかけられない。 こんなご時世、いつまで続く? 先が見えない、曇り空。 自粛といえば思い出す・・ 昭和天皇の崩御の時に、 自粛自粛と沈んでた。 買い占めといえば思い出す、 大震災のあの時の 我も我もの買い占め合戦。 伝染…
コメント:2

続きを読むread more

マスク、マスク、マスク・・・

新型コロナ・ウィルスによって、市場よりマスクが無くなる、という事態が、続いている。 また、追いかけるように、つまらんデマで、トイレットペーパー等の紙製品が店頭より無くなるという事態になり、その空っぽの陳列棚に・・・ 3.11を思い出していた。 「トイレットペーパー」というワードに関しては、オイルショックの時の「トイレットペ…
コメント:8

続きを読むread more

3.11・・・

コンビニやホームセンターの陳列棚が空っぽになるという風景に、いわゆる「3.11」を思い出していた。 あの時の、なんとも言えぬ不安感を思い出す。 9年が経って・・・NHKの番組に「のん」さんが三日連続で出ている。 「解禁」されたのだろうか? そのへんはワカラナイが、かつて「能年玲奈」という「本名」で『あまちゃん』に…
コメント:0

続きを読むread more

【街の断片】・・・美女のほほえみ

街のアチコチに、こういう美女の微笑みがある。 モデルとカメラマンとグラフィックデザインの妙にて、 つい引き込まれる写真がある。 美容院の広告など、女性はどう見ているのだろうか? 単純に、自分もこうなれそう・・という思いだろうか? 私など、顔もスタイルも良い男性モデルを見ても ひたすら敵意しか感じないけれど・・・ ・…
コメント:0

続きを読むread more

バードウォッチング〜

静かな月曜日。 特段予定も無く、故に副住職は仲間に誘われてゴルフ。 女房も実家に行って、さて、ワタシは・・・ ヒマなので、市議会のHPより、地元議員の質問の生中継を見る、というか、聴く。 ひとりの割り当てが1時間ということなんだろうか? この方は自分の言葉で話したい人なのだろうけれど、回答の役人さんたちは、ぎこちなく「…
コメント:0

続きを読むread more

「声明の音を探る長旅」に、また船出する

前からやらねばと思いつつ、メンドクセ・・・と思っていた、講式節の音階を探ることを始めてみた。 ・・・けれど、これは、船酔いしそうな長旅になりそうな気がする。 完全にCDになってる阿闍梨さんは2名。 音としては、信頼できる音源と言える。 しかし・・・ 取りかかって既に暗礁に乗り上げてしまっている。 ナントカいう…
コメント:0

続きを読むread more

雀のガッコ・・

何処へも出掛けられんわなぁ〜〜〜と思いつつ、ボ〜〜〜〜〜ッと、寺務所の外を見る。 雨が上がったな〜と思ったあたりから、スズメが活発に動き出す。 友人のお父さんの葬儀を終えて、帰って・・・疲れても板荷・・・いや、いたが、それを見ていた。 出掛けることもはばかられるので、ウチにいる。 いや、ワタシとしてはむしろ出…
コメント:0

続きを読むread more

バブルの頃に思いを馳せる・・・(その2)

そういえば、このロゴはワタシが作ったんだった。↓↓ いつまで使ったんだろう・・・? バブルの頃、栃木には求人誌が3誌あった。 『求人情報』『求職情報ジョブ』『ケント』・・・(もう1誌あったかも知れないが忘れた) この『求人情報』誌は、もともと、今回の葬儀の人『求職情報ジョブ』の元・社長が作った会社だった。 多分…
コメント:2

続きを読むread more

バブルの頃に思いを馳せる(個人的 思い出語り)

かつて、とってもお世話になった地元求人誌の社長だった方の訃報があって、葬儀に参列してきた。 白髪になって、痩せて、かつての面影は無くなってしまっていた・・・ 遺影は「人が良さそうな好々爺」という感じだった。 元社長のお陰で、当時の求人誌の旧知数名と再会することができた。 ・・・・ 時まさにバブルに入らんとする頃…
コメント:3

続きを読むread more

またまた、木工〜。

また、いい加減な設計図を描いて、木工をします。 なるべく既存の板を切る手間を減らすべく、既存の寸法を鑑みて作ります。 机の脇にある小さい棚ですが・・・ 「テキトーに買ったら、棚の縦寸法が短くて、入れたかったものが入らず、その結果として、とっても投げやりな状態になっていたのを、なんとかすっぺ、ゴースタバスターズ」・・・略…
コメント:0

続きを読むread more

リモコンがァ〜〜〜

CDを細かくチェックする必要ができて、CDプレーヤーを買った。 思わず安いのを買ってしまった。 以前SONYのを一台買ったのだけれど、今、検定に向けた御詠歌の練習で息子が使ってるので、仕方なく買い足した。 しかし・・・ 使いにくい。 いや、使いにくさはもう一台のと変わらないのだけれど・・・ リモコンが使いにくい! …
コメント:2

続きを読むread more

ちょき〜〜〜ん!

もう随分前に、ダブルジッパーの分厚い財布を持ち歩いていたものの、置き引きに遭って、以来、財布の中身を整理した。 何もかも入れて持ち歩くというのをやめたんだった。 小銭も持ち歩かない。 宵越しの小銭は持たないようにして、夜には、財布から小銭を全部出してしまうようにしている。 その、500円、100円、50円を小さいコーヒー…
コメント:0

続きを読むread more

【街の断片】・・太子と猫

駅から法隆寺に歩いて行くと、 至る所に「太子」の文字がある。 何でも「聖徳太子」なのは分かるが、 結構簡単にその名を付けてるね〜 同様に、川崎大師周辺も「大師」を使ってる。 「大師マンション」とか。 そんなのがイッパイある。 僧言えば、大阪に「太子町」という所がある。 友人が大阪芸大に行ってたので知ってる訳だ…
コメント:0

続きを読むread more

【街の断片】・・罰当たり

奈良市にとっては鹿は神様の遣い。 「奈良の鹿」でWiki先生の項目があるのを知った。 曰く・・「1957年(昭和32年)に奈良市一円の鹿が、「奈良のシカ」として国の天然記念物に指定されている野生動物であり、所有者はいない。 7世紀後半から8世紀後半にかけて編纂された『万葉集』では奈良の鹿の歌が詠まれ、このころは純粋に野…
コメント:0

続きを読むread more