【真田丸紀行】・・・信綱寺・長谷寺

信綱寺(しんこうじ)。扁額には「信綱禅寺」とある。 室町期、尾引城主横尾氏の菩提寺として梅ノ木に大柏寺が創建される。 上田原の合戦で横尾信光が討死し、以後廃寺となり天正3年(1575)打越に移して打越寺とした。 文禄3年(1594)、真田昌幸が長篠の戦いで戦死した兄・信綱の牌所として信綱寺と改称。 享保2年(1717)、…
コメント:0

続きを読むread more