【がらくたパラダイス】

Z60_4940.JPG
これは、高校の時か・・丸井で人生初めてのローン・・・じゃない「月賦」を組んだ。
母に頼んで、月賦にしてもらって、小遣い諸々で払っていたんだったか。
結局、時々援助してもらったように記憶。
あの頃は、学校帰りに丸井に寄って毎月払ってたと記憶。

良いデッキだった。
AIWA渾身の作。
オジさん(母の妹の夫)がAIWAの人で、これは実際に使ってるのを見て聞いて買った。
ビデオが無かった当時、TVチューナーを繋いでテレビの録音をしていたっけ。

これも思い出深い機械なので、取っておきたかったけれど、処分するか・・・と思う。
さすがに動かないし。

Z60_4930.JPG
これは、古い録音のサルベージをやった時に、4.8cmで動くデッキだったので、ヤフオクで手に入れたんだった。
でも、まもなく動かなくなってしまった。
この手のものは、やっぱり弱い。
「サンヨー」だし・・・(^_-)
サンヨーも作ってたのね、そういえば。
一番はゴムのベルトと、トランジスタとコンデンサ。
これは保たない。
仕方が無いので、4.8cmのものは、9.5cmで再生して、録音側を38cmか19cmにして、それを1/2の速度で再生する、ということで対応した。
もともと、4,8cmは不安定な感じなので、仕方が無い。

Z60_4958.JPG
これは以前記事にしたように思う。
SONYのデザインがよかった時の物で、これは、ホントにカッコイイと思う。
なので、取っておきたかったが、なんと・・・下半分が酷い加水分解で、ベトベト〜〜〜(>_<)
諦めました。
写真に撮って捨てます。
こいつには大きな欠点があって「上書き」しちゃうということ。
この後の機種は、自動的に空いているトコロから録音をスタートするのだけれど、こいつは、止まってるトコロから録音しちゃう。
前の録音を聴いていて、途中で止めた状態で録音を始めると「ソコ」からスタートして「上書き」してしまう。
「ついうっかり」・・・で、上書きしちゃったことが何度か。
それに、録音中にディスクを取り出せちゃう。
すると、録音していたものの「TOCエディット」ができず、その録音は無かったことになってしまうのだ。
講義の途中で、ディスクが足らなくなって、次のディスクを準備して「ソレッ」っと、カセットの様に交換しようと思って、ダメにしたこともあった。
何かの拍子にデータが飛んだこともあった・・・。

こうして思い出すと、使いやすい機種では無かった・・・か。
でも、かっこよかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ひるのいこい
2020年05月28日 10:48
 うーん その昔日本橋に現金持って値引き交渉したなぁ…
ヨドバシが梅田に来るまでは 「現金持ち帰りやったらなんぼにしてくれる?」joshinであろうと小さい店であろうと これで交渉したものです。
ま、ヨドバシが来てそういう文化も消えましたが…ね 四条河原町の電気街もほぼ壊滅です。

♪まっすぐ丸井でショッピング まっすぐ丸井のクレジットという歌は知っていますが 丸井が関西に来たのは21世紀になってからですからあまりなじみがないですねぇ。(京都マルイ(旧河原町阪急)は10年持ちませんでしたし)

丸井 船橋ヘルスセンター 亀屋萬年堂のナボナはテレビで知ってるけど…という奴です。 

AIWA AKAI SUNSUI TEAK TRIO… テクニクスやダイヤトーンは高級ブランドで残りましたが後はみんな外資にブランド買われて消えていきましたね。 
三日ボーズ
2020年05月28日 21:06
友人がカメラを買うというので、行ったヨドバシが、初ヨドバシでした。
あたかもスーパーで買い物をするが如く、10万とかいうカメラを買い物かごに入れて買うという、軽さに驚いたものでした。
「お客さま!」という感じの無さ・・・
その関係性において「値切り」ということもない、いや、あるんだけど、スマートじゃ無い、という感じが、ワタシにはありました。
今も、値切りができないワタシです。(^^;)

そういえば「サンスイ」はメチャクチャでした。
ヤシカ、愛和も残ってますが・・・
そもそも、高級オーディオというのが「普及」というレベルから無くなったということですね〜。
CDも圧縮だし、MDあたりから「それ以下」の音質になって、iPodとかが出てきて「音質」ってものが、訳ワカンナイ状態になってしまったわけですな〜。
ウチの子供らが正にその世代で「いい音」という概念がワカンナイ、という感じなんだと思います。