御詠歌のSPレコード

EZqCJPXX0AA9TvH.jpeg
朝ドラで、若い女性がレコードを触るときに、盤面を鷲掴みにしているのを見て・・・
「だから平成生まれは・・」とか、役者さんや、もしかしたらスタッフもレコードの扱い方を知らないんじゃないか?
・・・というツイートが沢山あったようだ。

しかし、残念ながら、それは「LPレコード」の話し。
朝ドラはそれより「もっと前」の話しであります。
LPレコードを知ってるという「知ったか」も、残念でした〜、の・・・昔、むかしの大昔。

SPレコードは、盤面触っても平気なのでした〜。はい。

材質も、溝の大きさも、回転速度も違い、扱い方も違うのです。
むしろ、しっかり盤面を持った方が良いくらい。
重いし、落としたら、絶対割れるので。
薄い瀬戸物、という感じなのです。
ワタシとしては、テレビのようではなく、レコードの下を持って、上から袋をかぶせるようにしたい。
落とす危険性を無くすにはそうした方が良いと思う。

R0005334.JPG
さて、その今聴いているワタシのSPレコードですが、それは、全部御詠歌のもの。
ヤフオクで手に入れたものです。

A7R04626.JPG
これが、我が流派「密厳流遍照講」の物。
当流は、昭和9年に出来た。
当初は、金剛流の方と、東寺大和流の方が師範として集められ、双方の唱え方を模して始まったようだ。
すぐにレコードが作られた。
レコードは11年だったか?

A7R04602.JPG
「真言宗總本山東寺奉詠讃佛歌 大和講總本部講中」とあり、きちんと「大和流御詠歌」とあるのが良い。
いま、録音禁止とか言ってるけれど、昔はレコード出してたんじゃん〜・・・ということ。

「真言宗總本山東寺」というのもいい。高野山と喧嘩別れみたいになって、東寺についたからね〜・・・ということか?
大和流は、メーカーを変えて、2〜3種類あるようだ。
フタミレコードは我が流派のと同じで、白ラベルは「委託制作盤」らしい。

「西の河原地蔵和讃」は流行歌のようで、色んな人のレコードがある。
ワタシの祖父も、これを書いたものがあり、愛唱してたのだろうと思う。
その思い高じて、自分で作曲したのが、我が流派の「地蔵和讃」。

A7R04606.JPG
この「子豊村山」・・・いや「山村豊子」という人が凄いのですよ。

レコード会社を股にかけて、色んな会社から御詠歌のレコードを出してる。
御詠歌ならこの人!・・・という感じだったのだろう。

当時は「専属契約」とかいうのも無かったのだろうし、とにかく「引っ張りだこ」の女性だったようだ。
「小唄」のレコードもあったよう。

A7R04615.JPG
これも山村豊子さん。
「黒谷和讃」というのは、法然上人の和讃なんだけど、これは「地蔵和讃」の節だ。
違う節のはずだけれど・・・どういうこっちゃ?!

A7R04597.JPG
「西国三十三カ所」の最後につくのが、これと高野山の御詠歌というのが多い。
歌うは「伊勢國常念寺住職」とある。
「スフィンクス・レコード」ってのが、ごめん、笑える。

A7R04642.JPG
これは、横書きが左からになってる。
それまでの右からの書き方は、戦前と思って良いのだろう。
左から書くのは昭和17年が境との説もあるが、混沌としていたようだ。

臨済宗妙心寺派の無相教会は、戦後なので、こうなっているのだろうと思われる。
流祖・岩田貞雲さんは、確かお寺の奥さんだったと思う。
金剛流か大和流の御詠歌を習っていて、それを宗派が取り入れた。

「流祖作曲」となっている曲は、大体が古い曲で、我が密厳流、高野山金剛流、大和流と共通の節がある。
流祖さまは、それを組み合わせるような形で、宗派の教義に則った歌詞に改めて曲を付けたよう。
私らが聴くと、古い曲のモザイクかパズルの様に聞こえる。

A7R04554.JPG
どのレコード会社も名前が面白い。
前の記事にコメントいただきましたが、特に気になるのが「テイチク・レコード」。

何せ・・・「音機商会」・・・だ。
おまけに、マークが「楠木正成」。・・・皇居前広場にあるヤツだ。
この会社の創立は昭和9年というが、この名前を戦後すぐにも使い続けられたというのが不思議。

「帝国蓄音機」を略して「帝畜」、それをローマナイズしちゃうというのは、もう、大胆不敵というか何というか・・・・

ところで、デジカメの画像を等倍に拡大してみよう。
これがSPの盤面だ。↓↓

A7R04588.JPG
これは、盤面がよろしくない。
当時の技術の差は歴然としている感じがする。
メーカーによる音の善し悪しが分かる。

デジカメの等倍拡大で、ここまで写ってるというのも凄いわね。

しかしながら、70年前後経って、当時の音を聴くことができるということが、素晴らしいことだと思う。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

007
2020年06月13日 19:43
一連のオーデイオ系の記事、、、
昔の想いが復活しそうです、、、
ガンガンジャズを聴こうか、とか、、、
まずはスピーカーはJBLだろうし、、、
アンプはデノンかな?」なんて、、、
深みにハマると恐いし、、、。
(;^_^A。。。
三日ボーズ
2020年06月13日 20:34
もともと同じ趣味をお持ちなので、刺激しちゃうかなぁ〜とは思っておりまして、だとしたら申し訳ないなぁ〜と・・・
さすがに新しいアンプとか、別売りのカートリッジやら、CDデッキとかは自腹ですが、元々あったアンプやプレーヤーとかは公費にしてもらっているからあれこれできております。
あくまで、研究目的なのと、良い条件で記録しておくことが、今の時代の次世代への指命とも思っておりますゆえ、です。


007
2020年06月14日 05:25
あと二十年は?生きなきゃならない、と想定しているので、、、
長いような、短いような、楽しいような、辛いような、、、
いずれにせよ、これからは好きなことして、無理せず頑張らないで楽しくやろうと思います、、、それにはオーデイオの復活もありかと、、、
まあ予算は厳しい状況ですが、かしこまって、対決するような聴き方はもうしない、出来ない、したくない、時間無い、そこまで興味ないと思います(^^♪
三日ボーズ
2020年06月14日 08:23
CDの気軽さから、一時、音楽はラジカセタイプになってしまったことがありました。
しかしながら、必要に迫られて小型のコンポを買ってみたら、その音の良さに驚いたものでした。
「音」そのものに入れ込むのではなく、音楽を気持ちよく聴くということを優先する、イージーリスニング的に使う機械は、人生を豊かにしてくれると思います。