三日ボーズ、北から戻る・・・

R0005581.JPG
森の都・仙台で乗り換え、もうすっかり暗くなった外を見る。いや、撮る。

R0005591.JPG
帰りの新幹線でも、椎名誠さんの『哀愁の街に霧が降るのだ』を読む。
結局、読み切れなかった。

Kindleは、残りが紙の厚さ、という物量で分からない。
何%読んだか、というのと、この章を読み終えるまで何分というのが出る。
読むスピードから勝手に計算しているようだ。
文字は拡大ができるが、これ以上拡大すると、バカみたいなので、読み易いギリの大きさ。

R0005584.JPG
東北新幹線上り。
スカスカだ。

R0005583.JPG
新幹線は、普通指定席で、3列シートにひとりづつ、という感じ。
隣に若い男女が座っていて、恋人のような夫婦のようなかんじで、でも、仕事をしているようでもある。
社内で付き合ってる男女が共に出張なのか?と想像した。
宇都宮で降りたけれど。
なんか、羨ましい・・・

R0005593.JPG
宇都宮駅で新幹線ホームから階段を降りると、コイツがいる。
ライオンズクラブが置いた物だ。
駅としても、一番目立たない所に置いたのだろうが、こういうバカなことをやるから、ライオンズとかロータリーは嫌いなのだ。
こんなモン造るなら、福祉に回せ!・・・と言いたい。
父が、宇都宮陽東ライオンズ(今は無くなった)が出来たときの初代会長なので、言う。
ホント、ばか。
これも、まったく意味不明。邪魔!!

R0005598.JPG
嗚〜〜〜〜呼、宇都宮に帰ってきちゃったな〜〜〜、と、いつも思いながら歩く。

R0005603.JPG
これが問題。
今回、しみじみ感じたのは、この宇都宮駅東口の通路の「暗さ」だ。
ほぼ、見た目通りに写してる。
こんな感じ。
確かに、いま、駅東は開発中で何の賑わいも無いけれど、この暗さはね〜べ!!

R0005604.JPG
駐車場も、スカスカ。
行く時も、いつもの感じでは無く、スカスカだった。
やはり、まだ、旧来の往来は戻っていないということなんだろう。

日帰り旅行で、翌日の午前中に一週間分の記事をまとめて書く。
ブログ的には、効率の良いことで・・・





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

007
2020年07月03日 14:22
GRⅢって、、、
空を含む空間が少し?墨っぽいのですかね、、、
これもメーカー癖でしょうか、、、
これに代わるライバル(同じようなカテゴリーで)も不在のようですが、。
三日ボーズ
2020年07月03日 16:08
周辺光量補正だけ切ってます。
トーンが豊かにあるので、アナログ的な感じもあります。
空の色が薄墨か銀がかかったような独特の色になります。
歪曲はありますが、レンズの性能がピカイチだと思います。
レンズに関しては、前のも変わらないと思うのですが、一説には、画像処理ソフトをかなり良くしたんだとか。