久し振り、自宅で通夜

先日、久し振りの自宅での通夜だった。 いわゆるホールを持たない葬儀社へ依頼して、火葬場での葬儀だったが、お通夜を故人と共に過ごせないのはイヤだ、と、お施主さんが申され、自宅での通夜となった。 そのお施主さんにとっては、通夜とはそういうものだ、という思いがあった、ということだろう。 それは、これまでの経験から「そうでなかれば…
コメント:0

続きを読むread more