横浜で、葬儀

横浜市の新杉田という所で檀家さんの葬儀があって、出張ってきた。
「横浜まで新幹線で・・・」と思って、切符を買う段になって、券売機に「新横浜」と出て・・・
「横浜と新横浜は違う駅なんだ〜」ということを知ったワタシ。
そんな地理感覚だった。今の今まで。
だから、ヤフーの路線検索で東京駅から在来線なんだ・・・
だって、横浜って用事無いから〜〜

R0006563.JPG
で、着いて、位牌と塔婆を書く。
この辺では、塔婆は、納骨の時にお墓に持ってゆくだけで、その納骨も四十九日がほとんどなので、葬儀に塔婆は並べないのだそうな。
へぇ〜〜〜〜

参列7〜8人くらいの通夜。

R0006572.JPG
帰るかどうか迷って、お施主さんに取っていただいたホテルへ手配されたタクシーで行く。
どこか分からないミステリー・ツアー(^^)

なんとかタワーホテルという、高そうなホテル。
まあ、イヤな予感はしておりますた。
住職に泊まっていただくホテルは、失礼があっちゃいけないから、高級はホテルに・・・となるだろう、と。
勝手が分からないからお願いしたののだけれど・・・
アパで良かったのに・・・
やっぱ、自分でバンバンすれが良かった (^^;)

何が困ったって、夕食が・・・・・・・高い!
中のレストランが1カ所だけ。
ホテルに向かうタクシーの中から、回りに何も無いことは分かっていた。
コンビニも見当たらない。
仕方が無いので、そのレストランに入ったら・・・

メニューの最初にイキナリ1万6000円とか言うのがある。
!!!
一番安いのが5500円くらい!
我が人生で最初で最後の晩餐になるでせう。
一番安いので・・・

なにせ、美味しい物を食べたいという欲求が無く、また、美味しい物というものが分からないヒトなワタシですから・・・
勿体ない。

18階の展望は良かったけど・・・

ちょっと離れたところで、男2人、女性1人が、マスク無しで、結構大きな声で話している。
声出して笑ったり。
目の前でコックさんが肉焼いてくれる形だけれど、コックさんはマスクしてる。
もし罹ってたら、コックさんに移すし、お互いに移すことになる。
食事中はマスクできないから、あ〜あ、こういう状況で伝染するんじゃんか〜、と思う。

大丈夫か?・・・オレ。

R0006579.JPG
そう、展望はよい。

まわりに何も無いから、外に出ることもない。
こういうときに、チャンとしたカメラ持ってくればよかった、と思う。
GRⅢで撮る。

R0006610.JPG
トリミングしてみた。
曇った時でも、良い感じ。

R0006614.JPG
夕べも何もすること無いから、訳のわかんない本読んでスグ寝て、早く起きる。
で、ずっと、有る本のコピーを持って行って読んでいた。
大正時代のワケワカンナイ本。
ただ、どうしても読んでおかなければならないので、この機会に、と。

R0006600.JPG
反対側の山側。
「ブラタモリ」的、地学大好き少年だったので、この地形が気になる。

そこの崖が海岸の段丘で、波に削られた所で、コッチは浅瀬を埋め立てたよう。
丘陵の開発の様子が分かる。
こういうのが分かるのは、高層ビルの良いところ。

埋め立て地には、大手の会社の建物、貿易会社の創庫のようなものばかり、それぞれに、大きな面積を持っている。

そんな所にあって、誰がこの高いホテルを使うのか?と思う。

そういえば、修学旅行生がいるとフロントで言ってた。
ココに泊まってどこに行く?
八景島?!

R0006593.JPG
本来なら、バイキング形式なんだろうな〜の「ワンプレート」とか言ってたな〜・・な朝食。

R0006608.JPG
葬儀は12時半からだけれど、ホテルのチェックアウトは10時か?ということで、10時にタクシーのお迎えをお願いした。
が、チェックアウトは12時までだったが、後の祭り。

イヤな予感がしたが、やっぱり15分早くタクシーは来て、フロントからお呼びがある。
仕方なく、早く出る。時間が有り余っている。

葬儀は普通に勤める。

僧言えば、木魚が無かったな、と思って聞いたら、この辺の真言宗のお寺さんで木魚を使う方は殆どおらず、1カ寺だけだという。
あれ?、みなさんチャンとしてるじゃん〜〜

あと違和感は、枕団子が13個。・・・十三佛か。
当方は6個。・・・六地蔵か?

葬儀の流れやり方等々、どこへ行っても同じ感じになってる。
ただ、火葬場はどこへ行っても違和感がある。
タクシーの運転手さんに聞いたら、横浜は市営が4カ所、民営が1カ所あるんだそーな。

まず、棺の扱いが雑。
入ると告別室とかいう部屋がある。写真と位牌を横に置いて、焼香台がある。
棺を置いて、その前で焼香する。
顔をみる訳では無い。
じゃあ、なんでここで止まって告別なのよ?!

初めに、火葬場がどうなっているかを葬儀社に聞いた。
お経が読める場所と時間があれば、そこで初七日をやりたいので。
それは出来るというので、行けば、その空間が理解できない。
炉が広い一部屋の壁一面に並んでいる形で、その前ではお別れ&読経&焼香が出来ないから、ということなのだろうが・・・

久し振りに出張っての葬儀。
さすがに、疲れた。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2020年10月31日 03:43
さすがにGRⅢ!、良い感じですね。。。
光量不足の黄昏時の曇りでも精細な描写!、、、バカチョンでは無理ですから、。

小生も昔、たまにはいいかな?と思い、大阪のちぃと高いホテルにチェツクインしたら、平服故か?予約でも前金を請求されムカツキました、、、
辺りはスチュワーデスやスーツマンで一杯でした、道理で、。

あと喫茶店はコーヒーが千円だし(;^_^A、。
でも阪神高速の絡んだ夜景は見事でした・・・これに学んで今はビジネスで気楽に泊まるようにしてます。。。
007
2020年10月31日 03:46
↑、コメント主の記名忘れです、失礼いたしました。By 007 
三日ボーズ
2020年10月31日 08:30
最近、ビジネスホテル等では前金で、その他をチェックアウト時の精算になってるようですが、ここでは何も言われなかったので、後か、と思ってたら、お施主さんの支払いになってたようで、有り難し!、です。
さすがに、夕食代は、文字通りの自腹になりましたが・・・
ビジネスホテルだと、多くの場合、窓を開けても隣の壁だったりしますが、良い眺望だったのは有り難し、でした。
僧言えば、昔はホテル内の自販機って倍くらいの値段だったと記憶してますが、最近は、普通のお値段になってますね〜。