秋の色・・・

Z60_6830.JPG
ニコンZ 6+24-200mm。

Z60_6821.JPG
ドンヨリの曇り、だけれど・・・

Z60_6832.JPG
今日は、朝から何も無い。
長女が帰ってきて、母子でプチ観光とランチだそうな。

Z60_6820.JPG
さて、留守番は何するべぇ〜?

Z60_6828.JPG


Z60_6822.JPG


Z60_6818.JPG

こうやって見ると、フルサイズとマイクロフォーサーズの差は見られて、前の記事の写真のように、光のメリハリがあるときは感じないが、こういう光線だと、トーンと質感の滑らかさ、というような感じが違って見えるな〜、と思う。

比べなきゃいいんですけど、ね。

こうやって撮ってみると、やっぱりセンサーサイズの差ってのは、画質というより、絵の質感みたいなものに違いが出るような・・・




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

007
2020年11月02日 15:10
デジカメは新しい機種程、センサーが大きいほど画質は良いという事ですね、。
特に光量が不足する場合に差が大きく出る事は以前のパナμ4/3機で体験しています、、、もうμ4/3機とは無縁ですけど、。
三日ボーズ
2020年11月02日 15:31
なんというか、画像の深みというか、色の厚みというか、トーンの豊富さというか、シャープさというか、そんな違いが、比べると感じられます。
よく、解像感というヒトがいますが、解像感はレンズに依存すると思います。
扱いやすさ、というメリットがμ4/3にはあると思いますが、ニコンのDXでも、明らかに絵の感じは違ってると思います。
三日ボーズ
2020年11月02日 15:33
あくまでも、並べて比較すれば・・・ですが。