大晦日の月の出

大晦日でございます。 しばし、月の出でもご覧下され。 いやはや、寒い。 あんまり寒いので、いつもはバイクで近くの高台に行くのをやめて、今回は家から撮る。 これから除夜の鐘。人は来るのか? 来ていただいても、接待は無し。暖を取る火も無しで、申し訳ないけれど、仕方ない。 なんだかな・・・の一年でし…
コメント:2

続きを読むread more

除夜の鐘と煩悩と・・・(その2)

仏教のテーマは「煩悩」と言って良い、と思う。 「わずらい」と「なやみ」。 「なやみ」と「なやみ」とも読める。 己を悩ますモノ、ということだ。 煩悩の元は「苦」。 「煩悩ゆえに苦しむ」というような解釈が多く見られるが「苦」とは「思い通りにならないこと」であって、その根本を、お釈迦様は「生老病死」の四苦と悟る。 これを「…
コメント:0

続きを読むread more

除夜の鐘と煩悩と・・(その1)

さてさて、大晦日ということでありますが、本年最後くらいは(^^)、仏教的なことで締めくくりませう。 大晦日と言えば、除夜の鐘。 「除夜」は大晦日の夜、ということで、鐘を108回突くのは、それが煩悩の数だから、と言われている。 人間には6つの感覚器官があって、それを「六根」という。 「般若心経」にも出てくる、眼(げん)・耳…
コメント:0

続きを読むread more

定価より高くなる中古品

息子が、中古でバイクを買った。 この件では、彼なりに色々と勉強したようで、こんなことを言っていた。 「バイクとか中古で買うとさ、始めに新車で買った人が消費税を払って、それを買い取って、中古ショップが売って、また買い取って・・・ってやってると、ドンドン消費税が国に入って行くってことだよね」と。 おお、たしかにそうだわ。 …
コメント:2

続きを読むread more

息子のバイク

息子が、トートツにバイクの免許を取るといいだして、11月でトントン拍子に取ってしまった。 初めから乗りたいバイクがあった、というか「そのバイクに乗りたい」と思ったという。 中型とな。 カラダがデカくて、教習1回目のお馴染み「バイク起こし」を難なくクリアーして、元々の運動神経ゆえなのか、教習は、至ってスムーズだったようだ…
コメント:0

続きを読むread more

瑞相!

早朝の空を見たら、飛行機雲に、幻日が見えていた。 写真を撮ろうとカメラを取りに行って戻ったら消えていた。 午前中、葬儀に向かう時に空を見たら、うっすら環水平アークがみえていた。 ホントに「うっすら」だけれど・・・ 午後、葬儀を終えて戻ってきたら、環天頂アーク(逆さ虹)が見えた。 慌ててカメラを取りに戻っ…
コメント:0

続きを読むread more

濁った心

今年のことは今年のウチに、ということで、ちょっとイヤなことをまとめておきます。 ちょっと前に、ひどい書き込みをする者が来ました。 元々「解脱できなかった」という小池龍之介という人への思いを書いた記事にコメントしてきたのですが、解脱についてだったか、質問してきたので下のように答えました。 これに対しても、まだ「自分は…
コメント:2

続きを読むread more

彩雲

本日は、続けて2回、彩雲を見た。 ご近所で鳩を飼ってるのだけれど、そのお散歩?のお時間だったので、鳩も一緒に撮ることができた。 注意して見ていると、この時期、彩雲は割と良く出る。 見るときは、サングラス必須、ね。呉々も。 「よく見ますよねー」「どうしてそんなに見られるんですか?」と聞かれるですが、ワタシの机が…
コメント:0

続きを読むread more

これでいいじゃん〜

いいな〜〜これ。豊田・GRヤリス。 豊田が「ヤリス」でWRCを戦っているのは知ってるけれど、実は見ないようにしてたりする。 欲しくなっちゃうのは絶体♡・・・といっていいから。 社会人になったばかりの頃(=免許取ったばかりの頃)友人に連れられ、那須の方にある「丸和オートランド那須」という所に「ダートラ」という競技を見に行って…
コメント:2

続きを読むread more

遠くの物がキレイに見える冬

この時期、宇都宮からも富士山が見える。 東京までが概ね100km。富士山までは、いかほどか? 日没後、シルエットになって見える。 条件が良いと、早朝、日の光が当たった富士山を見ることもできる。 シグマ150-600mm(900mm相当)。 車を止めて写真を撮る人もいる。 月もキレイ。 飛…
コメント:0

続きを読むread more

限界を知る・・されど、ただ黙々と・・

聲明《月の光言(こうごん)》には、大いに刺激を受けた。 はやく、コロナが収まって、アチコチの法会に出かけたい。 声明に関する文章をまとめた本を作りたい。 その前に、己の作文がど〜もアカン、という気持ちになってる。 ブログ記事を「ほぼ日更新」でやってきたけれど、このパソコンに打ち込む作業が、イヤになってきた。 書き殴…
コメント:0

続きを読むread more

聲明《月の光言(こうごん)》〜明恵上人集より〜

静岡音楽館AOIというホールで、標題の声明講演。 日本人と自然 〜自然、そして人間に対する、あたたかく、深い、細やかな思いやりの歌〜 自然との合一という 「もうこれ以上はない静寂」の中心に、 心身ともに透明で 「美しい人」の顔が浮かび上がる。 ・・・とキャプションが付く。 唄(ばい)〈あかあかや〉…
コメント:0

続きを読むread more

Go To 静岡〜

用事があって、静岡市へ。 東京駅を出てスグ、東京タワーが見えるこの「隙間」を、今度こそ撮ってみようゾよ、と思いつつ・・・でありましたが、今回、撮れたです。 大昔、東京タワーは結構よく見えたものでしたが、今や、一瞬であります。 ところで、横浜からだったか、女性の3〜4人連れの旅行に行く感じのグループが乗ってきて、斜め後ろ…
コメント:4

続きを読むread more

月とガリレオ衛星

Twitterに昨日の木星と土星と月の競演というのがあって、ガリレオ衛星が写ってる写真がいくつもあった。 撮れるの?・・・と思って撮ってみたら、撮れた。 すげ〜なデジタル! 昔じゃ、考えられない。 んなもん、撮れると思ってないから、撮ろうとは思わなかった。 昔の天文少年は。 それが、写るンです! そして…
コメント:2

続きを読むread more

師走も半ばを過ぎて・・・

いよいよ、今年も大詰めになってきた。 昨日、東京では新型武漢コロナの新たな感染者が800人を超えた。 一気に200人増えたような感じ。 いや、これは、ダメでしょ。 基本的には、何故かアジアの人にとっては、まだインフルエンザの方が恐いものだと認識しているのだけれど、とにかく、この新型武漢コロナに関しては「罹ってはイ…
コメント:0

続きを読むread more

寒い〜!!

昨日の月。 いや〜〜、寒いっっっ!(>_<) 関東も「北部山沿い」では大雪だそうな。 チャチャッっと撮って、家に引っ込む。 今日の月。 横に、土星と木星もある。 そういえば、かかりつけの病院でインフルエンザの予防接種をお願いしたら、終わってしまったという・・・。 …
コメント:2

続きを読むread more

コロナ禍でどうなる?年末年始

ここへ来て、コロナ禍第三波? ものすごく時間がかかった感じがするが、ようやく、国も東京都も「Go Toトラベル」の停止を決めた。 「Go Toトラベル」も「Go To イート」も「第三波襲来と共に停止」というプログラクムが無い安直な策だったと思える。 だから、止めるのに時間がかかる。 どちらも、危険性が高いのに・・・ …
コメント:0

続きを読むread more

ネタの大棚ざらい

記事にしようと思ってか、ちょっと気になってか、パソコンのデスクトップに置いてある画像を拾ってみる。 女房の誕生日は、皇后陛下 雅子様と生まれ年も同じ誕生日なので、朝からニュースが誕生日とご丁寧に年齢まで教えてくださる。 同時に、お友達が、プレゼントを贈ってくださる。 毎年、美容器具とか健康危惧・・・いや、健康器具を贈ってい…
コメント:0

続きを読むread more

「すんげぇ車」って?!

Twitterにこんなコメントが流れてきた。 「すんげぇ車に乗ってるなぁ。運転手付きってか。基本なんとも思ってないからナチュラルにこういう写真載せるんだろうな。」 ・・・と。 これは、高尾山薬王院に新しく就任した貫首様が、総本山・智積院に挨拶に行った時の物。 このTwitterだと、誰が乗ってるのかがワカラナイ。…
コメント:4

続きを読むread more

小銭貯金と、歳末助け合いと・・

前にも書いた「小銭を持たない貯金法」で、またそこそこ貯まった。 今回は、そもそもコロナで出かけない、買い物しない・・・ということが続いたので、貯まるのに時間がかかった。 いつもなら「カメラ貯金」と言いたいところだけれど、そもそも皆さん大変な時に「カメラカメラ〜」などとノーテンキなことも言ってられまい、という意味もちょっとあっ…
コメント:0

続きを読むread more

日暈と幻日

昨日の日暈と幻日。 左右の幻日と、上部タンジェントアーク。 よく見ると、日暈の上に虹がある。 環天頂アークでいいのかな? これは違う日の日暈。 真ん中を飛行機雲。
コメント:0

続きを読むread more

幻日

幻日とは・・・(WIKI先生) 通常、幻日は太陽から約22度離れた太陽と同じ高度の位置に見える。 雲の中に六角板状の氷晶があり、風が弱い場合、これらの氷晶は落下の際の空気抵抗のため地面に対してほぼ水平に浮かぶ。 この氷晶の1つの側面から太陽光が入射し、1つ側面を挟んだ別の側面から出る場合、この2つの面は60度の角を成してい…
コメント:2

続きを読むread more

声明の、音探しの旅

正月のお札の申し込みはドンドン来るのに、業者からのお札の納品がまだ。 お〜〜〜〜〜い!! ・・・何にもできない。 しゃ〜ないので、思い出したように、声明の音探しの旅。 声明の初重・二重・三重という音の高低のグループがあるけれど、これは声明曲によって違うのか? 四座講式、釈迦念仏、光明供と・・。 四座講式の…
コメント:0

続きを読むread more

何だか、間延びする一日・・・

正月の初観音護摩供の申し込みは来るが、肝心のお札が、業者から納品されない。 申し込みがドンドン溜まるのに、作業ができない、というジレンマが・・・嗚呼歯がゆい。 僧だそうだ・・・と、年賀状を作り直す。 自分用と女房共用と2種類作ったが、イマイチだったのを撮り直して、データを作り直して、オノウエ印刷へ、送付。 見れば…
コメント:0

続きを読むread more

12月8日

今日は何の日? 我がナビ子ちゃんは「針供養の日」とのたまっておる。 「事納め」なんだそうな。 2月8日が農事を始める「事始め」とか。 対米英開戦記念日(太平洋戦争開戦記念日)。 ジョン・レノン忌。 新型武漢コロナウィルスが認められた日。 ・・・そして「成道会(じょうどうえ)」m(_ _)m 成道会…
コメント:0

続きを読むread more

夢は続く・・・

アポロ11号の月着陸が1969年。 大阪万博が1970年。 祖父が亡くなったのが私が10歳の時で、昭和43年、1968年。 祖父に大僧正の位をくださるというので、授与のため、本山に泊まった。 それが1970年、授与を終えて、大阪万博に行った。 両親と私と妹と4人、泊まりで出かけたのは、後にも先にもそれ一回きりだった。 (…
コメント:0

続きを読むread more

謎の予定と、空いた時間と・・

カレンダーに「11:00」とだけ書かれている。 私の字だ。 ・・・しか〜し、思い出せない。何の予定なのか? どうして書いたのか? 先月から、ココの日は予定を空けて、何があっても対応できるようにしている。 (ここを空けた分、次の日が忙しい〜) もしかして、礼服を着た人がゾロゾロ来るのか?・・・(法事) 「(お墓で)…
コメント:2

続きを読むread more

最後の贅沢?

写真家の渡部さとるさんのYouTube「2B Channel」で「#ものすごいカメラを買ってしまった」というのがあり見た。 結論から言えば、ハッセルのX1DⅡ。 渡部さとるさんは、以前の「2B Channel」で「最近欲しいカメラが無い」と仰ってたのだけれど・・・ 還暦を前にして、何かカメラを買いたい、と思ったとのこと。 …
コメント:0

続きを読むread more

ご近所が「未知との遭遇」になってる〜〜〜

今晩は、なんだか、霧が出そうな感じだな・・・と思ってたら、当たった! 出ました「未知との遭遇」。 他に明かりが無い、田舎の田んぼ道の中にできた、交差点だから絵になる。 とっさに持ち出したカメラはソニーα7RⅢ+24-105mm。 去年もコレを撮ったのは、今頃だったろうか? 那珂川の雲海も見ら…
コメント:4

続きを読むread more

名残の葉っぱに師走の風が吹く

ついに、師走になってしまった。 だんだん慌ただしくなってくる。 来年の護摩のやり方を決めて、役員さんの家を回って、お札申し込みの取りまとめをお願いする。 いよいよ、動き出した。 にわかに、年末年始のモードに入る。 最近「フェーズ」って言葉も氣枯れ・・・いや、聞かれだしたな〜。 「年末のフェーズに入った」・・・何だ…
コメント:0

続きを読むread more

「鎌倉期の密教文学」

東京別院・真福寺にて、智山勧学会主催「智山談話会」 髙橋秀城先生による「鎌倉期の密教文学」というテーマのお話。 ホント、文学をされる方は尊敬する。 「この作品のこの部分は、あの作品のあの部分の引用である」とかいうことは、とにかく、あらゆる作品を読んで、それが頭に入ってないとできない。 例えば『弘法大師著作全集』とかを見て…
コメント:0

続きを読むread more

東京へ・・・

同県の寺の住職がお話をするというので、東京へ向かう。 宇都宮の駅に向かう時、彩雲が見えた。 これは、かなりよく見えるキレイな彩雲。 でも、見ている人はいない様子。 気がつかないものなのだろう。 残念ながらGRⅢだと、こんな風にしか撮れない。 望遠が欲しい、と心の中で地団駄踏みながら新幹線へ。 新…
コメント:0

続きを読むread more