動画はどうか?

P1160311.JPG
動画を撮る必要に迫らせてSONYのα6400を購入。
・・・というか、持ってたα6500と「ドナドナド〜ナ〜 ドォナァ〜〜」ということで。

α6500は18-135mmのズーム着きだったけれど、今度は、便利ズームは要らんだろ、ということで、標準ズームのキットレンズ着き。

もしかしたら配信に使うかも知れないので、そのままwebカメラとして使えるシグマfpも考えたが、写真家の渡部さとるさんが、AFが落ち着かないというようなことを仰っていた。他のYouTuberのを見ても、確かに微妙にAFが動いている。これはアカン。
また、AFを外すとスグに戻って来ない感じもあるので選択肢から外す。

Vlogと言うんだそうな。・・・「ビデオのブログ」ってことでいいでつか?
ソレ用のカメラがSONYとPanasonicから出ている。
SONYのその名も「VLOGCAM ZV-1」と、Panasonicの「LUMIX DC-G100K」。
Panasonicのは、マイクロ4/3で、レンズ交換もできて、1インチのSONYより若干センサーが大きい。

「LUMIX DC-G100K」のは、音も良さそうだったが、連続録画時間に「30分規制」がかかっていて、29分59秒までしか撮れない。
でもこれは、ヨーロッパの税金対策らしいが、昨年無くなったはず。
それでPanasonicは外す。

SONYの「VLOGCAM ZV-1」と、α6400と思ってヨドバシに行ったら、「VLOGCAM ZV-1」のデモ映像がものすごく輪郭補正が入っていて「白縁取り」のような感じだったので、これも却下。
故に、α6400となる。

α6600もあるが、目立った違いは、ボディ内ブレ補正の有無だと思ったので、主に三脚に乗せて使うから、ソレも要るまい、という結論。

Panasonicでは、動画関係者に評判が良いGH4の安くなってる中古を買うという手もあったが、それなら色が良くなってるG99だろう、と思う。
前から、カメラとして、その発色が気に入っていた。おそらくGX7MarkⅢと同等だろうと思うから。

G99なら、スティルカメラとしても使える、と思ったが・・・これは、現在の所、webカメラとしては、ソフトが対応していないので使えない。
私としては、30分縛りが無いし、レンズも良いのがあるG99にしたいところだが、次女が配信に使いたい、ということもあって、最終的にα6400になった。

私としても本格的な動画入門的位置づけ。
とにかく、動画が撮りやすい、ということを優先した。

「ドガドガドォ〜ガァ〜 ドォガァ〜〜」であります。

P1170318.JPG
SONY得意の独自規格で合わないか?と思ったビデオ用マイクが合ったので、とりあえずこれで撮ってみる。
かなりカッコワルイので、何かカッコイイのを付けたい。
あ、「もふもふ」を付ければ格好良くなるのか、な?

イベントの動画を撮るにも、回しっぱなしのが一台必要になる。
それがこの一台になる・・・予定。

そうでない動画には、今のデジカメなら何でも使える。


スクリーンショット 2021-01-18 13.15.31.jpg
・・・というワケで、この動画を撮ったものの・・・・

どうも30分で止まった感じ。
30分制限は無い筈なんだけど、なんで?

もう一台、まだ売ってなかった(地図写真機行きの梱包を解いて使った)α6500では、AVCHDで撮ったものの、これも半端に止まってた。
なんで?
熱で止まったんだろか?
・・・あ、いや、α6500は、30分規制だった。
SONYで30分規制が解けた最初がα6400だったはず。

結局、ビデオカメラも含めて、録画は全滅で、予定していたYouTubeへのアップはならず、でございました。

ちなみにα6400に着けたレンズは、フォクトレンダーのEマウントの12mm(換算18mm相当)。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

007
2021年01月22日 04:27
動画は撮りませんが、三十分規制なるものは知りませんでした、、、
D7500でも動画撮影が可能、という事だけは知っていますが、。

やはり事前に良く調べるという事が大事なんですね。。。
三日ボーズ
2021年01月22日 08:16
何でも、ヨーロッパの税金で、連続録画が30分を超えると、ビデオカメラとみなされて税金が高くなるんだとか。
確か、2019年の2月頃に撤廃されているはずですが、連続して使うとセンサーの発熱という問題があって、温度が上がると止まってしまうので、機種によっては、今も30分以内の物もあるようです。