お焚き上げ・・・

Z60_8350.JPG
護摩の翌朝、幸い風が無かったので、皆様のお札を早速お焚き上げ。

昨日の護摩供も良い火が上がったけれど、ここでも、例えば向こう側にお不動様を置いて、護摩の修法をすれば良かったのか?・・・と思うが、まあ、そうではないだろうな〜、と。

火を以て清める、というような感覚は、世界共通にあるものではないだろうか?
お焚き上げの形は「どんど焼き」と同じような感覚。

僧言えば、宇都宮の中心にある二荒山神社では、母など地元民は「おだりや」と濁って(訛って)言ってる「オタリヤ」というのがある。

二荒山神社のご祭神を下(しも)の宮がある荒尾崎から現在の臼が峰に遷座したという話が、このお祭りの始まりと言われている。
一般に神社の遷座の儀式は夜に行われるものであり、二荒山神社でも夜に行われたことから、これを「渡り夜」と呼ぶようになった。
後にこれが訛り「おたりやさい」と呼ばれるようになったということらしい。
12月15日を「冬渡祭」と書き、1月15日を「春渡祭」と書いて、どちらも「おたりやさい」と言う
二荒山神社の社殿東側に設けられた焚き上げ所では「お焚き上げ」が行われ、正月飾りを焚き上げをし、この煙にあたると、家内安全や無病息災、火災防止などのご利益があると言われている。

・・・が、多分行ったことが無い。
子供の頃行ったのかは、記憶にない。

これをそれぞれにやれば「どんど焼き」「左義長」となるワケだ。

Z60_8276.JPG
ここには、なんとなぁ〜〜く「魂(のようなもの)」が込められているように思えて、粗末に処分できないものを「お焚き上げ」する、という思いがあるということだ。
宗教的な物は、宗教的に「処理」する。
「宗教的な何か」が込められているなら、宗教的にそれを抜く作業が必要だろう、という考えですわな。

この「処理」に炎が用いられるのは、古代よりあることだろう。
「火祭り」という物が、日本のアチコチにもある。

仏教的には・・・
イラン高原に住んでいた古代アーリア人は多神教で、その神「アフラ・マズダー」を神として信仰されゾロアスター教が生まれた。
ゾロアスター教の葬送は風葬・鳥葬だったらしいが、火葬も、我々がやる護摩もこのゾロアスター教を軸にしていると思う。

ちなみにクルマの「マツダ」のロゴは「MAZDA」と書く。
この「ツ」を「Z」と書くのは、ゾロアスター教の「アフラ・マズダー (Ahura Mazdā) 」に由来していて、一度ちょっとの間、楕円の中に炎が描かれたエンブレムを使っていたことがある。

これと日本の火祭りは根を別にしていると思えるが、まあ、火は人間の証、文明の源だから、同様の思いは共通するように思う。

開眼に対して「閉眼」と言ったり「魂抜き」と言ったり。
まあ「発遣」という作法をする。
私は心経と「発遣(指パッチン)」の作法をする。

Z60_8296.JPG
それにしても、みなさん、勝手に色んなお札を入れてくる。
近くのバイク神社のもあったし、長野の善光寺のもあった。
そこここの神社のも結構あったりする。

塩振ってゴミ出しにしていい、と言ってるトコもあるようだけど、それもどうかな?・・・と思う。
塩で清めるのは穢れであって、神様ではないでしょ、と思う。

「どんど焼き」は便利なものだけど、街中ではどんど焼きも無いから「処分」に困ることは致し方ないだろう。
故に、持ってくるなとは言いがたい。
神社のをここで燃やしていいのか?と思いつつ・・・ちょっとニヤつきながら、発遣して燃やす。

Z60_8394.JPG


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

つる
2021年01月20日 06:44
人形などはどうされてますか。
三日ボーズ
2021年01月20日 08:13
多○山で人形供養をやってるよ〜、と伝えます〜(^_-)
三日ボーズ
2021年01月20日 08:44
人形は宗教的なものではないので、それを「供養」と言ってしまうと、我々のやってることが揺らぐことになると思っています。
近年言われている、亡くなった方の「遺品の供養」と同じで「それは供養では無いから必要ない」と言いたいところです。
「遺品の供養」ということを言ってる業者もいたりして、困ります。
すべて「物」として処分し、供養はその人の御霊に対してすればいいわけですが、人形も遺品も、宗教的な物と同様に「なんだか魂がこもってるような気がする」という、曖昧なものですね。これは、日本人の宗教観がもたらしたものだと思うので、真っ向から否定はできない、とは思います。
供養するのは宗教的な物(仏壇・位牌など)だけでいい。とは言いますが、その人の顔色を見て対応しています。
生きてる人が遺品と思える物を持っていれば良いんだと基本的には思っておりますが・・