高根沢・安住神社

A7S00784.jpg
関東一の大鳥居!・・・が売り物。

A7S00788.jpg
実は、ワタシが印刷屋時代、ここの広告や結婚式の席順表を作っていたので、実は、結構よく知っている。

元旦の午前0時に花火を打ち上げるのだ。
スグ隣にお寺があって、除夜の鐘を突いているというのに。

「8俵の鏡餅」ってのも目玉にしている。
派手好き・・・なのよね。

A7S00787.jpg
最近は「バイク神社」で名を馳せている様子。
勝手に「総本宮」とか言ってるwww

「全国バイク神社認定第一号」(商標登録第5905553号)

商標権について

当社では、全国バイク神社認定第一号を商標登録しています。
また、バイク神社、オートバイ神社も只今商標登録志願中ですので、
他社様が使用する場合は、必ず当社の許可を得てご使用ください。
現在、バイク神社が多数ございますが、当社に連絡のないまま
使用されております。
許可を得ていない場合は、法的手段を執らせていただきます。


・・・ということらしい。(HPより)

A7S00790.jpg
そのせいで、ウチのスグ東に通った道を休日にはバイクの群れが走って行く。
年始は特に多かった。
迷惑この上ない。

A7S00800.jpg
まったく、余計なことをするものだ。
「元祖・バイク神社」みたいな感じになってる。

A7S00798.jpg
歴史を感じさせない、神域を感じさせない、見事な神社だ。
なんだか、ショ〜バイっ気しか感じない感じがする感じだ。

A7S00802.jpg
また、こ〜いうのにバイク乗りが引っかかるンだわ、ものの見事に〜。
入れ食いの「いやッもうッ〜釣れる釣れるゥ〜〜」状態。

A7S00791.jpg
この日も、バイクのお参りが何人かいた。
それ以外のお参りはいなかったが・・・

A7S00796.jpg
CT110と思いきや、リバイバルのハンターカブ125cc。
いいね、これ。

A7S00803.jpg
新しく作ったみないな感じの神社。
それなりに歴史はあるのだが、作り変えちゃった・・・という感じ、ね。

A7S00815.jpg
本殿は何かの文化財らしいが、神社は、古ければ良いってものでもないので、お寺みたいに真っ黒にはしない。
式年遷宮みたいに「新しい」ということに意味があったりするのだろう、故に、寺とは違って塗り替えても文化財、ってことなのか?

A7S00813.jpg
これは「本殿」ではなく「拝殿」だった。

当神社の床下柱の墨書に「宝暦4年(1754年) 甲戌年8月吉日、神主 荒井飛騨守、大願主 阿久津半之助昌保」とあり、建築様式・手法からも江戸時代中期の特徴が分からます。
現在の本殿は、昭和53年7月7日県指定文化財に指定されました。本殿は江戸時代の建築と推定される記載があり、また建築技術から宝暦4年頃の建造物とされています。
一間社流造厚板葺きで、直線の屋根面を途中で折りながら向拝に向かって延ばしているのは大変珍しい形状です。
本殿、幣殿、拝殿は、これまでに(事柄)であるが、3回の修復、増築をし今の原状におたっています。

・・・とHPにはある。

A7S00804.jpg
カンコーさんもいらっしゃる。(以下、安住神社のHPより)

学業や芸事の神として知られる菅原道真公の御分霊をお祀りした神社で、入学・就職・資格試験の合格祈願・学業成就・芸道発達の御利益で有名です。
毎年2月25日に天神祭が行われます。


A7S00808.jpg
以下、安住神社のHPより

安住神社の草創は、平安初期の昌泰2年(西暦899年)、新井吉明が国家鎮護のために摂津住吉大社の大神の御分霊をこの地に勧請したものです。
底筒男命・中筒男命・表筒男命の三神は、伊邪那岐命が禊ぎ祓えをなされたときにお生まれになられた祓へ神であり、罪けがれや厄事を祓い清めてくださる「厄祓い・清め祓いの神様」として篤く信仰され、殊に厄除け・方位除け(八方除け)・災難除け等の御利益があります。
神功皇后様(息長足姫命)は筒男命三神の御加護を受け、三韓遠征に凱旋なされた伝承から、当社四柱の神は「勝利の神様」「平穏の神様」と称され、神功皇后様ご自身は御子を身篭りながらの御出征で、凱旋後無事ご出産されたことから、「子授け・安産・子育ての神様」として崇敬されております。
また当社の「安住」という名称から「安らかなる住まいの神様」と呼ばれ、安心して暮らせるよう家をお守り下さる神様としても信仰されています。
当社は明治維新前には正一位安住大明神と称されましたが、維新後には安住神社と改称して郷社になり、その後村社となりました。
しかし近年、近隣では類稀なほど境内神域の整備が進み、年々崇敬者の数は増加の一途を辿り、皆様の御崇敬が弥増すに連れ、安住神社の大神様の御神威・御神徳も弥益々に高く轟き、御蔭をもって現在では栃木県内でも有数の神社として知られております。


A7S00806.jpg
一角には、いにしえを今に伝える物があるが、かすんでいる感じがする。
神社の「売り」は、ここではない、と言ってる感じがする。

A7S00812-2.jpg
「神域」を感じない神社だ。

A7S00816.jpg
「安産」も「ウリ」らしい。

A7S00825.jpg
こんな安産祈願のご神体も造られている。

A7S00823.jpg
撮っていいのか?と思いつつ・・・撮る。
こういうのも造っちゃう、という心意気。

A7S00831.jpg
極め付きは、この黄金の狛犬一対。

A7S00826.jpg
なんだかな・・・・

A7S00810.jpg
奥にこういうのもある。
どう考えても、こっちの方がいい、でしょ。


SONYα7s Ⅱ+SIGMA 24mm F3.5










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

匿名
2021年04月20日 16:39
気持ち悪い。
三日ボーズ
2021年04月20日 16:50
なにが?