【神社仏閣】雨の多氣山・・

Z62_2756.JPG
新しい機材のテストの場、多氣山へ。
今回は、ニッコールZ50mmF2.8マイクロの1本縛りで撮る。

Z62_2738.JPG
「秋」の様子には、まだ早かった。

Z62_2754.JPG
ポツポツと、雨・・・

Z62_2753.JPG
写真を撮っていたら、住職が出てきてくれた。

つい先日、ウチの副住職がお世話になった。
山伏修行ということで、一緒に日光連山を踏破した。
ウチのは、日帰りでは何度かやっていたが、三泊四日というのは初めて。
足手纏いにならなければ良いが・・・と思っていたが、なんとか踏破できたよう。

Z62_2734.JPG
昨年の正月からか、護摩供の手伝いでお世話になっていて、多氣山のお仲間に入れていただいて、山伏修行にお付き合いする事にもなった。
そういうことに呼んでいただける、というのが有り難い。

副住職は、僧侶としてはワタシと同じだけれど、その歩み(の内容)に関しては、自分とは全く違った道を進んでいる。
見ていて面白い。

Z62_2761.JPG
自分としては、滅罪の寺に専念している感じだけれど、真言ボーズとしては「やはり祈願だろ」という気持ちもある。
副住職が今、経験しているあれこれが、話を聴くだけでも面白い。
自分が歩まなかった道だし、未経験のことだが、これから経験するとも思えない。

Z62_2778.JPG
この日は平日だけれど、いくつかのグループがお参りに来ている。
護摩の祈願もある。
祈願に憧れると書いたけれど、祈願法要も、毎日何座もやるのは大変だろうな〜。
1年に1回くらいが刺激になって良いのかも知れない。

Z62_2772.JPG
あいた時間なんだろう、住職が吹いてるであろう法螺貝の音が聞こえる。
楽しんでるな〜と思う。

Z62_2786.JPG
法要が始まると、法螺貝と共に、太鼓の音が聞こえてくる。
それらが、自然の中に在って、都会にある寺とは違う雰囲気を醸し出す。

Z62_2795.JPG
お参りに来る方からは「信心」を感じる。
信心と、それを受け取る側とのつながりもある。
これが宗教、である。

Z62_2714.JPG
Z 6Ⅱも、Z 6と変わらず、露出がオーバー目に出る。
その方が綺麗に写ってる感じはあるのだと思うが、この一連の写真は、2/3から1絞り程度アンダーにセットしている。
SONYの露出ほどバカではないので、撮りやすい。

Z62_2716.JPG
こういう感じは、特に良い、ニコンと、フルサイズの写り。

Z62_2706.jpg

Z62_2744.JPG

Z62_2747.JPG

Z62_2713.JPG
来年の「火渡り」のポスター。
お〜?!これは私の写真か?・・・うん、そうだね。使ってくれてありがとー!
ん〜〜大胆なトリミングだ〜。
D500の画素数で、縦位置を半分くらいにトリミングして、A2ポスター(か?)に問題無く使えるってことが分かった。

Z62_2731.JPG

Z62_2712.JPG

Z62_2709.JPG

Z62_2707.JPG

Z62_2718.JPG

Z62_2722.JPG

Z62_2742.JPG

Z62_2739.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント