鎌倉仏教を考える

PB300238.JPG
よく、教科書的には、鎌倉仏教として、禅宗・浄土宗系・日蓮宗が上げられるが、ソレまでの仏教が、公家や貴族などの身分の高い者が信仰したが、鎌倉仏教は民衆に開かれたもので、それは民衆の求めと一致した新しい仏教のムーブメントだった、というような解釈がされる。

確かに浄土宗は浄土真宗を生み、時宗を生み、より民衆の中に入って行った。

日蓮上人は、時宗の一遍さんとほぼ同時代。
その頃は、浄土の教えがより一般民衆への広まりという展開を見せていたほど、浄土宗系は認知されていたということだろう。

それを、どこの馬の骨かも判らない日蓮と名乗る者が、一方的に批難しても、そりゃあ、相手にはされないのは当然。
・・・というのが、実際の所だったと思う。

その非難の仕方も、理論的とは言いがたい、言いがかりのようなものでは、余計に見向きもされない。
相手にされないから、日蓮上人の思いがドンドン高まってゆく、というものだったのだろう。
日蓮上人は、民衆というより「国」を思う、というような強い思考もあったと思う。
「このままでは国がダメになる」ということも当時の浄土系の広まりの元になる気持ちからは遠かったのだろうと思える。

鎌倉仏教の特徴は「仏教の日本化」といえる。
そして、それは「仏教の一本化」でもある。
法然上人の「選択(せんじゃく)」である。
それぞれ、念仏、禅、題目を選択し、専門化し、集中する。

禅宗は新たに輸入された物だが、その元は、天台の中から禅の思想を見つけ、その元を直に知りたい、それをたどろうとして中国に行った、というものだろう。

末法思想(まっぽうしそう)というものがあった。
お釈迦様が亡くなられた後、その教えが時と共に薄らいで行く、ということ。

釈迦が説いた正しい教えが世で行われ修行して悟る人がいる時代→「正法」。
その後には、教えが行われても外見だけが修行者に似るだけで悟る人がいない時代→「像法」がくる。
そのうち、修行者もいなくなり、正法がまったく行われない時代→「末法」という時代が来る、というもの。
「今が正に末法である」という考えが、平安末期に流行った。

PB300252.JPG
それ以前に最澄さんが書かれた『末法燈明記』の中に・・・
「正像やや過ぎ終って末法甚だ近きにあり法華一乗の機、今正しく是れその時なり何を以て知る事を得ん 安楽行品にいわく末法法滅の時なり」と末法が近づいているというようなことが書かれている。
だとすると平安初期に最澄さんがそう思われていたという事になるが、実はこの本が最澄さん著、というのがアヤシイらしい。

日本では『周書異記』を根拠に釈迦入滅を紀元前949年として、1052年(永承7年)を末法元年としたとされる。

この平安末期には、世の中が大きく乱れていた。
貴族の摂関政治が衰え院政へと向かい、また武士が台頭しつつもあり、世の中が貴族の社会から武士の世界に移る動きがあり、治安の乱れも激しくなっていて、おまけに、比叡山の僧兵などが暴れていた。
寺同士が争い、お互いに火を点けたり、正に「末法=仏教の破滅」を自分たちで表しているようなものだった。
オマケに天変地異や気象異常も起こる。

正に末法。

この不安を救う物として新しい仏教が生まれる。
「生まれる」というのは語弊があるかもしれない。

新しい流れができる。支流といえようか。

対 末法、という視点から見れば・・・

修行者がいなくなり悟る者がいないというなら、自分たちが修行して悟りを求めよう→→禅宗
この世の中は(世の中も修行も)もうあきらめて、極楽への往生を阿弥陀様にお願いしよう→→浄土系
いやいや、永遠のお釈迦様は存在するというお経があるから、それを信じよう→→日蓮宗

・・・という図式が成り立つ。
まあ、日蓮上人は、最初、世の中が良くないのは浄土宗が悪い、って言ってましたがね・・・(^^)
だから、日蓮宗だけは末法を意識したものという感じがしない、と最近私は思ってるのですが・・・
「この世が良くない。国が危ない」というようなものも、根底には末法という認識があるものの、庶民的な意識ではない、という感じがする。

PB300246.JPG
鎌倉仏教の特徴のひとつが、個人の救済だと思う。
日蓮上人の考えは、そんなことやってたら国が滅んでしまうだろ!・・・というのが始まりで、現世利益を考えず、死後の救済を説く浄土宗系の批判に始まる。
その後に、誰それの真言の祈祷も効かないだろう!・・・というように、各宗派やボーサンの批判に向かう。
その元になったのは国家であり、この点でも明らかに仏教の潮流を外している。
だからこそ、その潮流を批判するのだが、悉く無視され、挙げ句「度が過ぎるぞ」と、流罪になる。
日蓮上人は、後の人がその存在を謳い上げ、スーパーマンにすることで、広まったものと思う。
「法難」というものも、力ある者が弾圧される、ということで、その力が強調される。

宇宙刑事シャリバンのエンディングテーマ「強さは愛だ」にある・・・
「倒れたら 立ち上がり 前よりも強くなれ〜
 苦しみを 苦しみを 超えようぜ〜」・・・である。

PB300239.JPG
いずれにしても、鎌倉仏教の潮流の、共通項は「仏教の日本化」というものである。

平安仏教まで、つまり、真言・天台までは、仏教は「輸入品」だった。
そこから、部分を取り出して加工し新たな製品を作るという、日本の得意技でありますわな。
鎌倉時代、仏教が「日本仏教」と言えるものが生まれた、ということだ。

日蓮上人も天台宗の寺で僧侶になって、そこをベースとして、天台の一部である法華経をメインにした。
法然相人は、やはり、比叡山に始まる。
親鸞上人は、法然上人の弟子である。
今、教科書ではどうなってるか知らないが、以前、親鸞は法然の教えを「徹底」「発展」させたというような表現がなされていた。
しかし、これでは「法然は親鸞より劣る」と誤解を与えかねないとして、教科書の表記を見直すよう、浄土宗からの要請があったらしい。

「徹底」「発展」でも良いような気もするが、要するに、法然上人の延長線上にある。
教科書についていえば、親鸞上人は浄土真宗を開いたワケではない。
結果として振り返れば「宗祖」であるが、親鸞上人は法然上人の弟子として亡くなったものと私は思う。
そういう意識でいらっしゃったんだと思う。
だから「浄土真宗」などという名前は、親鸞上人が生きておられたら、とんでもない、と仰るに違いない。

法然上人の念仏の教えが、師亡き後、ご自身の中で発酵・熟成・精製されたものだろう。

臨済宗の祖・栄西禅師は1187年、中国へ2度目の留学をし、臨済宗黄龍派の虚庵懐敞に師事し、悟りを得たことの証明である印可を受け、1191年に日本へ帰国し、九州各地に禅寺を開くが・・・天台宗が圧力を加える。
今では、日本仏教の祖師が皆(真言以外)勉強した比叡山は日本仏教の生みの親、的な宣伝をしている比叡山ですが、当時は、新興勢力に攻撃しまくりでした。

天台宗は公家や朝廷からの帰依も受けていたので、朝廷に頼んで、臨済宗は活動を停止するように命令される。
栄西禅師は『興禅護国論』を著わして「自分が中国から伝えた仏教は最澄が伝えたものと同じであり、天台宗の復興を願うものである」ということを主張するも、残念ながらこの話は聞き入れてはもらえなかった。

栄西禅師は、鎌倉に下って「坐禅とともに公案(師匠から与えられた禅の課題)に取り組む修行」というものを打出し、悟りを目指した宗風を広げることになる。
すると、この修行スタイルが武家の気風と合致し、鎌倉幕府からの帰依を受けることとなる。

そして、北条政子や、鎌倉幕府2代将軍の源頼家などのバックアップを得て、京都に建立された建仁寺の開山となります。
こうして武家権力の庇護を受けた臨済宗は、日本において発展していったのでした。

栄西禅師が中国へ2度目の渡航をしてから36年後、1223年に、今度は「道元禅師」が仏法を求めて中国へと海を渡る。

PB300237.JPG
道元禅師は、比叡山で経典を読んでいて「人は本来仏である」という意味の言葉に出会う。
「もし本当に人が本来仏であるなら、どうしてさらに修行をして悟りを目指す必要があるのか」という疑問を抱きました。

そしてその答えを求めて日本の高僧らに問うても満足のいく答えは得られない。
よし、こうなったら自分が中国に渡って真の仏法を会得するしかないだろ!・・・と決断したのでした。

中国で如浄禅師と出会った道元禅師は、如浄禅師のもとで修行に励み、やがて悟りを開き印可証明を受ける。
ブッダが悟りを開いたのは坐禅によるものであり、坐禅こそが仏教の根幹である、として、坐禅修行に重きを置く。
そして、ただひたすらに坐禅を行う「只管打坐(しかんたざ)」と呼ばれる修行を行うのを旨とする。
これは、臨済宗の公案を主とする修行観とは相違する部分であるが、これは「どちらか」ということでなく、どちらに重点多くか、なんだと思う。

「不立文字」と言いながら『正法眼蔵』という大著を書かれた道元禅師の意図がワカランです(^^)

そして、ここにもまた比叡山の圧力がかかります。
出る杭は打ちまくりです。

これも天台宗の中の「止観」からの派生であるともいえる。
「朝題目に夕念仏」の題目を選んだのが日蓮上人で、念仏を選んだのが法然上人。

PB300247.JPG
みな、天台からの派生と言っては叱られるかも知れないが、天台宗の一部であった、ということは言える。
真言密教は、それ自体純粋な密教なので、派生することが無かった、ということで宜しいか?
天台宗は、色んな要素を含んでいた、ということだ。

これは輸入品であった仏教の、一部を取り出して、新たな製品に磨き上げた、あるいは、日本に合うように改良した、ものであるとも言えるだろう。

旧仏教から枝分かれして、ここから「日本仏教」と言えるようなものが始まるのだ。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

タロウカジャ
2021年12月05日 00:45
鎌倉仏教のお説教を興味深く読ませて頂きました。
先日は比叡山延暦寺の戒壇院を参拝、本日は西本願寺の傳道院内部を拝観させて頂きました。コロナの影響か初めて内部公開が多いようです。
更に、本願寺さんは庭のイチョウと修復工事の終わった唐門拝観及び撮影が目的でした。
三日ボーズ
2021年12月05日 05:21
たまには、ボーズらしいことも書くのであります。(^_-)

コロナ禍からの微妙な回復を寺の側も協力して、という感じではあるようで、京都も人が戻ってるようですね。
修学旅行生が増えてるのが喜ばしいことだとおもいます。