テーマ:仏教

すごいゾ!高校生仏師〜

「高校生仏師」というTwitterアカウントがあった。 実に個性的な仏像が紹介されている。 冗談ではなく、本当に「高校生」だったのだ! この「高校生仏師たいが」さんの作品展があるというので、信州まで行ってみたワケです。 「三度の飯より仏様が好き」 高1の仏師が個展 【朝日新聞デジタル 2020年2月16日】 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ある地域の、あるお墓の形・・・

正月早々の葬儀になった老僧の寺に向かう途中、気になる風景があった。 地形的には、川の流れに沿って細長い田んぼが出来てる所だった。 その両側が低い山というか、河岸段丘のような感じの、田舎には良くある風景で、斜面になる所には、丁寧に段々畑がつくられていた。 気になったのは、その段々の畑の一部に、お墓が造られ、付きもののよう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

老人ホームで・・

隣の特養老人ホームでお彼岸の読経。 そう、お寺の隣に老人ホームがあるわけですよ。 ウチでやってる訳ぢゃね〜ですよ〜ww いちおう名前だけの役員ではあるのですが。 そこにどういう訳か仏壇がありましてね、先代からずっと、お盆と春秋の彼岸に行って読経しているのですが・・・ 何で読経しているか分かりません〜ww 仏壇に位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神仏の御利益を・・

もともと科学大好き少年だったから「科学的」という考え方が好きなのでありますが、今の立場は、その対局にあると言っても過言では無いワケです。 神仏の御利益など、科学的に見たら、あり得ないことだし、命も霊も魂も、あの世も輪廻も、地獄も極楽も、デタラメ、という事になってしまうわけですが・・・ これは、人間が、未だ理解できないこと…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ジ〜ク慈恩会!

2月20日、東京・新宿にある において開催されている興福寺文化講座で、法相宗の論義である「慈恩会(じおんね)」についての話があったので聴講して参った次第。 講師は、興福寺の僧侶・ザイレ暁映という方。そう、外人さんです。 アメリカのバークレー大学の博士論文のために来日。 その大学院の専門が「奈良仏教の教学、特に法相宗の鎌倉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地元・智山青年会の「常楽会」

栃木智山青年会の皆さんが集まって常楽会(涅槃会)を厳修。 本山と同じ形で「舎利講式」。 概ね2時間のお勤め、ご苦労様でした。 これのために2年間の間に5回、勉強会を開いてきての法要。 本山のやり方がおかしいのであって、本山では無く、地元でせやるなら、折角だから元々の省略のないやり方でやってみてはどうだろうか?とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平家琵琶と六道講式

2月16日、東京・紀尾井小ホールにて「声明と平家琵琶 六道輪廻の世界 諸行無常の響き」という催し。 主催は「当道音楽保存会」というところ。 また「令和元年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」という長い名前も付いてる。 相反することを言ってる感じもするが、古い物を残し伝えることで、未来の芸術家を育てたい、というビジョンとい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

涅槃会へ・・・

奈良・興福寺の涅槃会には、確か、3年前に行ったんだった。 良い感じだったので、もう一度・・・と思いつつ、壇用が入って2年出られず。 涅槃会は年に一度なので、なるべく出たいのだけれど・・・ つまり「あと何回聴聞できるか?」ということだから。 さて、興福寺の涅槃会の特徴は「楽」すわなち、雅楽が入るということ。 南都がクソ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涅槃会にはチーズケーキを食べよう〜!

さて、皆様、コンビニでは、恵方巻きが終わったと思ったら、すかさずピンクの♥︎になってますが・・・ ・・・それよりも、忘れてはならないのが「次の日」でございますよ。 2月15日・・・涅槃会でございますよ〜。はい。 そこで、これ。これを食べるというのはいかがでしょうか? 栃木の方ならご存じの方も多いでしょう、日光「明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族葬とは・・・(その4)

核家族が進んで、今は戦後のベビーブームの孫の世代が所帯を持つ時期になってる。 いわゆる「団塊の世代」の人たちは、かの「学生運動」を経験している。 あの時の気分というのは「反体制」がキーワードのようだった。 「革命だ」といって騒いでいたのだから何となく反体制という気分があったと思う。 「心情左派」とも言われた。 反体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族葬とは・・・(その3)

近年、NHKが【あさイチ】などで、葬儀の問題を良く取り上げる。 民法の他の番組でも終活とかをテーマにすることは多いが、そこに僧侶が呼ばれることは無いに等しい。 呼ばれるときは「知らなかった!墓参りのマナー」・・・とかいうような番組だったりする。 まあ「ぶっちゃけ寺」とかで、ボーサンが勝手なこと言ったりしていて困る、ということも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

家族葬とは・・・(その2)

本日、あるお寺の前住職の葬儀。 我々、何が有り難いって、葬儀に20人とか30人とか、或いはもっと多くの坊さんが来て、お経読んでくれるってことでしょ〜な〜。 ・・・と思っていた。 良く思われて無くてもね、(^_-) 葬儀には、お寺のお付き合いで来てくれる。 3年前に父の葬儀をやって、お寺の葬儀とはいかにお金も手間もかかるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族葬とは・・・

二日続いて、通夜無しの葬儀。俗に「一日葬」とか言われているものが続いた。 そのひとつの葬儀社で・・・ 司会が開式のコメントの中で・・・「ただいまより、○○様の葬儀を、家族葬にて執り行います。」と言った。 これに心が乱された。 最初の「三礼・如来唄」で、心をなんとか建て直そうとするも、落ち着かず、理趣経に入ってナントカ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

宇都宮仏教会

直前まで東京で6時から開かれる「淡座」のコンサートに行くか、4時の会議に行くか、と、いや、ホント、3時頃まで迷ったのだけど・・・ 「地元愛」を採ることにした。エライ!、オレ。 でも、ちょっと心残り・・・ 宇都宮仏教会の総会があった。 今回で、3年任期の執行部が代わり、新しい体制で始まる。 おそらく、活動内容とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聲明の夕べ「五会念佛略法事儀讃」へ

京都・正光寺にて『聲明の夕べ』という法会を聴聞。 「五会念佛略法事儀讃」というものだったが、真言のワタシには「?」。 でも、とても良い法会だった。 昨年は、確か、横浜で上演されたバカなコラボにウッカリ行ってしまい、エラく後悔したままだった。 2年の時を経て訪ねたが、その場に座ると、その時の隔たりを忘れるようだった。 お…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お寺の葬儀・・

あるお寺の、96歳のおばあちゃんの葬儀。 一応、職衆(しきしゅう)というお役目をいただき、おまけに一臈(いちろう・一番年寄り)というポジション。 これは、複雑な心境。 そういう年回りになってきた、ということか。 先だっても、やはり、お寺のおばあちゃんの葬儀があって、近くのホールを使ったんだそうな。 今回もホール。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通常業務へ・・

霜を被った麦の芽が、陽の光を浴びてキラキラしてる。 朝の内、風が無かったので、もうひとつの「ひ〜もし」・・・「お焚き上げ」でございます。 昨日、皆さんが持ってこられた昨年のお札でございます。 これを燃やしながら、昨日までの2ヶ月に及ぶ準備と、それが、一瞬で終わったという達成感を噛みしめる、というか、気抜けしてる感じ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

護摩〜〜〜!

ずっと準備してきたことが、一瞬で終わった感じがする。 関東の南の方では雪が降ったというが、北関東は寒いだけ。 いや、ホントに寒かった。 ワタシだけ「焚き火」で熱かった。 (写真は、ビデオをテレビに映したもの) 本日は、成田山にお勤めの方が職衆にきていただいたものだから、太鼓が成田山のソレだったので気持ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

準備完了〜〜〜ッ!

明日の「初観音護摩供」の準備が、だいたい終わった。 正直言うと「完了〜〜〜」ではない。 でも、ここまでくればできたようなものだ。 副住職が細かい荘厳をしてくれるので助かる。 誰か他人に頼むことはできないので、家内工業のよう。 女房と、副住職とワタシの3人で、殆どをやる。 どこも、こんな感じだろう。 後は、明日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南山進流声明集成(稲葉 阿闍梨バージョン)

平成2年7月の製作だった。 南山進流(高野山)における声明の阿闍梨・・・というか能化様か・・・であった稲葉義猛師の声明を記録したCDを、ヤフオクで入手。 入札で競ってた方、申し訳ない。落札は私でした。m(_ _)m 智山派の私が買ってどうする?・・・という感じでもありますが・・・・ 進流の方は、声明の阿闍梨さんの声を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

棟方志功になる・・?

お札書きが進まない。 なかなか集中ができない。 交通安全のお守りに書くのが老眼で大変。 30cmに合わせた読書用メガネでも、厳しくなって、ついにメガネを外して裸眼で書く。 オレは棟方志功かぁ?!・・・という感じであります。 しっかし、こうやって写真見ると、きったね〜年寄りだわなぁ〜〜〜あ〜あ(>_<…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初詣

宇都宮では初詣は、神社なら中心地にある二荒山神社。 お寺なら多氣山、という感じだろうと思う。 さてさて、神社に行ってお寺に行かぬ訳にはいかぬやろ、ということで、その多氣山へ。 今年から副住職が手伝いに行くことになった。 一日中、祈願の連続。 ワタシも学生の時に一度、犬山の成田山名古屋別院に行って経験した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御年始巡りで・・

お寺の御本尊様のような仏様も良いのだけれど、こういう野にある仏様も、良いと思う。 写真としても絵になりますわな。 みな、何か理由があって造られたものだ。 それが何なのか?・・・今となっては分からないものが殆どだろう。 その、分からなくなるほど、沢山の年月、沢山の人の気持ちが向けられた仏様だ。 寺の中のこういった物も…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

賽銭を電子マネーで〜?!

12月26日のネット版「産経ニュース」に・・・ お賽銭もキャッシュレス 防犯の利点、仏教界には警戒も ・・・という記事が載った。(以下、青字は、記事の引用) 「キャッシュレス元年」とも呼ばれた令和元年も1週間を切った。その波は宗教界にも広がり、神や仏に奉納する賽銭(さいせん)を、電子マネーで受け付ける寺社も出てきた。小銭を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

気分は、お正月・・・?

まだ、業者が「交通安全のお守り」のお札を持って来ない・・・が、待ってても仕方が無いので、書き始める。 よしっ『いだてん』を最初から見るか?・・・と思ったが、ドラマに見入ってしまうので、これはアカン・・・ ・・・ということで、昨年同様『あまちゃん』にしました。 両方ともクドカンじゃん〜。 昼間はアレコレあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寺への敵視に対して・・(続き)

「字数制限」は言い訳にはならない。 字数が足らない場合は、返信→返信・・・で繋げることができるから。 この辺りは、まだ、素直に書いてる感じがする。 実際にボーズから返信が来て、ちょっとだけ焦ってる風でもある。 さて、彼が言う「釈迦仏教」とは何ぞや? これが、前の記事にも書いたように、難題でもあるわけですな。 チナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寺への敵視に対して・・

NHK「あさイチ」で、葬儀の問題が取り上げられました。 それに関して以下のようなツイートをしていた者がいたので、意見しましたが、聞く耳持たないようす。 そのツイートを元に、ワタシの思いを書くことにします。 コイツは、ちょっと仏教をかじった、という感じで、分かったようなことを言っておりますが・・・ 「葬儀で僧の読経が当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

刷り師となる

新橋駅前の宝くじショップ。 この前もそうだったけど、今日も列が出来ている。 「1番」窓口と「7番」窓口に並ぶ人が多い。 ま、結局「運」だから、、せいぜい色々「幸運」を願うわけね。 「相変わらずあるね〜」と虎ノ門ヒルズに向かってつぶやく。 本日は、どうも気が重い。 出てくるのもやっとだった。 ここ数日、気分の谷間…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今回の京都行きの撮れ高

朝の勤行前。 この日は、曇り。 晴れの時には晴れの、曇りの時には曇りの時の写真が撮れる。 決まり切った場所だけど、一期一会なので・・・と思って、ホントは行く予定ではなかった本山の朝詣で。 南口のホテルだし、東寺に行こうと思ってたんだけど・・ このバックの空の様子と、本山の金堂の明かりの感じとのバランスは、これも、一…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あれやこれや、と・・

役員会を終え、来年1月18日「初観音護摩の案内発送の儀」。 本山から来る「宝暦」の到着が遅れて「どした?」と心配したが、ギリで到着。 業者を代えたから、というが、それは関係無いだろ。 宝暦、寺報、払込用紙の「袋詰めの儀」をやり・・・ 京都から帰って「宛名シール貼りの儀」にいそしむ。 これにて「いよいよ・・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more