テーマ:仏教

お寺の葬儀・・

あるお寺の、96歳のおばあちゃんの葬儀。 一応、職衆(しきしゅう)というお役目をいただき、おまけに一臈(いちろう・一番年寄り)というポジション。 これは、複雑な心境。 そういう年回りになってきた、ということか。 先だっても、やはり、お寺のおばあちゃんの葬儀があって、近くのホールを使ったんだそうな。 今回もホール。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通常業務へ・・

霜を被った麦の芽が、陽の光を浴びてキラキラしてる。 朝の内、風が無かったので、もうひとつの「ひ〜もし」・・・「お焚き上げ」でございます。 昨日、皆さんが持ってこられた昨年のお札でございます。 これを燃やしながら、昨日までの2ヶ月に及ぶ準備と、それが、一瞬で終わったという達成感を噛みしめる、というか、気抜けしてる感じ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

護摩〜〜〜!

ずっと準備してきたことが、一瞬で終わった感じがする。 関東の南の方では雪が降ったというが、北関東は寒いだけ。 いや、ホントに寒かった。 ワタシだけ「焚き火」で熱かった。 (写真は、ビデオをテレビに映したもの) 本日は、成田山にお勤めの方が職衆にきていただいたものだから、太鼓が成田山のソレだったので気持ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

準備完了〜〜〜ッ!

明日の「初観音護摩供」の準備が、だいたい終わった。 正直言うと「完了〜〜〜」ではない。 でも、ここまでくればできたようなものだ。 副住職が細かい荘厳をしてくれるので助かる。 誰か他人に頼むことはできないので、家内工業のよう。 女房と、副住職とワタシの3人で、殆どをやる。 どこも、こんな感じだろう。 後は、明日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南山進流声明集成(稲葉 阿闍梨バージョン)

平成2年7月の製作だった。 南山進流(高野山)における声明の阿闍梨・・・というか能化様か・・・であった稲葉義猛師の声明を記録したCDを、ヤフオクで入手。 入札で競ってた方、申し訳ない。落札は私でした。m(_ _)m 智山派の私が買ってどうする?・・・という感じでもありますが・・・・ 進流の方は、声明の阿闍梨さんの声を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

棟方志功になる・・?

お札書きが進まない。 なかなか集中ができない。 交通安全のお守りに書くのが老眼で大変。 30cmに合わせた読書用メガネでも、厳しくなって、ついにメガネを外して裸眼で書く。 オレは棟方志功かぁ?!・・・という感じであります。 しっかし、こうやって写真見ると、きったね〜年寄りだわなぁ〜〜〜あ〜あ(>_<…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初詣

宇都宮では初詣は、神社なら中心地にある二荒山神社。 お寺なら多氣山、という感じだろうと思う。 さてさて、神社に行ってお寺に行かぬ訳にはいかぬやろ、ということで、その多氣山へ。 今年から副住職が手伝いに行くことになった。 一日中、祈願の連続。 ワタシも学生の時に一度、犬山の成田山名古屋別院に行って経験した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御年始巡りで・・

お寺の御本尊様のような仏様も良いのだけれど、こういう野にある仏様も、良いと思う。 写真としても絵になりますわな。 みな、何か理由があって造られたものだ。 それが何なのか?・・・今となっては分からないものが殆どだろう。 その、分からなくなるほど、沢山の年月、沢山の人の気持ちが向けられた仏様だ。 寺の中のこういった物も…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

賽銭を電子マネーで〜?!

12月26日のネット版「産経ニュース」に・・・ お賽銭もキャッシュレス 防犯の利点、仏教界には警戒も ・・・という記事が載った。(以下、青字は、記事の引用) 「キャッシュレス元年」とも呼ばれた令和元年も1週間を切った。その波は宗教界にも広がり、神や仏に奉納する賽銭(さいせん)を、電子マネーで受け付ける寺社も出てきた。小銭を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

気分は、お正月・・・?

まだ、業者が「交通安全のお守り」のお札を持って来ない・・・が、待ってても仕方が無いので、書き始める。 よしっ『いだてん』を最初から見るか?・・・と思ったが、ドラマに見入ってしまうので、これはアカン・・・ ・・・ということで、昨年同様『あまちゃん』にしました。 両方ともクドカンじゃん〜。 昼間はアレコレあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寺への敵視に対して・・(続き)

「字数制限」は言い訳にはならない。 字数が足らない場合は、返信→返信・・・で繋げることができるから。 この辺りは、まだ、素直に書いてる感じがする。 実際にボーズから返信が来て、ちょっとだけ焦ってる風でもある。 さて、彼が言う「釈迦仏教」とは何ぞや? これが、前の記事にも書いたように、難題でもあるわけですな。 チナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寺への敵視に対して・・

NHK「あさイチ」で、葬儀の問題が取り上げられました。 それに関して以下のようなツイートをしていた者がいたので、意見しましたが、聞く耳持たないようす。 そのツイートを元に、ワタシの思いを書くことにします。 コイツは、ちょっと仏教をかじった、という感じで、分かったようなことを言っておりますが・・・ 「葬儀で僧の読経が当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

刷り師となる

新橋駅前の宝くじショップ。 この前もそうだったけど、今日も列が出来ている。 「1番」窓口と「7番」窓口に並ぶ人が多い。 ま、結局「運」だから、、せいぜい色々「幸運」を願うわけね。 「相変わらずあるね〜」と虎ノ門ヒルズに向かってつぶやく。 本日は、どうも気が重い。 出てくるのもやっとだった。 ここ数日、気分の谷間…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今回の京都行きの撮れ高

朝の勤行前。 この日は、曇り。 晴れの時には晴れの、曇りの時には曇りの時の写真が撮れる。 決まり切った場所だけど、一期一会なので・・・と思って、ホントは行く予定ではなかった本山の朝詣で。 南口のホテルだし、東寺に行こうと思ってたんだけど・・ このバックの空の様子と、本山の金堂の明かりの感じとのバランスは、これも、一…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あれやこれや、と・・

役員会を終え、来年1月18日「初観音護摩の案内発送の儀」。 本山から来る「宝暦」の到着が遅れて「どした?」と心配したが、ギリで到着。 業者を代えたから、というが、それは関係無いだろ。 宝暦、寺報、払込用紙の「袋詰めの儀」をやり・・・ 京都から帰って「宛名シール貼りの儀」にいそしむ。 これにて「いよいよ・・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

浄土宗の「舎利講式」

京都で連日の聲明聴聞。 春に母が転んで骨折となってから、身動きが取れない状態になっておったですが、私にとって興味深いイベントが続くので、思い切って出かけることに。 今回は、浄土宗の法要で「舎利講式」。 法然上人の作と言われるも、定かではない。 ウチにも、興教大師・作という講式があるのだけれど、怪しい。 昔はそういうこと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

声明独演会?

12月6日。 京都の「P-act」という、とっても小さな芝居小屋かライブハウスか?というところで「梵唄聲明」という「独演会」があった。 独演会の主は、浄土真宗本願寺派の方。(お西) 実は、声明の研究を始めた頃、この方のブログを見ていた。 それが、後にFacebookで知り合うことになろうとは・・・という関係でございます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまにはビデオ

宇都宮仏教会主催の「仏教文化講演会」。 今年は、脚本家の森下佳子さん。 大阪府出身。 母方の祖父は神社にルーツに持ちながらも、キ リスト教に帰依。父方の祖父は宮大工。 宗教に 関しごった煮のような環境の中で育った結果か その結果ではないのか定かではないが、東京大 学で宗教学を専攻。 卒業後、リクルート勤務を経て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋色

あれよあれよで1年が過ぎ、もはや12月。 10月11月が忙しくて、みるみる時間が過ぎた、という感じがしている。 昨年の今頃思った「来年こそ・・・」も、殆ど成さず、振り返れば、ただイタズラに時が過ぎたと思う。 んで、また思う「来年こそは・・・」 この繰り返しか・・・ ・・・とも、言ってられない。 残された時間は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

赤ちゃんの葬儀

ここんとこカメラのコトばっか書いておりますが・・・ハッキリ言って、現実逃避でございます。 ちょっとアレコレ忙しい。 日曜日の朝イチで、赤ちゃんの葬儀をしました。 生まれてすぐ亡くなった赤ちゃんの葬儀は何度かやっておりますが、双子の赤ちゃんのひとり、というのは初めてであります。 施主さんにとっては、お目出度いのと悲しいのが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蛙の声明

12月1日、東京・東久留米にある教会「聖グレゴリオの家」という所へ。 前にも一度行っておりました。 →「四座講式800年」 https://e-bozu.at.webry.info/201411/article_15.html 「グレゴリオ」というのは、グレゴリオ聖歌というもので、主に9世紀から10世紀にかけて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日々是口実

だいたい、1月の中旬くらいまでに葬儀をした家が、12月上旬までに繰り上げて法事をするので、10月下旬から12月上旬まで、法事が入ってて、カレンダーの予定がゴチャゴチャしてる。 かなり予定がキツイところへ「四十九日」の法要が入る。 これは、動かせないので、どうしても1時とかになっちゃう。 予定が入って無かった12月の22日に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檀信徒総代連絡協議会・・・と、浪花節

寺関係の集まりに「檀信徒総代連絡協議会」というものがある。 「連絡協議会」という名前がヨクワカンナイ。 ほとんど「協議」はしていない。 これに「支部総会」と「教区総会」ってのがあって、ヤヤコシイ。 それぞれの寺には「役員」という人がいる。 昔「世話人」と言っていた。 コッチの呼び名の方が相応しいな〜。 「宗教法…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

御詠歌各流大会

宇都宮仏教会・主催、栃木県仏教会・後援による「御詠歌各流大会」というものを開催しました。 宇都宮仏教会執行部任期3年に1回の開催。 前回は、人事がゴタゴタしてできず、今回は6年振りということになりますか・・。 それにしても、皆様の緊張感が、痛いくらいに伝わってきます。 「頭(とう)」という、最初の句をソロで歌う人など、緊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の三回忌・・・

本日、法類の住職・副住職にお願いして、父の三回忌を無事終了ナム。 諸般の事情により、ギリギリや・・・。 丸二年、早いような、長かったような・・・ 「もう2年か・・・。まだ2年か・・・」 父が亡くなる前に住職になってはいたものの、いざ、いなくなると、そのい存在感というものが俄然大きく感じられてくる。 要するに「い…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

いわゆる「終活」について、葬儀周辺の事象から考える(その2)

6、「葬儀」を考える  そういった核家族の人も、というか、だからこそなのか、ここに来て急に老後のことを考えるようになってきた。  さすがに老境にいたり、友人知人、親戚の葬儀も増えて、さて、自分の問題として考えたとき、そういう知識の無さに慌てるということでもあろうかと、思う。  ・菩提寺が無い(宗教が無い)  ・葬儀に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いわゆる「終活」について、葬儀周辺の事象から考える(その1)

10月10日、ある自治会の老人会から依頼を受けて「終活」について会話をしてくれ、というので、作ったレジュメ・・・というか、時間が無いので、話しきれないことを念頭に、文章にして読んでもらおうと思って作ったものを載せます。 現代の葬儀を取り巻く問題点 1、終活?  近年「終活」という言葉を聞く。なんでも「活」を付けて流…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アレヤこれや、と・・

宇都宮仏教会主催の御詠歌大会の準備とか・・色々あって、イッパイいっぱい・・・な感じになってきた。 普段が「ボ〜〜〜〜ッ」と生きてるので、キャパを越えると、石田三成ではないが、腹が痛くなる。 会のエキシビションとして、青年会にお願いして、青年会の中の密厳流(真言宗智山派のご詠歌)で模範奉詠をして欲しいとお願いした。 密厳…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京へ、お勉強。

JP東日本『トランヴェール』に「のん」さんのステキな笑顔をみつけて、とっても良い気分で東京へ。 ガンバレ〜!・・・って感じ。 ここに来て色々露出してきた感があるが、テレビの地上波には出ない。 『いだてん』も『なつぞら』も、期待したが出ず仕舞い。 テレビよ、もっと毅然とした態度をとれんかね〜? 東京別院にて、智山伝法…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

秋色、秋景色

なかなか良い顔をされている仏様。 色々撮ってみる。 お地蔵様、ってことでよいのかしら〜ン? 昔のお墓。崩れて誰なのかは分からない。 削りやすい石は、つまり風化しやすいということ。 昔の墓石は一人か、夫婦。兄弟というのもある。 「○○家先祖代々の墓」というのは、大正時代くらいからコッチだと聞いた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more