テーマ:仏教

火遊びを 国宝でする 二月堂

そうか、僧か、創価・・・「お水取り」か・・・。 ・・・って、おいおい、ニコ生中継かい?! 何てことすっかなぁ〜〜?! 巫女生・・・いや、ニコ生中継でお気軽に見過ぎでしょ、みなさん。 でも、この流れるコメントを見てると、知らない人も多いようだし・・・ でも、これで来年増えちゃ困るな〜〜 タダでさえ、ここんトコ増えち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日々是口実・・

植木屋さんが入って、2本ある大きな銀杏の枝落とし。 何年かに一回やらないといけない。 子供の時、台風が来て、途中から大きく折れて落ちたのを覚えている。 ユニック?のゴンドラみたいなので上がるのは、本堂の屋根くらいか? 以前、本堂屋根の飾りの修理で足場が架かった時に、高所恐怖症に鞭打って登ってみた。 あの高さに、アレで昇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

研究、一段落〜〜

ここんトコ、ず〜〜〜っと論文的なものに取り組んでいる。 3月に2回、青年会の皆様にお話するためのレジュメを作っている。 1回目の分は早々に仕上げて、2回目のにかかって、ようやく形になった。 1回目のは、これまで書いたものを整理したものだったので、スグできた。 それをやっつけてから、2回目の分。 これは、研究をまとめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涅槃会

2月15日は涅槃会。 涅槃会は、できるだけ、どこかのお寺の法要を聴聞したいと思っていて、去年は、奈良の興福寺と法隆寺に行った。 最近ご無沙汰「法会の女人」さんのご指導で、この二カ所を1日に聴聞できた。 中国で大変なことになっていて、中国人が国から出られず、よって、奈良公園にも中国語が聞こえず、これは素晴らしい!・・・と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毘盧(遮?舎?)那如来〜〜〜〜〜〜〜

3月にやる青年会の勉強会に使うレジュメの、1回目の分がだいたい出来たので、2回目の分に入る。 これは、自分でも、新たに考えるものなので、まあ、1ヶ月はかかるかな? ・・・ということで、1回目のを早めに終わらせて、2回目のにかかる。 またキーボードを出して、阿闍梨さんのCDから音を探る。 とっかえひっかえ本を見る。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鰯の頭も・・・

「鰯の頭も信心から」 信仰心が深いとどのようなものでも尊く思えてしまうこと。鰯の頭は、つまらないもののたとえ。もともと節分の際に鬼除けとして用いられる「柊鰯」に由来するとも言われる。【weblio辞書】 【意味】 鰯の頭のようなつまらないものでも、信仰すれば非常に尊い物に見えることから、信仰心の不思議さをたとえたことわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お勉強・・・

3月に、地元の智山青年会の皆様に、おこがましくも、講習会のようなことをさせていただくことになった。 いま、その資料を制作中。 得意のInDesign直接打ち込みの儀。 声明(しょうみょう)という節の付いたお経に関する研究をしてきて得たモノを皆様に伝えたい、ということで、青年会長さんにお願いして、皆様の勉強会に加えていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多氣山を撮る(α6400)

α6400+シグマ30mm(APS-C用)、換算45mm。 全部、F1.4開放。 画角は45mm相当だけれど、ボケ具合は焦点距離30mm相当。 もうちょっとボケて欲しいか、な? 次女が配信をやるみたいで、いずれその用途になる予定で、それまで、私が試しに動画を撮ってみよか、と思ってるα6400。 簡単に持ち運…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

宇都宮・多氣山・初不動

本日、初不動。 平日なれど、多氣山の護摩供には、結構お参りがある。 明後日が、大安の土曜日なので、明後日のお参りが多いのかも知れない。 分かってる人は、三が日の初詣より、初不動でのお参りなのだと思う。 今年は、特にコロナの影響があるのか、やっぱり・・・な感じの人出。 カメラはSONY α7RⅢ+ヤシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お勉強・・・

声明(しょうみょう=節が付いたお経)の研究と言うほどでもないという中途半端な気持ちで、あれこれ聴聞に訪ねたり、本を買ったり読んだりしていたものの、根っからのいい加減な性格で、コレまでおおよそ20年間、ボ〜〜〜〜〜ッと過ごしてしまったことを反省して、ちょっと動こうと思っている。 研究誌の発行もなんとかしたいと思いつつ、コロナ禍で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文殊様

1月25日は、文殊様のご縁日。 「三人寄れば文殊の知恵」といわれるように、智慧の文殊と言われている。 故に、学業に御利益ある仏様。 文殊は梵語の「マンジュシュリー」を音写した文殊師利(もんじゅしり)からくる。 『文殊師利般涅槃経』によると、舎衛国の多羅聚落の梵徳というバラモンの家に生まれたとされる。 また一説に釈迦…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

孤独。命。SNS。

「孤独が辛い」 「自分は独りだ」・・・と夜中にTweetする人がいる。 「大事なことやと思うんです。ひとりだという自覚は。」 「五蘊を意識すると、独りということが認識できると思いますよ。」 ・・・と答えるボーズがいる。 違和感を覚える。 なんだか、ボーズの言葉が、歯の浮く言葉に見えてくる。 なんだか、自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日もお焚き上げ〜〜〜

無風だったので、今日もちょこっとお焚き上げをば。 またまた、色々混じってる。 善光寺のまであるゾぉ〜〜〜っと (^^) 年に1度の祈願法要を終えて、少しはゆったりできるかな?と思いきや、葬儀が続く。 3件続いて入り、現時点で、まだ終わっていない。 ソコへ、また一件入ってきた。 なんと、昨日お札を取りに来た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お焚き上げ・・・

護摩の翌朝、幸い風が無かったので、皆様のお札を早速お焚き上げ。 昨日の護摩供も良い火が上がったけれど、ここでも、例えば向こう側にお不動様を置いて、護摩の修法をすれば良かったのか?・・・と思うが、まあ、そうではないだろうな〜、と。 火を以て清める、というような感覚は、世界共通にあるものではないだろうか? お焚き上げの形は…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

初観音大護摩供

当山、初観音大護摩供、厳修ナム。 「無観客」・・・は、寂しいですな。 坊さんも、最低限。いつもの半分か? 暖房はかけていても、空気の流れを作ってるので、結構寒い。 声を出し過ぎると感染予防の観点から良くないので、六〜七分の声で♡とか言ったりしたものの、やっぱり、法要が始めると目一杯の読経というかんじになっちゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の多氣山

本日も葬儀の帰りに多氣山に寄る。 α7Ⅲ+フォクトレンダー35mm f1.7、全部開放で撮る。 この前の写真と見比べていただくと、レンズが違うと撮る物も、撮れる写真も違うということが、おわかりいただけますかね〜? 今日は土曜日で、結構賑わっていたけれど、逆に人が写ってない写真になってもうた。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

多氣山へ・・

葬儀から、火葬場へ行き、その帰り道、宇都宮・多氣山に寄る。 ニコンZ 6+24-200mm持参。 こういう被写体の色の出方が好き。 この赤が出なくて、フジは処分したようなもの。 今のフジはどうなんだろか? 人が少ない。 風花のような雪がチラホラと。 寒い。 思った以上に人が少なかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮・多氣山

宇都宮・多氣山・持宝院。 例年でも参拝客は少なくなって来る頃だけれど、分散参拝とか、不要不急の外出自粛のお願いだのがあってか、少ない参拝客。 ちょっと寂しい感じもする。 成田山とか、川崎大師とかでも、20〜30%というような数字なので、致し方ないというところだろう。 ただ、参拝時期をずらしているのか? お参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御年始回りの中で・・

2日。 お寺の御年始をどうするか?と思っていた。 自粛?・・・みんなどうするんだろ? 誰か回って来られたら回ろうかな・・・と思っていたら・・・ 午前中に、ある住職が回って来られたので「そうかそうか」と言いつつ、午後に、私も回ることにする。 伺ったお寺はどこも住職がいらっしゃらなかったので、皆さん、御年始に回っているので…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

相変わらずの年末年始

大晦日もお札書きをして、元旦も変わらず。 気分一新とゆきたいが、雑然としたまま、年を越すのが常。 今日も京都で・・・いや、今日も今日とてブラック魔王・・・ 交通安全のお守りを書く。 メガネでは見にくく、裸眼で、棟方志功になって書く。 「明日のために・その1」・・・お札書き。 右肘を脇の下から離さぬ心構えで、書くべしッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年〜〜〜〜〜〜〜

なんだかんだで、年が明けました。 いつも、駄ブログをご覧いただいてます皆様、今年もよろしくで、ございます。 ウチは、副住職が練習も兼ねて(忘れないように)、護摩をフルサイズでやって、私が除夜の鐘と、0時より読経で、初護摩祈願。 無事終了なむ。 除夜の鐘も、どうなるかな?と思っておりましたが、来られた方は、15人くらい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

除夜の鐘と煩悩と・・・(その2)

仏教のテーマは「煩悩」と言って良い、と思う。 「わずらい」と「なやみ」。 「なやみ」と「なやみ」とも読める。 己を悩ますモノ、ということだ。 煩悩の元は「苦」。 「煩悩ゆえに苦しむ」というような解釈が多く見られるが「苦」とは「思い通りにならないこと」であって、その根本を、お釈迦様は「生老病死」の四苦と悟る。 これを「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

除夜の鐘と煩悩と・・(その1)

さてさて、大晦日ということでありますが、本年最後くらいは(^^)、仏教的なことで締めくくりませう。 大晦日と言えば、除夜の鐘。 「除夜」は大晦日の夜、ということで、鐘を108回突くのは、それが煩悩の数だから、と言われている。 人間には6つの感覚器官があって、それを「六根」という。 「般若心経」にも出てくる、眼(げん)・耳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

限界を知る・・されど、ただ黙々と・・

聲明《月の光言(こうごん)》には、大いに刺激を受けた。 はやく、コロナが収まって、アチコチの法会に出かけたい。 声明に関する文章をまとめた本を作りたい。 その前に、己の作文がど〜もアカン、という気持ちになってる。 ブログ記事を「ほぼ日更新」でやってきたけれど、このパソコンに打ち込む作業が、イヤになってきた。 書き殴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聲明《月の光言(こうごん)》〜明恵上人集より〜

静岡音楽館AOIというホールで、標題の声明講演。 日本人と自然 〜自然、そして人間に対する、あたたかく、深い、細やかな思いやりの歌〜 自然との合一という 「もうこれ以上はない静寂」の中心に、 心身ともに透明で 「美しい人」の顔が浮かび上がる。 ・・・とキャプションが付く。 唄(ばい)〈あかあかや〉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「すんげぇ車」って?!

Twitterにこんなコメントが流れてきた。 「すんげぇ車に乗ってるなぁ。運転手付きってか。基本なんとも思ってないからナチュラルにこういう写真載せるんだろうな。」 ・・・と。 これは、高尾山薬王院に新しく就任した貫首様が、総本山・智積院に挨拶に行った時の物。 このTwitterだと、誰が乗ってるのかがワカラナイ。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

小銭貯金と、歳末助け合いと・・

前にも書いた「小銭を持たない貯金法」で、またそこそこ貯まった。 今回は、そもそもコロナで出かけない、買い物しない・・・ということが続いたので、貯まるのに時間がかかった。 いつもなら「カメラ貯金」と言いたいところだけれど、そもそも皆さん大変な時に「カメラカメラ〜」などとノーテンキなことも言ってられまい、という意味もちょっとあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声明の、音探しの旅

正月のお札の申し込みはドンドン来るのに、業者からのお札の納品がまだ。 お〜〜〜〜〜い!! ・・・何にもできない。 しゃ〜ないので、思い出したように、声明の音探しの旅。 声明の初重・二重・三重という音の高低のグループがあるけれど、これは声明曲によって違うのか? 四座講式、釈迦念仏、光明供と・・。 四座講式の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月8日

今日は何の日? 我がナビ子ちゃんは「針供養の日」とのたまっておる。 「事納め」なんだそうな。 2月8日が農事を始める「事始め」とか。 対米英開戦記念日(太平洋戦争開戦記念日)。 ジョン・レノン忌。 新型武漢コロナウィルスが認められた日。 ・・・そして「成道会(じょうどうえ)」m(_ _)m 成道会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鎌倉期の密教文学」

東京別院・真福寺にて、智山勧学会主催「智山談話会」 髙橋秀城先生による「鎌倉期の密教文学」というテーマのお話。 ホント、文学をされる方は尊敬する。 「この作品のこの部分は、あの作品のあの部分の引用である」とかいうことは、とにかく、あらゆる作品を読んで、それが頭に入ってないとできない。 例えば『弘法大師著作全集』とかを見て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more