テーマ:カメラ

あれあれ・・

・・・ちゅうてたら、出たわ、鮮明なの。 ええんちゃいまっか〜?! よかよか・・・ ゴツいね〜。 ニコンやね〜〜。 出っ張りが・・・なぁ・・・でも、コレがデカイということは、見やすいということ、ですかね・・・? あ、でも、ストロボが入ってそうな気もする。 レンズが暗いのは高感度性能に任せて、コンパ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ニコンZ 50・・・リーク画像

「デジカメInfo」に、ニコンZ 50のリーク画像が出た。 こうなると、発表はモウスグ、ということなんだろ。 楽しみ。 以前でたこういう意匠イラストのような「出っ張り」無しでは無かったのか・・ こういうのが良かったんだけど、な・・・ この図を見ると「出っ張り」が取り外し可能、という希望的観測は、まだ持てる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パナソニック20mmF1.7を使う秋景色

もう10月かよぉ〜〜〜!! ・・・という思いをかみしめつつ、でもどこへも出かけられず、ただ、境内をウロウロ。 蝶々を見ては行く秋を思い、枯れ葉を見ては己の往く先を考える。 トンボを見ては自分もまだまだやれると思い、落ち葉を見てはもうダメやぁ〜と思う。 久し振りにパナソニックGX7 MarkⅢ+20mm…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

昔の写真あれこれ

過去の写真を、デジカメになってから、概ね古い順に整理しているが、思い返されることが多い。 ガンダムか・・・。お台場に立った最初の1/1モデル。 これを見て「地上でのガンダムはあり得ない」と思ったのだった。この鉄の塊は、倒れたら自重で壊れる。 しかし、この風景ほど胸が高鳴ったものはない。 子供の頃から見てきた、アニメと…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ZとDX・・

ニコンD7500が殊の外良かったので、最初の気持ちは「望遠着けて動きモノ専用」のつもりだったのが、常用で行けるんじゃないか? AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VRとか着けて・・・と夢想。 換算24-120mmだし、と。 んで、Z 6とD7500を並べてみたら、大きさが如実に違う。 幅…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ニコンD7500〜〜!

007さん、やっちまいましたよ、やっぱ・・・(^^;) Z 6を使ってみて、どうも、というか、やっぱ、というか、動きモノへの対応はまだまだのようです。 まあ、予想通りでしたが・・ そのためにD750を残そうかと思ったのですが、一度「処分しよう」と思ったら、気持ちは一直線なんですよね。 D750をはじめ、諸々を処分して…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ニコンZとソニーαと・・・フルサイズの実力

ミラーレスの便利さで、液晶ファインダーを見ながら、両手を上に伸ばしてハイアングルで撮れる。超広角とこの撮り方で、しかも、この暗さで手持ちで撮れるという、これは有り難し!!・・・でありますな〜。 ニコンZ 6+14-30mm。 高感度の領域で、このコクとキレは大したモンだと思う。 この日は、ニコンもソニーも、ホワイトバラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

SONYの魔の手、α6600

ソニーは、APS-Cミラーレスカメラ「α6600」を11月1日に発売する。価格はオープン。店頭予想価格はボディ単体(ILCE-6600)が税別16万円前後、E 18-135mm F3.5-5.6 OSSが付属する高倍率ズームレンズキット(ILCE-6600M)が20万円前後。 (デジカメWatch) これにより、α6500と…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

夏の終わりに、アレヤコレヤと・・

今回、エンディング産業展の取材は、パナソニックGX-7Ⅲ+15mm。 ホントは、8-18mmを持って行くはずが、着け換えるのを忘れたまま出かけてしまってアウト。 一応、GRⅢを持参したが、折角なのでパナソニックで撮る。 GRⅢ一台で良かったかも知れないかも知れないかも知れないが・・・ パナソニックは、ピントがスパッと合う…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ニコンZのAPS-C??

「意匠ウオッチ」というサイトにニコンのカメラの意匠が登録されている、ということを「デジカメInfo」というサイトで見た。 一眼レフと同様、同じレンズを違う画角で使うということはメリットもある。 焦点距離と画角に対する軽い混乱・戸惑いはあるが、便利さが勝つ感じがする。 これで、DX用のレンズが出てくればかなり面白くなる。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

街の断片・・・・・

先日、梅雨のまにまに撮った選挙ポスターの写真を現像。 ポジを持って馴染みの写真屋さんに行くのも久し振り。去年の夏に撮ったカミナリの写真も混じってた。 大部分は、梅雨に入る前に撮ったもの。 マミヤ7Ⅱ+43mm。 すべて、この組み合わせ。 快晴の日、露出は固定。ベルビアを入れて、1/250、f8。晴れた日の順光で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

封入戻し発送の儀

よくコメントをいただく「007」さんもカメラ機材の断捨離をされたとか。 時を同じくして、ワタクシも、整理しますた。 もはや、ニコンD750は使わないであろう、と思われ、フルフレーム一眼はニコンZ6一本にすることにした。 当面、Z 6で、14-30mmと、24-70mm。それに、アダプタを使って70-200mmF4。マクロ6…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

SONY α7Ⅳ・・・かぁ〜

ま、どうでもいいけど・・・という感じのモノだった。 ・世界初のフルサイズ6100万画素センサー ・APS-Cクロップで2600万画素 ・ピクセルシフトで2億4000万画素 ・ダイナミックレンジは15EV ・5.5段分の効果の5軸ボディ内手ブレ補正 ・連写はAF/AE追従で10コマ/秒 ・567点位相差AF測距点、画…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夢は枯れ野を駈け巡る

塔婆の山を横に、鶴の機織り状態のワタシ。 ボケた母のこともあり、なかなか出かけられず、ただ黙々と塔婆を書く。 同じ姿勢でいると、来客のピンポ〜ンが鳴っても、電話が鳴っても、立ち上がろうとして・・・急に腰が伸びない。 ・・・というようになっても〜た年寄り〜でございます。 録音したラジオ番組や、ラジオのCDを聴きながらの作業…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Z6と D750と GX7と・・・

やることがないので・・・いや、やることは山ほどあるのにやる気が起きず・・・ カメラの比較でもやるか、また・・・という感じ。 まずD750+24-120mmの24mm。 画像処理エンジンEXPEED 4。 D750+24-120mmの24mmで撮って等倍。 2432万画素。ローパスフィルター有りのせいか、ボヤッと…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

なんやかんやでカメラ関係の話しに持ち込む

先日の結婚式で、ニコンZ 6実働。 お寺での仏前結婚式はニコンZ 6+24-70mmF4。 フラッシュオートが良かった。 ミラーレスでどうやって測光しているのワカランですが、案外ピッタリでした。 プログラム・オートで試しに撮ってみて、オッケーな感じだったので、終始それで撮る。 ただ、当然中は暗いので、人物を撮ると、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

やめちゃったわけぢゃなかったのね~~!

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、世界最高水準の粒状性と立体的な階調再現で超高画質を 実現し、幅広い分野の撮影に適した、黒白フィルム「ネオパン100 ACROSII(以下、「アクロスII」)」を新たに 開発しました。2019年秋に、35mmサイズ、ブローニーサイズの2種類を発売する予定です。 当社は、黒白フィルムの需…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

デジタルカメラ遍歴

これまで撮ってきた写真の中から、本山を撮ったものを抜粋して、整理ちう。 デジタルになってから、色々ジタバタと新型カメラに踊らされてきた経過が手に取るようにわかる。 これまで使ってきたカメラのアレコレ善し悪しが見えてくる感じ。 まず、最新のZ 6は、これまで使ってきたカメラで一番良い、ということは分かった。 マウントア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パナソニックG99、いじってきた

世界初のミラーレス一眼という大発明だった、パナソニックG1は、良いカメラだった。 キットレンズも良いレンズで、これで大概の物は撮れると思って喜んで使っていたのでございます。 ホントに、気軽に使えて良く写る。 その延長線上に、G99はあるという感じ。 G9はちょっ大きく、肝いりのファインダーが実は良くなくて、未だに手を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Eマウント Zeiss 35mm F2.8

確か、α7Ⅲになって、α7Ⅱとはセンサーが変わったんだったと思う。 SONYのαシリーズに手を染める手始めに、安くなっていたα7Ⅱを買ってみたのでありました。 フルサイズセンサーを使ったコンパクトデジカメDSC-RX1の、ネット上で見た色合いがいいな~と思っていて、おそらく、そのDSC-RX1とα7Ⅱのセンサーは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NIKKOR Z 14-30mmで撮ってみた新緑の多氣山

ニコンZ 6と NIKKOR Z 14-30mの組み合わせは正解でありました。 フジの10-24mmを処分したことへの後悔とかも吹っ飛びました。 光が変わり、レンズも変わると、色んな仏様とかが、色んな顔を見せてくれる。 アクティブ-D-ライティングという、暗部補正をいれてるんだけれど、「普通」でも、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

NIKKOR Z14-30mmで撮ってみる

天気良く、されど遠出はできぬので、久々火葬場へ行った帰り、多氣山・持宝院へよる。 ニコンZ 6に、NIKKOR Z14-30mmを着けて撮ってみる。 最近使い慣れた16-35mmとは、2mmの違いだけど、それは大きな違いになってる。 画角の感覚が違う。 本堂に着いたら、ちょうど護摩の最中。 二人と三人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニコンZ 14-30mm F4

ニコン初のフルサイズ・ミラーレスに飛びついたのは、どうせ買うのなら初期型からいって、徐々にシステムを揃えないと、後でジタバタしそうだったから、ということと、このズームが使いたかったから。 両方とも「不見転」で買ったのは、まあ、昔からニコンを使っていて、それなりに信頼をしているということ。 「ニコンなら大丈夫」という、何の根拠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G99×Z 6・・比較検討の巻

パナソニックG99について、夢想する。これが楽しい。 G99。幅 約130.4mm x 高さ 約93.5mm x 奥行 約77.4mm。 イイあんばいの大きさだと思う。 メインをニコンZ 6+24-70mm&14-30mmにして、サブをG99+50-200mmという組み合わせもできるか? ・・・いや、それなら、ニコンの70…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

これいいな、LUMIX G99

G8の次が「G9」になって、大きく変わってしまったから、さてG8の後継機はどうなるの?・・・と思ったら・・・G99か。 プロ用途を意識した上位機種のLUMIX G9 PRO(2018年1月発売)に対し、G99はG9 PRO譲りのハイエンド機並み性能と操作性を求めるハイアマチュアに向けた兄弟機という位置づけ。2016年10月発売…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パナソニックG8後継機?の噂・・・というか、リーク

前の記事に「パナソニックはG1の感じのを造ってほしい」と書いた直後・・・おっとどっこい~ですよ。 「デジカメInfo」に、パナソニックG8」の後継機とおぼしき機種のリーク画像が~! 良い感じのサイズ感です。グリップ大きいけど、全体にそんなに大きくない感じ。 G9は、とにかく、その大きさが難で、パナソニックはフルサイ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

万能なカメラは無いもんだ・・

デジタルカメラの時代となって、昔では考えられなかったモノがやコトが撮れるようになった。 高感度も、ポジでは増感で1600が良いトコ。それも粒子が思い切りでるし、コントラストも高い。 明らかに、常用ではない。 ネガの1600が出て、かなり使えるようになったとはいえ、その感度は特殊だった。 それが、高感度に弱いというマイ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

GRⅢ(比較)

キヤノンG9xという超小型1インチセンサーデジカメの置き換えのためのGRⅢ。 キヤノンとの比較で「やっぱり違うな」という結論を導くテスト。 GRⅢ。ええですな。 パナソニックGX7Ⅲ+15mm F1.7。これは、発色がええですな~。レンズもいい。 んで、G9x。ここで「やっぱ・・・」感が出て参ります。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

GRⅢ 試用

先ずは歪曲。 う~~~ん、若干の、いわゆる「陣笠タイプ」ってヤツですな~。おしい。 やっぱ、小さいレンズが無理してるですかね~。 まあ、気になるほどでもないですかね~? こういうメモ的スナップが、ポケットから出して、ササッと撮れるのが一番。 やはり、1インチセンサーのコンデジより、ちょっと良さを感じます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リコーGRⅢ

ヨドバシの言う通り、発売日に来ますた~。 実は、リコーのGRというカメラは、フィルムの頃から、そのデザインが嫌いだった。 そのデザインは、「これこそがGRのアイデンティティだ」というかたちで、ずっと踏襲されてきた。 相変わらず好きではないものの、その「実用性」から、遂に、買ってしまったワタシですた。 ・・・面目ない。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more