テーマ:

お盆を前に・・・

お寺関係の新盆も2件あり、まぁ、我々の場合、盆中のお参りが、ほぼ、事実上、できないので、盆前に行くことをお許しいただく。 お互い様、ということで。 で、朝から、その2箇所にお参り。 極めて暑い! 暑い日差しの中で、涼しげに蓮が一輪咲いていた。 住職が逝去されたのは、新年になったばかり。 年賀状、出しそう・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お盆を前に・・・

施餓鬼会が終わると、毎日、塔婆を取りに来られる方の対応に追われる。 今年は、圧倒されるくらいに塔婆があったが、じわりじわりと日々減ってくる。 今年は、疫病退散のお札も置くと・・・皆さん持ってゆかれる。 ここへ来ても、退散どころか、イキオイが増しているかのような新型武漢コロナ。 こうなると、神仏にもすがりたくなる、とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウカウカしてると羽化しちゃうゾぉ〜〜〜っと。

夜になると、もう秋の虫が鳴き始めたころ、ようやくセミの「羽化」が撮れた。 午後5時半、地面を歩いている一匹の幼虫があった。 こいつ、意外に早く歩く。 どこ歩ってるんじゃ〜 この後、速攻に落ちそうになったので、助けて、木の根元に置いた。 登るのを見たが、その後見失った。 8時。 背中が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

施餓鬼会、終了ナム。

今年のイレギュラーの施餓鬼会、無事終了。 無事か?・・・というと「??」でありますが。 初めてのことなので、なんとも評価のしようが無い、というところ。 いつもなら12〜3人のボーサンを呼んで、助法いただくのを、住職&副住職だけで行なう。 参列も、役員さんの一部だけ。 実は役員さんから、塔婆の申し込みとかでお家を回っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セミ、蝉、せみ・・・

相変わらず、セミの抜け殻を撮る。 今年の夏は、これを撮る。飽きるまで撮る。 蚊に刺されながら、撮る。 ようやく羽化の写真が撮れた。 羽化は、朧気ないい加減な記憶で、何となく明け方だと思い込んでいたら・・・ ググったら・・・夕方だったのだった。 生まれてくるセミも…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

梅雨明け

ようやく、梅雨明け、らしい。 やっと、お月様とお日様が顔を出した、という感じ。 7月における日照時間の短さは記録的だったそうな。 ウチでは、なんと、書院の畳にカビが生える、という事態になった。 表替えをした畳が多かった。 新型コロナ対策で、法事に来られた皆様に書院で待ってていただく、ということをやめて、直接本堂…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今日の抜け殻・・・

オリンパスE-M1 MarkⅡが面白い。 60mmマクロと、深度合成という機能の組み合わせが楽しい。 驚くほど細部の描写をしてくれる。 「さすが、顕微鏡のオリンパス〜」とか思っちゃう。 バックのボケを保ちつつ、被写体のピント深度を深めるという、鬼に金棒な機能でございます。 ちょっと演出。 下の写真と同じ抜…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

お勤め・・・

いつも「カメラ、カメラ」と言うてるだけの道楽者だと思っておられる向きもあろうかと思い「お仕事ちう」の様子をば。 いつもだと、塔婆書きの様子をばTwitterにアップして「#坊さんあるある2020盆」とか言ってる感じですが、Twitterの書き込みを、ほぼやめちゃってる状態。 ROMするだけ。 情報源として必要なものだけ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今日の抜け殻・・・

いつしかカエルの鳴き声がしなくなったと思ったら、セミの鳴き声がうるさくなってきたので・・・ 探したら、あったあった・・・抜け殻が。 マクロ撮影の練習。 ソニーα7RⅢ+シグマ70mmマクロ。 やっぱ、マクロスライダーが必要かな? これ以上、ちゃんと撮ろうと思ったら・・ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京はどうなってンだぁ〜〜?!

かつて、地元求人誌手伝い時代に、随分と稼いでくれたNewマミヤ6がまだまだバッチリ動くことが分かったので、これを持って、東京の街や、あちこちの街を撮りたいものだと思っていたのに、東京の感染者数がウナギ登りになってしまって、まだまだ「おあずけ!・・・・・ウ〜〜、ワン〜 (^o^)」という状況になってしまった。 鬼海弘雄さんの東京…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

練習、練習・・・っと

どうしても身体がブレるので、高速連写で、ピントの良いのを選ぶ作戦敢行。 水玉の写真は、どこにピント・・・が、いいんだぁ〜?
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一天にわかにかき曇り・・・

どーも、近年、梅雨の風雨も激しくなってる感じがする。 昨年の宇都宮中心部の氾濫が思い出される。 九州は、なんだか、毎年の様に大雨に襲われているような感じで、こうなると、地盤も危うくなってくる。 ゲリラ豪雨、台風の時期を前に、既に大きな災害となっているのは、これから先を考えると不安になる。 昨年は、千葉を激しい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

鶴の機織り状態に入る

いよいよ、観念して、塔婆書き。 先祖代々の塔婆は、施主名を書き込むだけになっているのだけれど、新盆の塔婆は、戒名をいれるので、全部書く。 大部分はシルク印刷なのだけれど、この原盤の文字は、亡き父が書いたもの。 さて、いつまで使うか? ・・・うん、しばらく使おう〜 いつもだと、5日あたりに役員会をやって、申し込みを取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お盆の飾り

お盆が近づいてまいりました。 また、某葬儀社のホールに行ったら、盆飾りの展示会をやっておりましたが・・・ 色々と、問題の多い飾りです。 初めて見た時に「なんだこりゃ」と思ったものでした。 今年は、アシスタントさんを通じて「上」に言っていただいた。 さて、来年、変わっているや否や? これについては、これまでにも何度…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

半径20mの、梅雨の間にまに・・

蒸し暑く、朝から鬱陶しい雨が降り続き、 予報では午後は晴れ間も、という予報だったが、 そんなわけないやん〜、という本降りから・・・ 予報通り、午後は、日差しが出てきた。 SONYα7RⅢ+シグマ70mmマクロ こういう被写体はフジの色が良かったりするんだけれど、SONYのは、梅雨の鬱陶しさというか、重い気分、という…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

三日ボーズ、大人しく、仕事をする・・・

さてさて、お盆の夏、日本の夏ですなぁ・・・ どうしたことか、今年は、いつも遅い塔婆の印刷を、業者が早くやってくれて、今年の分が、全部上がってしまって、本堂の片隅に、キチンと積み上げられて「後はお前が書くだけなんだぞ〜」と、ワタシを見て笑っているようだ。 ワタシとしても「はいはい、そうですか」と、すぐさま筆を墨に浸して、墨…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

緊張の夏、日本の夏・・・

まあ、わかり切ったことだけれども、梅雨でありますわ・・・ バイクは乗れないし、車で出るのも億劫。 今日で、一年の半分を終えることになる。 既に悔やまれることは多い。 新型コロナ-武漢肺炎も、緊急事態宣言の緩和から2週間弱経って、また増えてきた感がある。 宇都宮でも、駅東のキャバクラから初めてのクラス…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

三日ボーズ、北へ・・・(その3)ねぶた

青森と言えば「ねぶた」。 いつ行っても「ねぶた」。 いやいや、バカにして言ってる訳じゃない。 確かに凄い祭りだと言うことは、一昨年、実際に見て思った。 東北北部には、同様の祭りがあちこちにある。 青森駅の前に「ワ・ラッセ」という建物があり、ここには、一年中ねぶたが飾ってある。 「優秀作」など、表彰を受けた物が展示され…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ツバメの巣立ち・・・

ツバメの雛の成長は早かった。 なんだか騒がしいな〜と思ったら、みんな飛んでいた。 巣の形が良くないので、一羽くらい落ちそうだな・・・と思っていたが・・・ みんな無事成長して、多分、本日、巣立ち。 嬉しそうに、何度も、巣と田んぼの上を行ったり来たり。 さかんに飛び回っている。 もう、餌も自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏なり

気がつけば、6月の風が吹くなり。 稲が植えられ、麦が刈られる。 緑、深くなり、実がなる。 蛙が鳴き、ツバメが忙しそうに行き来する。 入道雲が遠くに沸き立つ。 にわかに雨が降り、遠雷が聞こえる。 SONY α7RⅢ+シグマ70mmマクロを持ち出す。 ボケ具合とトーンが、なかなかによろし。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ツバメ、大忙し

「益鳥」というけれど、巣に関しては良い迷惑。 巣の下は糞だらけ。 良い迷惑だわさ。 一時期、スズメばかりを撮っていたけれど、その延鳥・・・いや、延長で、ツバメも撮ってみるか、と。 「つがい」というとだろう、二羽の親ツバメが、何度も何度も往復して餌を与えている。 一日中、である。 相当なエネルギーだと思える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕立ち・・・

むかしむかし、大昔、お日様とお月様と雷様が、三人そろって旅に出かけました。 ところが、雷様は生まれつき気が荒いもんだから、行くところ行くところあばれまわってしまいます。 どこの町へ行っても、 「雷様が来たぞー」「へそをかくせー」「早く逃げろー」とみんなにこわがられていました。 お日様とお月様は、いい迷惑でした…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

入道雲〜

台風一過で、暑い1日。 夕方、東の空に大きな入道雲。 こりゃ、カミナリか?・・・と思ったが・・・ナンも無い。 栃木の右下辺りに向かってたのかも知れない。 栃木はカミナリが多い。 「トチテレ」放送の地元ヒーローものは「雷様(らいさま)戦士ダイジ」。「ダイジ」は「大丈夫」の意味の方言。 「雷様」と書いて「らい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

台風一過・・

寝ている間に台風は行ってしまったようだ。栃木はかすめて太平洋に抜けていったか。 朝、起きると、境内に落ち葉が散乱。 気が重くなる。 台風が過ぎた後は、空気中の塵も無くなり、太陽の光が、特に夕方美しい光景を見せてくれることが多い。 いわゆる「マジックアワー」の間の微妙な色の変化が楽しい。 「アワー」という…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

御神輿に人が乗ってはイケマセン

これは、もう、随分前に書いたけれど、またまた気になったので書きます。 宇都宮の「ふるさと宮まつり」というのが、8月の第1土曜と日曜に宇都宮市の大通りで開かれておりますが・・・ SNS等に、御神輿に人が乗ってる写真が多数アップされていました。 「おみこし」と打つとATOKは「御神輿」と出す。 元々は「輿(こし)」に「御」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の終わりに、アレヤコレヤと・・

今回、エンディング産業展の取材は、パナソニックGX-7Ⅲ+15mm。 ホントは、8-18mmを持って行くはずが、着け換えるのを忘れたまま出かけてしまってアウト。 一応、GRⅢを持参したが、折角なのでパナソニックで撮る。 GRⅢ一台で良かったかも知れないかも知れないかも知れないが・・・ パナソニックは、ピントがスパッと合う…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お盆と施餓鬼(その2)

ウチの施餓鬼壇。 本堂の構造的に外陣に施餓鬼壇を作りにくく、また先代の住職のやり方を踏襲してもいるので、仕方なく内陣に置いている。 ウチのように、施餓鬼壇を内陣に作ると、それこそ、施餓鬼とお盆が習合する。・・・しないとできない。 他宗派では、禅宗、特に知ってる臨済宗の寺ではキチンと外に作っているのを見る。 本来の意味から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お盆と施餓鬼

このブログでは、何度も書いていることですが、また、整理するために書くです。 とにかく、お盆と施餓鬼は混同されている。宗教的に言うなら「習合」している。 一番上の写真は、何年か前の智山派・総本山の施餓鬼会。 本山の施餓鬼壇を見ると、普通にお供物としてスイカや野菜が供えてある。 これはいかがなものか? 一般的な施餓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more