テーマ:宇都宮

たまにはビデオ

宇都宮仏教会主催の「仏教文化講演会」。 今年は、脚本家の森下佳子さん。 大阪府出身。 母方の祖父は神社にルーツに持ちながらも、キ リスト教に帰依。父方の祖父は宮大工。 宗教に 関しごった煮のような環境の中で育った結果か その結果ではないのか定かではないが、東京大 学で宗教学を専攻。 卒業後、リクルート勤務を経て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャパンカップ・点描

レースそのものではなく、それ以外のスナップで。 今年は、いつも使う林道が通行止めで予定が狂って、スタート時間チョイ前に着き、レースのスタートは、TV画面だった。 古賀志林道の頂上には、docomoの中継車があった。 そりゃ、必要だわな。 最初の頃は、ケータイが圏外になってた。 選手が行ってしまうと、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ジャパンカップサイクルロードレース(その8)

さて、レースも残すところあと一周。 ラス前の集団。 レースの大かたは決した感じがします。 後は、トップがどうなるのか? 次にトップでくるのはだれだ?! 集団はどうなんだ?! 追いつけるのか?! これはチーム右京。ドライバーが右京さんだったか?分からない。 相模ナンバーなので、宇都…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ジャパンカップサイクルロードレース(その7)

それにしても、ニコンD7500、車のテカり方が良く出てる。これが嬉しい。 D7300は、こうはならなかったと思う。 トップが来る! 独走である! ここから、一瞬の出来事なれど、コマ送り的にお送りします。 D7500の「3Dトラッキング」というAFモードで撮ると、最初にロックオンした部分を追い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジャパンカップサイクルロードレース(その6)

続く、続く、ジャパンカップサイクルロードレース・・・ 何でもかんでも応援しちゃうから、当然「栃木県警〜〜〜!」とかいう応援もあり、白バイ隊のみなさんも、明るく応対〜です。 面白おかしく状況を説明しながら盛り上げる車が通って、白バイが露払いみたいに走って、トッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャパンカップサイクルロードレース(その5)

2年ぶりのジャパンカップで、嬉しくてショ〜ガナイので、記事は続きます。 古賀志林道の頂上。 これを15周する。 あたしゃ、今だったら1回も登れないでありましょう。 ここまで歩いて来るのだって大変だった、というテイタラク。 単独で走ると疲れがきます。 それだけ、自転車では空気抵抗が影響するということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャパンカップサイクルロードレース(その4)

記録写真ではないので、今年の撮り方は終始こ〜んな感じ。 第2集団だったか、ブリッツェンが集団の先頭を抑えてる感じで、レースをコントロールしているのか? とにかく、他チームがどういう作戦で来てるのか? どう変更したのか?・・・と読みながらレースを考えてゆくのであります。 影の出方がなんかイイ。 この2枚…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジャパンカップサイクルロードレース(その3)

選手の後ろ姿もいいもんです。 スバルがカッコイイ! みんなピカピカだし、欲しくなるわぁ〜〜 最後尾を走る救急車。 その前を走るということは、リタイヤ確実?・・・という線。 カッコイイ!! MAVICのバイクも車もカッコイイ。 今年は、なんか、日本人が戦えてなかった感じがする。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ジャパンカップサイクルロードレーズ(その2)

ほぼ写真だけ、ということで・・・ ニコンD7500+70-300mm。 もう、コレのために買ったようなもの。 感度を低くして、絞って、被写体ブレさせる。 でも、どこかに芯を持たせる。 どこかが止まってる、という撮り方。 こういうのが好きなのであります。 出来上がってみないと分からない。 でも、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジャパンカップサイクルロードレーズ(その1)

ジャパンカップ会場のコースが大きく変わっていた。 元々の世界選手権の時のコースに、ジャパンカップとして足された東の部分が土砂崩れ等で使えなくなっていた。 この赤川ダムの東岸の道も使えず、観戦者は西岸に迂回。 このポイントは好きなポイントだったが、近年人が多すぎて、良く撮れなくなっていて、撮影ポイントから外していたのだけ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジャパンカップ・クリテリウム

西部警察状態・・の、オープニングパレード。 「弱虫ペダル」〜〜!! 外国人選手も楽しんでくれてるみたいなのが嬉しい。 楽しそう〜 がんばれ〜〜〜 スタート前 一週間早かったら、台風でエラいことになってたわぁ〜〜 今回は、なんとか行けた。 前もって、エキサイトシー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風一過

青空!!・・・なんだな〜、これが。 アチコチで大きな被害が出ているが、当地はまったくと言っていいほどなにもなく、稲さえも倒れていない。 しかしながら、意外や意外、宇都宮市街地の、それも中心に大きな被害があった。 想像だにできないことだった。 朝に鬼怒川を見に行ったあと、また行ってみた。 災害が無ければ、台風一過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮 多氣山 八朔祭(万灯会)

当山の御本尊不動明王が氏家勝山城から遷座され、平成27年で六百八十年の節目を迎えました。お不動様が旧暦の八月一日に遷座されたことから、月遅れで毎年九月一日に『八朔祭』を執り行い、一昨年まで年一度の御開帳として大護摩供を修してまいりました。 この六百八十年という年を節目に出来るだけ多くの檀信徒の方々にお不動様との深い御縁を結んでいた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

灯ろう流し・寸景(パナソニックGX7Ⅲ)

灯ろう流しをやる田川の遊歩道に降りる階段が設置されているところに、小さな公園のような植え込みと屋根とベンチがある場所がある。 そこに、バイクと自転車が捨てられていた。 バイク、捨てるんかい?! パナソニックGX7Ⅲ+15mmで撮る。 フラッシュを使いたいときがあると思って、ソレ用に。 ホントなら8-18mmを着…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

灯ろう流し、寸景(ソニーα7)

灯ろう流しの一番の問題は天気。 この「宮まつり」の時の夕立の確立は高く、それは灯ろう流しにとっても同じと言うことだ。 ソニーα7Ⅲ+24-105mmF4で撮る。 レンズ交換が面倒なので、これとニコンに70-200mmを付ける。 一時間前から並んでいる人が結構いる。 みなさん、楽しみにしてくださっているということ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

灯ろう流し・寸景(ニコン Z 6)

準備中、天気が気になり、ふと見れば、細っそい月。 灯ろう流しをニコンZ 6+70-200mmF4(Fマウント)で撮る。 この安定した画質は、確かなもの。 ISO3200位ではビクともしない。 解像感も良く、やっぱり、無理してでもフルサイズのカメラを持ち込んでおいたほうがイイのかな?・・・と思える。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮仏教会・主催「灯ろう流し」

8月の第1土曜日は、宇都宮仏教会と、駅の西を流れる「田川」流域の簗瀬地区自治会共同開催の「灯ろう流し」。 30分前には、ご覧の列。 こういう人たちによって支えられている。 仏教会も、我々も。 こういう方たちの、故人を思う心が、我々に期待をしているわけだ。 我々はソレに応えなければならない。 もともとは、戦…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今日の一日(ひとひ)の尊さよ~

締まらない宇都宮駅西口前。 久し振りに新幹線。東京へ。智山伝暴飲・・・いや、伝法院へ。 お墓に関する法律のお勉強ので、無理してでも行っておきたい、ということで。 女房が昼ご飯作る手間を浮かすか、ということで、お昼前に駅に行って、ゆっくり駅そば。 これが、大好き。いつも「天玉そば」。 昔は、駅前に「つちや」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道路が通る

我が家のすぐ目の前に通った道は、しばらく途中までだったのが、ここへ来て工事が一気に進んだ。 あれよあれよ、という間に、田んぼの中に道路は造られ、先日、一気に舗装の工事に入った。 二日間で舗装がだいたい終わったよう。 半分の工事の折、同じ自治会のご近所3軒が立ち退かれた。 市街化調整区域なれど、特例で家が造れるのか、田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歳末助け合い・・

宇都宮仏教会の付属の組織で「宇都宮仏教青年会」というものがあり、毎年「歳末助け合い」というのを行なっている。 葬儀の時に、お寺に盛り籠をひとつ持って行く、という慣習があり、そういうのが溜まっていた。 お歳暮・お中元の品物も残りがち。 そういうものを集めて施設に配ろう、ということを、もう、随分前からやっている。 お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと遅れて成道会

宇都宮仏教会主催の「仏教文化講演会」が、10日、開催された。 本来は12月8日なれど、土曜日だったということや、会場の都合でなかなか8日にはできなかったりする。 今年は、いつも使っている「栃木県文化センター」が改修工事で2年間使えず、宇都宮文化会館。 ここも、改修工事が終わったばかり。 今回の講師は、落語家であり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ひで~ことするな~宇都宮市~!

先日、宇都宮市の霊園に墓地供養(いわゆる墓仕舞い)に向かう途中、清原工業団地を通ったら・・・ 並木が倒され切られ、無残な姿になっておりますた。 これがLRTのためということはスグに分かる。 それにしても、「もったいない」ということが、国際的にも注目される昨今、よくもまぁ、大胆にやってくれるわ~! 宇都宮市。 LR…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

規制だらけの花火大会

花火大会に行って、撮らずに帰ってきた。 (写真は去年のもの) 宇都宮の花火大会。 ちょっと早めに行って写真を撮るつもりが、会場まで行って、結局、カメラをセットすることなく、止まって見ること無く、会場でUターンして帰って来て、ウチで見た。 去年から、打ち上げ場所の関係とかで、会場の対岸で見ることができなくなった。 対…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

宇都宮・多氣山・大火渡り祭~~!!

第11回 多氣山・大火渡り祭。 そうか、もう11年か・・・。 現在の住職が就任してから始めた行事だった。 当日は、多くの山伏たちが皆様の除災開運・無病息災を祈願する柴燈護摩供を執り行い、お越し頂いた方々にもその後、火渡りの御修行にご参加していただけます。 なお、火渡り御修行をされた方には、御守を授与致しま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駐車場の罠にハマる!

よく見れば合ってる・・・けど、腑に落ちない。 昨日(土曜日)、東京に行く用事があり、宇都宮駅前ヨドバシで買い物をしてから出かけることにした。 買い物をして、それを車に乗せて東京へ。 このために、いつものトコではない、ヨドバシ併設の駐車場に駐めたのでありますが・・・ 帰ってきて、出ようとしたら、「3,800円~~!!」…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ああ、バブルの頃・・・

片付けをしていたら、大昔手伝っていた求人誌が出てきた。 1990年。結婚する直前だ。 当時、栃木県をカバーする求人誌が4誌だった・・・か? もう、記憶が怪しくなってる。 ジョブ、ケント、求人情報、あと何? それからしばらく、景気が良くて、求人誌は儲かったものと思う。 いや、みんなが儲かっていたのでした。 景…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮市のLRT説明会(その2)

実は、我が地元平石は、鬼怒川の河岸段丘の底、鬼怒川沿いの西岸にある細長い村だった。 そこは「辰街道」という背骨の様な道が通っていて、要となっている。 宇都宮駅東の広い田んぼが埋められ、開発され、新幹線が通り、東口が作られて、同時に、鬼怒川の東岸に工業団地ができた。中学生の頃だった。 駅の東は急速に開発されて、大学生になった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宇都宮市のLRT説明会(その1)

かねてより、ワタシなりに宇都宮市のLRT計画の問題点については書いてきました。 その説明会が地元市民センターで開催されるというので行ってきました。 ワタシの場合、そういう場での発言は・・・というか、行くだけで選挙と同様微妙な感じになってしまうので、控えておりましたが・・・ (地元の会故、住職が来た、というのは目立つのであり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道が通される・・・

ホンダと隣接工業団地への通勤渋滞緩和のため・・・という名目の道路工事が始まった。 途中で止まっていたものが、ようやく動き出して、今度は、新造道路が貫通するということになる。 すでに通っているところにも檀家さんが多くあり、色々話を聞く。 先ずは、自治会がいくつも分断された。 田んぼが分断された。 公民館に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仏教文化講演会

宇都宮仏教会主催の「仏教文化講演会」なむ。 今年は、日光山輪王寺の門跡様ナムよ。 宇都宮仏教会では、降誕会、涅槃会、成道会と三佛会(三佛忌)をやっております。 降誕会(花まつり)は、子供のために、ということで、有縁の幼稚園・保育園の子供たち中心のイベント。 涅槃会は、そのまま涅槃会の法要。宇都宮仏教会に特別寄付をいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more