テーマ:宇都宮

GWは神社仏閣へ・・宇都宮・多氣山

副住職が、山伏修行で日光・男体山に行ったら、結構人がいたと言っていた。 じゃあ、筑波山あたりもイッパイだな・・・と言ってたら、ホントに頂上付近は渋滞だったというニュース。 登山が趣味の人はみんな、そうでない人も沢山、お山に登られたようで。 みなさん、ガマンできないんですな〜〜。 東京や大阪辺りのアチコチで、ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神域・・・宇都宮・二荒山神社

雨の宇都宮・二荒山神社。 宇都宮二荒山神社は(うつのみやふたあらやまじんじゃ)か(ふたらやまじんじゃ)と呼ぶ・・・らしい。 昔は、バスのアナウンスも(ふたあらさんじんじゃ前)だったはず。 おそらく、市民のほとんどは(ふたあらさん)と呼んでいる、はず。 いつから変わったんだろ? 正式名称は二荒山神社であるが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レンズが変われば撮り方も出来も変わるわサ(その2)

この日、写真を撮っていると、多氣山の住職が声を掛けてくれた。 毎年5月の第3日曜日に行なわれる「多気山紫燈大護摩 火渡り祭」を「今年はやります!」と言っていた。 まあ、コロナの状況次第だけれど、屋外だし、大丈夫なんじゃななろうか? 今の住職が晋山してから始めた行事だし、やはり、こういう時期だからこそ、神仏の力が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レンズが変われば撮り方も出来も変わる(その1)

おなじみの多氣山へ。 続けて3度目。 SONY α7Ⅲ+フォクトレンダー・アポランター50mm F2。 SONY Eマウント用に造られたレンズ。 驚く描写力。 コシナが「最高性能」というのはどんなもんか?と思って、発売早々に買ってみた。 かれこれ1年以上使っている。時々だけれど・・・ 確かに、凄い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多氣山へ・・・

大雨の次の日も火葬場へ行ったので、ついでにまた宇都宮・多氣山へ。 今回は、SONY α7Ⅱ+フォクトレンダー・ウルトロン28mm F2を持参。 光線の条件などかなり違うが、比べてみた。 よく見ると、透過光の部分のボケ方が、オールドレンズの感じになってる。 フォクトレンダー・ウルトロン28mm F2は、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雨の多氣山(その2)

葬儀が続くと、どうも、気持ちが沈んでいけない。 家族を失った悲しみの中にいらっしゃる檀家さんとは、ケースバイケースでの対応というものも考えなければならない。 これも荷が重い。 喪主さんは、悲しいのに、事務的なあれこれを決めなければならない。 そのひとつに「私ら」も入っていることは確か。 「住職さんの、静かな話し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の多氣山(その1)

法事と葬儀が重なって、いつもは副住職が行く火葬場に久しぶりに行った、その帰りに、多氣山に寄ってみた。 ニコンZ 6+Z Nikkor 35mm F1.8を持参。 雨がガンガン降ってるが、その状況で撮ってみた。 このレンズは凄い。改めて驚いた。 Z 6との組み合わせで、凄みがある画質と感じる。 より高画素のZ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

一隅を撮る(その2)

書いたはずの記事が1本すっ飛んだ。嗚呼。 気を取り直して・・・書く。 初市のついでに撮った、久し振りの街の中。 新しいビルもあれば、くたびれるビルもある・・・ そうだ、街は、生きているのだ。 初市が行われたオリオン通り。 大きな「きぶな(黄鮒)」は、宇都宮の疫病よけのアイテム。 そういう言い伝えがある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一隅を撮る

初市に行ったついでに、その周辺を撮り歩く。 宇都宮の大通りと並んで、およそその半分の距離ぐらいだろうか、アーケードを持った通りがオリオン通り。 大通りも昔からある店は、力を失い、後継者もなく、ドンドン店を閉めている。 大通りの東1/3は、証券ビルという感じのビルが並び、小さなお店は激減した。 その間、オリオン通りは栄えていた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

1ヶ月遅れの初市

宇都宮で1ヶ月遅れの初市。 ホントは1月11日なのだけれど、その時、行ってみたら、お馴染みの場所では何もやっていなかった。 慌ててググったら、2月11日に延期とな。 今回も「お馴染みの場所」に行ったら何も無くて、慌ててググったら「オリオン通り」になってたのを見落としてたよう。 スナップが撮りにくくなった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宇都宮のLRT事業

宇都宮市と芳賀町が進めるJR宇都宮駅東側の次世代型路面電車(LRT)整備事業で、開業が予定の2022年3月に間に合わず、両市町が1年程度延期する方針を固めたことが18日、複数の関係者の話で分かった。 一方、総事業費は見込みから約190億円増え、1・4倍の約650億円に上ることも判明。 大規模な地盤強化など追加工事が必要になったこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮・多氣山・初不動

本日、初不動。 平日なれど、多氣山の護摩供には、結構お参りがある。 明後日が、大安の土曜日なので、明後日のお参りが多いのかも知れない。 分かってる人は、三が日の初詣より、初不動でのお参りなのだと思う。 今年は、特にコロナの影響があるのか、やっぱり・・・な感じの人出。 カメラはSONY α7RⅢ+ヤシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嗚呼 宇都宮 中心街

宇都宮市の市街地の中心、宇都宮二荒山神社。 二荒山を(ふたあらさん)と、「さん」付けでよんでるようなところがあるけれど、これは、ホントは(ふたあらやまじんじゃ)らしい。 でもみんな「ふたあらさん」と呼ぶ。 ちなみに、この鳥居の両脇に「上野百貨店」というのがあった。 これも「うえのさん」と呼んでいた。放漫経営で潰れたけど。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雨の多氣山へ・・・(その2)

引き続き、多氣山。 ソニーα7Ⅱ+コンタックスN24-85mm。 アダプタ(フリンガー)使用。 雨の中、ポツリポツリと参拝の人がいる。 祈願に追われるような忙しい時期ではないし、主要なイベントも中止となっている。 それでも、こんな日でも、参拝者がいるということは有り難いことだ。 人の信心の尽きるこ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雨の多氣山・・・

宇都宮の多氣山・持宝院。 みんな(たげさん)と呼ぶのは、高尾山・薬王院と同じ、か。 山号の「さん」が、親しみを持っての敬称のようでもある。 新しいカメラ・レンズが手に入ると試し撮りの行く所。 今回は、コンタックスの「N」タイプ、24-85mmという物。 当ブログではお馴染み、写真家・渡部さとるさんが褒めてい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

宇都宮、しゃぼん玉通り・・・

誰が言ったか「しゃぼん玉通り」。=石けん=Soap・・・ 某ブログにこの事が書いてあって、近くに行ったついでに、撮ってみた。 呼び込みが二人いた。 「なにかあったんですか?」という声が聞こえてきたが、無視して撮る。 昔、東京の街を撮っていたときを思い出して、俄然戦闘的な気持ちになる。 男の子なら、一度はお世話になっ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

【街の断片】・・・反対運動

在る葬儀社のホールが出来るということで起こった反対運動。 実はこのすぐそばに、火葬場があった。 ホントにすぐそば。 これが、後から火葬場ができるとなれば 当然、反対運動が起こるのだろうが、 自分たちが火葬場のそばに家を建てることは平気らしい。 この上、葬儀場ができるのはかなわん、ということかい? この文字が、いわゆ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LRT新設工事という、壮大な無駄遣い

先日、ウチの役員さんの家が引っ越すために、その仏壇の、所謂魂抜きと、引っ越し先での開眼をした。 そのお家は、現在宇都宮市で進めているLRTの通路に掛かるため、立ち退きを強いられたのでありますよ。 LRTは、鬼怒川に新しい専用橋梁を造って通す。 何が勿体ないって、これがLRTの「専用」だからだ。 これが車を通す物なら、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

頭休め・・

頭も、キーボードを打つ指も疲れたので、閑話休題・・ 栃木中央教区・宇都宮支所、という集まりの新年会があった。 今頃新年会?・・・と思われるですが、節分まで忙しいお寺もあるので、この辺でやるのが通例となっております。 ま、旧暦の新年と言えば良いか・・ 宇都宮の「泉町」と言えば夜の繁華街だった。 もうひとつ「宮園町」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮仏教会

直前まで東京で6時から開かれる「淡座」のコンサートに行くか、4時の会議に行くか、と、いや、ホント、3時頃まで迷ったのだけど・・・ 「地元愛」を採ることにした。エライ!、オレ。 でも、ちょっと心残り・・・ 宇都宮仏教会の総会があった。 今回で、3年任期の執行部が代わり、新しい体制で始まる。 おそらく、活動内容とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮から見る富士山

午後、何カ所かお寺に御年始のご挨拶。 夕方、鬼怒川の板戸大橋を渡るとうっすらと富士山。 急いで帰って、カメラ持って出直し。 ついでに、迫力の夕陽。 「太陽がくれた季節」のイントロが聞こえてきそうな感じ。 日没後、シルエットになって浮かび上がる。 先客…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒くなると・・・

寒くなると・・・富士山がよく見えるようになる。 空気が冷たく、雲が無い夕方。 宇都宮からも容易に富士山が見えるようになる。 朝日が当たる富士山が見えることもあるが、やはり、日没後のシルエットがよく見える。 これは、宇都宮を流れる鬼怒川は柳田大橋の東岸。 シグマ150-600mmの、150mm辺りなので、換算…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ア レ ヤ コ レ ヤ・・・と

昨日に引き続いて、東京別院にて伝法院の講座。 副住職も受けてる。親子で受講も珍しかろう。 今回はお経の話。 内容は「陀羅尼」。 陀羅尼&真言の意味は言っちゃいけないというコトになっているのでありますが、我々は、まあ、一応勉強しちゃうわけですな。 本山の朝の勤行で唱える3つの陀羅尼で、通称「三陀羅尼」・・・って、マンマや…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

たまにはビデオ

宇都宮仏教会主催の「仏教文化講演会」。 今年は、脚本家の森下佳子さん。 大阪府出身。 母方の祖父は神社にルーツに持ちながらも、キ リスト教に帰依。父方の祖父は宮大工。 宗教に 関しごった煮のような環境の中で育った結果か その結果ではないのか定かではないが、東京大 学で宗教学を専攻。 卒業後、リクルート勤務を経て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャパンカップ・点描

レースそのものではなく、それ以外のスナップで。 今年は、いつも使う林道が通行止めで予定が狂って、スタート時間チョイ前に着き、レースのスタートは、TV画面だった。 古賀志林道の頂上には、docomoの中継車があった。 そりゃ、必要だわな。 最初の頃は、ケータイが圏外になってた。 選手が行ってしまうと、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ジャパンカップサイクルロードレース(その8)

さて、レースも残すところあと一周。 ラス前の集団。 レースの大かたは決した感じがします。 後は、トップがどうなるのか? 次にトップでくるのはだれだ?! 集団はどうなんだ?! 追いつけるのか?! これはチーム右京。ドライバーが右京さんだったか?分からない。 相模ナンバーなので、宇都…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ジャパンカップサイクルロードレース(その7)

それにしても、ニコンD7500、車のテカり方が良く出てる。これが嬉しい。 D7300は、こうはならなかったと思う。 トップが来る! 独走である! ここから、一瞬の出来事なれど、コマ送り的にお送りします。 D7500の「3Dトラッキング」というAFモードで撮ると、最初にロックオンした部分を追い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジャパンカップサイクルロードレース(その6)

続く、続く、ジャパンカップサイクルロードレース・・・ 何でもかんでも応援しちゃうから、当然「栃木県警〜〜〜!」とかいう応援もあり、白バイ隊のみなさんも、明るく応対〜です。 面白おかしく状況を説明しながら盛り上げる車が通って、白バイが露払いみたいに走って、トッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャパンカップサイクルロードレース(その5)

2年ぶりのジャパンカップで、嬉しくてショ〜ガナイので、記事は続きます。 古賀志林道の頂上。 これを15周する。 あたしゃ、今だったら1回も登れないでありましょう。 ここまで歩いて来るのだって大変だった、というテイタラク。 単独で走ると疲れがきます。 それだけ、自転車では空気抵抗が影響するということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャパンカップサイクルロードレース(その4)

記録写真ではないので、今年の撮り方は終始こ〜んな感じ。 第2集団だったか、ブリッツェンが集団の先頭を抑えてる感じで、レースをコントロールしているのか? とにかく、他チームがどういう作戦で来てるのか? どう変更したのか?・・・と読みながらレースを考えてゆくのであります。 影の出方がなんかイイ。 この2枚…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more