テーマ:生活

「アンチ佛式葬」について考える(その3)

現在、いわゆる団塊世代が70歳前後となり、いよいよ「葬儀」を考える時が来た。 かつて、バブルの頃、この辺の人たちがこぞって墓地を求めたという印象がある。 その頃、かつての学生運動家たちが起こした出版社に出入りしていたが、私がボーズと分かると、お墓の相談をされた。 ウチの境内墓地も、この頃急速に契約者が増えていった。 みな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アンチ佛式葬」について考える(その2)

「ウチにはご先祖様はいません」と言う人がいた。 それは・・・ 「あなたの家で亡くなった人がいない、というだけで、あなたにはご先祖様はいらっしゃいますよ」・・・ということだ。 ダーウィンの「進化論」によれば「私の命」は「地球最初の生命」まで遡れる。 そこからの「命のリレー」があったから今、自分はこうして人として生きている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アンチ佛式葬」について考える

先日の「アンチ仏式葬」云々の件・・・ 正直、 いまや ここまで世論が アンチ仏式葬だと ゼロから論を 考えなければ ならなくなりました。 この稚拙な独断的書き込みが意味するものは何なのだろうか? 何度も書いているけれど、こういう意識の根底には、社会の「核家族化」というものの影響が大きいと考えられる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何言ってんだぁ~?!

いきなり、こんな不躾なツイートが流れてきた。 なんだこれ?! 内藤理恵子GINZA25区ピョローme@drjoro 正直、 いまや ここまで世論が アンチ仏式葬だと ゼロから論を 考えなければ ならなくなりました。 アンケートにご協力ください。 あなたは葬儀について どう考えていますか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学生の「町探検」

近くの小学校から「町たんけん」というので、2年生が来た。 毎年のこと。 町探検と言っても、田園地帯で限られている。 コンビニと、ウチと、隣の老人ホームと神社くらい。 2年生4人と保護者1人で1チーム。 それが、2チーム来た。 この2チームが、毎回だいたい「落ち着いた賢いチーム」と、「落ち着かないおバカさんチー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生きてるだけでラッキー

今日も一日が終わる。 朝起きられて、大きな問題も無く一日が過ぎて、こうして書き込みができる。 命あることの尊さよ。 疲れ、衰えてはいるけれど、大きな病気も無く、極端に体力が落ちることも無く、過ごせることの善きことよ。 善い哉、善い哉。 副住職が、本山に向かった。 お勉強。学生の時の本山研修みたいなもの。一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最小限のバッグ

また、鞄、買う。 今回は・・・マンハッタンパッセージの・・・ #5480 A4 ショルダーバッグ, エスト・・・というヤツ。 バッグが大きいと、アレコレ入れてしまう。 ・・・んで、重くなる。 最近は、首と肩が痛い。ショルダーがシンドイ。 ・・・んで、リュックにしたけれど、なんだか、しっくりこない。 ・・・し、こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

仏前結婚式~~~

宗派は違えど、仏教会のお仲間の寺で、娘さんが結婚式。 相手は、同じ宗派のお婿さん。 ここでは、お子さんが女のお子さん二人・・・なので、お婿さんが見つかって、ホントに良かった~。 当然ながら、仏前結婚式。 当然ながら、ワタシも仏前結婚式。 読むお経は宗派で違うものの、念珠の授与とか、三三九度とか、同じ事をやってる…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

コンビニ中毒・・・

夜のウチに出しておきたいハガキがあって、セブンイレブンにある郵便ポストに行って、帰ってきたら・・・これだわ(^^)/ コンビニ中毒じゃん~。 一日一回は行ってる。 欲しいものがあって行ったのに、まったく違うモノをアレコレ色々買って、肝心の物を忘れて帰ってくることあったりするんだな~これが。 (^_^;) やっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あと何年? あと何台??

「マツダ3」というのが発表になって、まあ、行ってみるか・・・ということで行ってみた。 リコールもあったし。 ナントカ・バルブのスプリングを強い物にするんだそうな。 そんなに急ぐことでもないようなので、後にして・・・マツダ3。 「アクセラ」とかいう名前は、日本だけのものだそうで、今後は無くなるらしい。 今回の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

好機に転じる・・・

母が骨折して入院。 退院したものの、腰の圧迫骨折は如何ともしがたく・・・ でも、まあ、昼間は隣の老人ホームのデイサービスで面倒見てくれるというので、だいぶ助かったものの、夜は帰ってくるもので、目が話せない。 女房が、心底はイヤなんだろうけれど、色々よくやってくれている。 とは言え、これ以上負担はかけられないので、まあ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

母ちゃん、あんたのためにだよ。

手首の骨折と、実は腰の圧迫骨折もやらかしていた母が、退院するのを前に、大がかりな掃除をする。 実は、父が亡くなった時に、葬儀のために部屋を空ける必要があって、とりあえず段ボール箱に入れておいたという雑多な物から何からがそのままになっていた、という物も多々ある。 父と母が使っていた部屋なので、父の物がそのまま残っている。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

小銭貯金・・・

1日が終わると、財布の中の小銭を空き瓶に移す・・・のが日課。 小銭で重く膨らんだ財布を持ちたくない、ということと、まあ、ちょっとした気持ちの余裕というか、いつの間にか貯金、というか・・・ ホームセンターのレジで、小銭を探す人がいる。 それをスマートじゃないな・・・と思ってしまうわけです。 や、自分は、待たされることは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激しいお湿り・・・

シベリア方面の低気圧からの寒冷前線が日本列島にのびています。 前線に向かって湿った空気が流れ込んでいるため、前線付近で大気の状態が不安定になり雨雲が発達しています。 前線は、きょう日中に関東地方に接近、通過する見込みで、関東はこれから雨が本格化するでしょう。 神奈川県内には、けさ4時過ぎに大雨警報が発表され、ほかの各地…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こういう坊さんにワタシはなりたい

老僧の葬儀。 始める前に、ひとり霊前に手を合わせる方がいた。 お檀家さんだろうか? 人間、やっぱり、死んだときにどう思われるか、ですよ。 その人生が、家族にとって、友人知人にとって、ボーズとしては檀家さんにとって、どんな一生だったか? ・・・ソコですよ。 自分にとってどんな人生だったか?・・・ということよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定期検診

三月に一度、美人女医さんにお目にかかれる日・・・ぢゃない・・・眼科の定期検診。 先月、視野検査をして、今回その結果を見る。 ・・・若干進行がみられる、ということで、薬がつよくなりますた。(^_^;) 緑内障は怖い。 見えなくなるのは困る。 でも、このまま抑え切れれば良いが、今回のように少しでも進行があるとい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

連休明けの病院の阿鼻叫喚

母が、隣の老人ホームの「サロン」というデイサービスみたいなのに行く・・・はずが、迎えに来てくれた係の人が・・・「病院行ったほうがいいですかね」という。 みれば、母の歩き方が変。 以前から、膝の変形と軟骨が減ってることは言われていた。 ・・・んで、病院に行く。 10時25分に着いて・・・みれば・・・やっぱり・・・・。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一票の重さ・・・

定数45を12人オーバーする激戦となった宇都宮市議選が終わった。 トップ当選は、後から知ったが、無所属新人の高橋英樹(たかはしひでき)氏(50)は、ホンダの労組の人。6245票。 2位は、無所属新人の福田陽(ふくだあきら)氏(35)は、福田富一(ふくだとみかず)栃木県知事の次男。5729票。 二人とも初陣とな。 組織…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸期の位牌を調べる

ある檀家さんが、仏壇が位牌でイッパイになってしまって新しい位牌が入らないというので、紙の過去帳に書き写して、位牌は寺で預かりましょう、ということになって、その位牌を書き写す作業中。 ひとつは明治期~大正・昭和なのだけれど、もうひとつは江戸期後半。 およそ300年前からある。 「徳川享保年間、時の将軍・吉宗の命を受けて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

便利になったモンだわぁ~~

ノンフィクション作家の山根一眞さん・・・「モバイル」ということを体現されて来た方。 「歩くモバイル」・・・ってのも変な言い方か。 『スーパー書斎の道具術』というようなHow to本も、こういう物の「ハシリ」だったのではなかろうか? この前に『スーパー書斎の仕事術』があり『スーパー手帳の仕事術』では、ファイロファックスと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メガネ4つ

メガネは何と数えるの? イッコ、ニコ・・・? 一度なんかの拍子に、「眼鏡市場」でない、普通のメガネ屋さんでメガネを作ったら、遠近両用一個作って、9万位した。 ナンダカ、iPadとか使ってメガネの角度を計ったり色々やって「貴方に合ったメガネを作ります」的丁寧さが感じられたものの・・・高かった。 おまけに老眼が進んでる感じで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

反・断捨離的生活のすすめ

まあ、そこそこデカイ物置があるからいえることですが、ね・・・ 先日、久し振りに物置に入って、改めて中身を見たら、まあ、本だけでも色々ある。 主に、結婚する前くらいまでの物がある。 中学・高校の頃の物がとにかく懐かしい。 小学校の時の物は、母に無残に捨てられていた。 学校から帰ると大事な物が無くなっている、という経験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新元号・・・

朝からテレビは新元号のことで持ちきり。 んで、予定より結構遅れて、新元号発表。 中には、皇太子殿下のこれまでを振り返っているテレビもあって、それは早くネ?!・・・です。 メディアが勘違いをしてる感。 平成になった時は、お葬式だったから、新元号はそれほど盛り上がることでは無かったと記憶。 それより、1ヶ月前に発表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑事に追われる

珍しく法事が無い土曜日。 信州にいた次女の荷物をイッペン我が家にプールして、本日、引っ越し先の東京に運ぶ。 御朱印を・・・という電話があったので、ストックを書いておく。 300kmを往復するのを思えば、片道100kmはどうってこと無くなる。 急ぐ必要は無く、100km/hくらいでのんびり走行車線。 羽生のS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日帰り、信州への旅

長ぁ~~~いトンネルを抜けるとそこは信州だった。 次女の住むマンション(アパートと言っても過言では無い)の契約が切れるので、荷物の一切を引き上げるために、女房のステップワゴンを走らせる。 その前に、先日、女房が赴いて、家具などの引っ越しは終わっていた。 その後も、まだ用事があった娘が身の回りの物を置いたままだったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイヤ、盗まれる・・・

あろうことかお彼岸の中日に・・・ 車のディーラーのサービスの方が来て、夏タイヤへの交換。 離れて住んでる妹のタイヤを明日交換するので、タイヤだけ取りに来ました・・・というメカさん。 ちょっとして、「ピンポン」・・・「あの・・タイヤどこかに移動しました?」 「・・・いや、ノータッチ」 「タイヤが無いんですけど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お彼岸のお中日おドラゴンズ

ウチの梵鐘は、昭和33年に再建した物。 鐘は、お決まりの「戦争供出」で無くなった。 それを昭和33年、再建。 ソレまで、ワタシが小さいときには「台座」の部分だけがあったのを覚えている。 今のお堂は、平成になってから前住職が造ったもの。 いや、父が造ったんじゃなくて、父が申し出て、檀家さんの寄付をいただいて、大工さんが造…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フヘェ~~~~ックショ~イ!  チキショ~~!!

快晴、微風、ちょっと暖か・・・となったら、コレですよ、コレ。 ・・・花粉光環。 濃いめのサングラスをかけて、太陽を電柱とか屋根とかで遮って見ると、肉眼でもよく見えます。 今年、急に花粉症の症状が強く出ましたです。 去年は、鼻水・目のかゆみなど出ましたが、ヒドイというほどではなかったのですが・・・ ・・・来ました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

霊園の管理・・・・・

ウチは、先代住職が寺の裏の竹藪を潰してお墓にした。 子供・・・という程では無かった、中学になったころ、か。 霊園を造るというようなことは「商売っ気」という感じがして、寺がそういうことをやるのはイヤだ、という思いがあった。 住職にしてみれば、昭和50年代、寺は裕福ではなかった。 父の世代の住職はナントカして「檀家さんを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああ~~~~~~!! メンドクセ~~~

常に読みたい本を持ち歩いているものの、それが文庫だったりすると目が疲れるし、その前に、そもそも良く見えない。 字が見えない。いや、見えにくいったらありゃしない! 「字が小さくて読めない~~!!」 ハズキルーペ・・・(^_-) 困ったもんだ。 手足も痛い。 右の膝が痛い。時々、指が痛い。首と肩が痛い! 身体の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more