テーマ:声明

「声明の音を探る長旅」に、また船出する

前からやらねばと思いつつ、メンドクセ・・・と思っていた、講式節の音階を探ることを始めてみた。 ・・・けれど、これは、船酔いしそうな長旅になりそうな気がする。 完全にCDになってる阿闍梨さんは2名。 音としては、信頼できる音源と言える。 しかし・・・ 取りかかって既に暗礁に乗り上げてしまっている。 ナントカいう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地元・智山青年会の「常楽会」

栃木智山青年会の皆さんが集まって常楽会(涅槃会)を厳修。 本山と同じ形で「舎利講式」。 概ね2時間のお勤め、ご苦労様でした。 これのために2年間の間に5回、勉強会を開いてきての法要。 本山のやり方がおかしいのであって、本山では無く、地元でせやるなら、折角だから元々の省略のないやり方でやってみてはどうだろうか?とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平家琵琶と六道講式

2月16日、東京・紀尾井小ホールにて「声明と平家琵琶 六道輪廻の世界 諸行無常の響き」という催し。 主催は「当道音楽保存会」というところ。 また「令和元年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」という長い名前も付いてる。 相反することを言ってる感じもするが、古い物を残し伝えることで、未来の芸術家を育てたい、というビジョンとい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

涅槃会へ・・・

奈良・興福寺の涅槃会には、確か、3年前に行ったんだった。 良い感じだったので、もう一度・・・と思いつつ、壇用が入って2年出られず。 涅槃会は年に一度なので、なるべく出たいのだけれど・・・ つまり「あと何回聴聞できるか?」ということだから。 さて、興福寺の涅槃会の特徴は「楽」すわなち、雅楽が入るということ。 南都がクソ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聲明の夕べ「五会念佛略法事儀讃」へ

京都・正光寺にて『聲明の夕べ』という法会を聴聞。 「五会念佛略法事儀讃」というものだったが、真言のワタシには「?」。 でも、とても良い法会だった。 昨年は、確か、横浜で上演されたバカなコラボにウッカリ行ってしまい、エラく後悔したままだった。 2年の時を経て訪ねたが、その場に座ると、その時の隔たりを忘れるようだった。 お…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南山進流声明集成(稲葉 阿闍梨バージョン)

平成2年7月の製作だった。 南山進流(高野山)における声明の阿闍梨・・・というか能化様か・・・であった稲葉義猛師の声明を記録したCDを、ヤフオクで入手。 入札で競ってた方、申し訳ない。落札は私でした。m(_ _)m 智山派の私が買ってどうする?・・・という感じでもありますが・・・・ 進流の方は、声明の阿闍梨さんの声を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄土宗の「舎利講式」

京都で連日の聲明聴聞。 春に母が転んで骨折となってから、身動きが取れない状態になっておったですが、私にとって興味深いイベントが続くので、思い切って出かけることに。 今回は、浄土宗の法要で「舎利講式」。 法然上人の作と言われるも、定かではない。 ウチにも、興教大師・作という講式があるのだけれど、怪しい。 昔はそういうこと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

声明独演会?

12月6日。 京都の「P-act」という、とっても小さな芝居小屋かライブハウスか?というところで「梵唄聲明」という「独演会」があった。 独演会の主は、浄土真宗本願寺派の方。(お西) 実は、声明の研究を始めた頃、この方のブログを見ていた。 それが、後にFacebookで知り合うことになろうとは・・・という関係でございます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛙の声明

12月1日、東京・東久留米にある教会「聖グレゴリオの家」という所へ。 前にも一度行っておりました。 →「四座講式800年」 https://e-bozu.at.webry.info/201411/article_15.html 「グレゴリオ」というのは、グレゴリオ聖歌というもので、主に9世紀から10世紀にかけて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

萬福寺の梵唄

国立劇場、年に一度のほぼ定期公演。今回は黄檗宗・萬福寺。 この施餓鬼の法要は何年か前にここで拝聴した。 その後、高崎の達磨寺に聴聞に行ったんだった。 梵唄(ぼんばい)というのは・・・ 「梵」はインド、「唄」は歌。つまり「インドの歌」。禅宗では梵唄と今でも呼ぶ。 声明(しょうみょう)というより、梵唄と言った方がし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声明研究用キーボードを作る

声明の音を探る。 現在伝わっている音を探る、というのが、ワタシの当面のテーマなのであります。 先日、発表した論文。 他の皆様の発表がつまらないので、ワタシは急遽、発表の形を変えて、実際に声に出して唱える、ということにしてみた。 それで気がついたことがあった。 声明の伝承における変化・・・それを実証して、実唱することができそうな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸からの声・・・

江戸時代の声明の解説本「魚山蠆芥集(ぎょさんたいかいしゅう)」(真ん中の字は「さそり」という字)を、ヤフオクで入手した。 慶安2年版(1649)。 江戸時代の声明本としては、これの3年前に出た「正保3年版(1646)」の次に古い物。 冒頭の「三礼・如来唄」等が欠けてしまっているのが残念だけれど、貴重な物。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

けんきゅうはっぴょう~~~

1年に一度の発表の日。 ここんとこ、色々あって、肝心のツメが甘い。 ・・・と思いつつ行き、何せ、順番はブービーメーカー。 ノーミソも疲れてきたので、急遽、発表の仕方を変えた。 声明を唱えて違いを示すということにして・・・ 研究をされてる人は、イヤもう、ホント、色々やってるわぁ~。 自分の研究に関係すること以外は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GW~~~~

GWちうのTwitterを見ていると、坊さんが、のんびり過ごしている様子が感じられる。 外に出ず(出られず)寺にいて、ゆったりまったりとした時間を過ごしておられるよう。 NHKは、今も「ゴールデンウィーク」という言葉は使わず、「大型連休」という。 もともと「商品名」ではなかったのだし、ここまで普及したら、もういいんじゃない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声明研究、遅々として・・・

地元の阿闍梨さんのCDができたのを喜んで、節の確認をしてたメモ書きをひっぱりだしたら、2008年とある。 11年前にちょっとやって・・・ストップしてる。 イカンなぁ~~~と思う。 バン字・・・いや、万事こんな調子で、我が身の不徳の致すところ、大いに反省。 年号も変わって、振り返れば今年になってスタートダッシュできなか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お経の翻訳機~?

2月13日の朝日新聞にこのような記事があった。 お経を現代語に「翻訳」する装置を開発し、参列者に見せる工夫はできないものか ・・・と寺に問われても困る。 この人は、結局、仏教のアレコレを何もご存じないようす。 こういう半端な意見を採り上げられてもこまるが、新聞社の担当の知識も同等なのだろうと推測できる。 これが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

声明研究についての一考察・・・

智山勧学会というお勉強の会がある。 智山伝暴飲・・・いや伝法院というのは、宗派内の組織で、教学を中心に関係することを研究する人たちが、資格を持って集まっている「宗派の正式な組織」という・・・のでいいのか? もひとつ「智山勧学会」といいうのは、多分ソレより古くて、かつ、有志の集まり。 特に資格はなくて、会費を払えば誰でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声明公演「浄土の響」

これまで、叡山学院の先生による天台声明の話(公演のプレ講座)を2度聴きましたが、今回は、その本番。 上野公園にある東京文化会館害ホールは、とても大きなホールでしたが、残念ながら、お客さんは半分チョイという感じだった。 (以下、大川寺HPより) 大山寺流引聲阿弥陀経(だいせんじりゅう いんぜいあみだきょう)の復元  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立劇場・声明公演「浅草寺の声明」

金龍山・浅草寺。 元は天台宗だったが、戦後の宗教法人法で独立し「聖観音宗」の総本山となった。 今回は、この浅草寺の声明。 ・・・と言いたいトコだけど、実は、この終演時間を考えないで、この後にもう1本、公演鑑賞を入れてしまったのでありました。 今回は、3時からはじまって、6時まで。 休憩が入って、5時過ぎからが第二部の声…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌会始についての話を聞く

長いことわかんなかった「歌会始」についての話を聞くことができた。 何せ、NHKの放送では・・・ 「ナントカのぉーーーーーォ↑」と詠んだ後、同じ歌を譜付きで詠んでいるのがわかるのだけれど、そこから音を絞って、詠まれた人のプロフィールとかをナレーションでかぶせてくる。 この部分の歌い方が知りたかった。 今回、名古屋におけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日で遍路

「1日で巡るお遍路さん」という宇都宮東武デパートの企画も終了。 2月17日に「御詠歌と声明と法話でつづるお大師様の生涯」も無事終了。 青年会ということで出仕した副住職も、皆勤賞で無事お役目終了。 よかった、よかった。 お土産コーナーに「立江寺」という名前ばかりが目立っていつなろ思っていたら、今回のイベントは、八十八カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根来寺で涅槃会

「涅槃会の会」の「涅槃会」(真言なので、一応「常楽会」)は、14日、午前10時から、ほぼ5時間の法要でした。 「遺教会」の記事で書いたように、この会には、新義真言宗、新義・豊山派、新義・智山派と、古義真言宗から集まった有志による法要。 本来、このようなことは大凡無い。 さすがに、他流の声明は唱えられないから、部分的、声明曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根来寺で遺経会

「涅槃会の会」という集まりがあります。 真言宗の声明には大きく古義・新義とあり、新義の中に我が智山派と長谷寺の豊山派があり、大きく分けて三流があるわけですが・・・ その中の、主に豊山派が中心となって集まったのがこの「涅槃会の会」です。 涅槃会の会(Facebookのプロフィールより抜粋) この会は添野智譲師・孤島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一足早い涅槃会(遺教会)

ウチの宗派の栃木県青年会会員有志が集まって、成願寺にて、「遺教経」を読む「遺経会」が行なわれました。 ウチの宗派では、2月14日に読むことになっているのものを、青年会では、適当な日を選んで行なっております。 ワタシは行ってなかった(会社勤めで休めなかった)ですが、ワタシの頃にもやっていたよう。 行けなかったけれど、案内が来…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一日遍路・・・(その2)

ウチの教化センターが「ご詠歌オペラ」という何とも恥ずかしい、おバカな呼び方を作っちまった・・・ご詠歌と声明とで弘法大師の生涯を語る、というもの。 以前、ホールでやったものを小さくまとめた内容。 「コウリンジの井上さんはどちらにいらっしゃるのかしら?」と、コウリンジに聞いてきたマダムがいらっしゃいましたが、「コウリンジの井…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日遍路・・・

宇都宮の東武デパートで、開店60周年(・・・って、同い年でっか~)記念、「1日で巡るお遍路さん」~四国八十八カ所霊場押すな踏み・・・いや、お砂踏み~ ・・・というイベントが開催され、本日が初日。 四国霊場会からボーサンが来て、開眼法要をしたんだとか・・・なんの? お砂じゃない・・・わか~。 あ、掛け軸か・・・。 開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神田明神で・・・

秋葉原で電車を降りて、上は見ずに、脇目振らずに、歩きます。 空気が冷たい1月の末でございます。 色んな行き方はあるものの、秋葉原が一番近そうなのでそういう経路で行くと、この混沌振りが良い感じです。 秋葉原方面から行くと、こういう感じでお出迎えして下さります。 良い感じです。 「君が代」に出てくる「さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

な~ごや~だぎゃ~~

今日は名古屋だし、自由席で行ってみっか・・・が、案外空いてたです、の、日曜日のお昼前。 すっげ~~良い天気なのに、富士山には、こっち側に雪がない。 でも、富士山。やっぱり、富士山。 3月にある公演の、いわゆる「プレ講座」というやつですな。 それを聴きに参ったわけです。 「聲明の基礎講座」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聲明 ~音の饗宴~( in 横浜)

家を出る前に詳細を確認と思って「聲明 ~音の饗宴~」で検索したら、コレが出てきた。 https://e-bozu.at.webry.info/201602/article_3.html あっちゃ~、これ↑↑だったんかい?!・・・ですよ。 今回、京都の行事と被ってしまって・・・迷った末に選んだのがコレ。 結論。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声明公演「螺旋曼陀羅海会」

有り難いことですが、副住職に3件の法事を任せて、旅立つことができました。 旅立つと言っても、いつもの「日帰り」でございます。 「はくたか」であります。 向かうは「上越」なので、上越新幹線と思いきや、切符を買うときから迷います。 北陸新幹線だったのですね~「上越妙高」は。 路線作成も、命名も、色んな人たちの「都合」があったの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more