テーマ:仏教?

夢は枯れ野を駈け巡る

塔婆の山を横に、鶴の機織り状態のワタシ。 ボケた母のこともあり、なかなか出かけられず、ただ黙々と塔婆を書く。 同じ姿勢でいると、来客のピンポ〜ンが鳴っても、電話が鳴っても、立ち上がろうとして・・・急に腰が伸びない。 ・・・というようになっても〜た年寄り〜でございます。 録音したラジオ番組や、ラジオのCDを聴きながらの作業…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アンドロイド観音??

だいぶ前の話題でありますが「アンドロイド観音」といいうのがありました。 「 テクノロジーと信仰が合体した「アンドロイド観音」、なぜ衣をまとわないのか」 【2019/06/02 Forbes JAPAN】 https://forbesjapan.com/articles/detail/27468 21世紀に入って、現実…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

解脱できんかったァ・・・?!

「解脱できなかった」・・・という、なんともお馬鹿な元ボーズがいる。 初めて見た時から「こいつバカじゃネ~か?!」と思ってたけど、ホントにバカだった。 このwikiの記述だけで、ご飯三杯食べられる感じ~。 笑える・・・(^o^)・・・ので、そのまま載せちゃう。変わっちゃうと困るので。 小池 龍之介(こいけ りゅうの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

机の乱れは心の乱れ髪・・・なんかね~よ~~

なんか・・・今年は、遅れてる・・・。 完全に油断しているかも知れない・・・ いや、体が言うことを聞かない。 お札を書いて、交通安全のお守りを書く。 お札はメガネで書くけれど、お守りはメガネを外さないと書けない。 お守りを書く細い筆ペンを見つけて楽になったのだけれど・・・やはり目にはシンドイ。 お札も、実は絵画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僧衣で運転は違反?!

晦日を前に、面白いニュースが流れてきた。 ~以下、「福井新聞」より~ 福井県内の40歳代の男性僧侶が9月、僧衣を着て車を運転したこと理由に、県警に交通反則切符(青切符)を切られていたことがわかった。県の規則が「運転操作に支障がある衣服」での運転を禁じているためだが、僧侶の多くは日常的に僧衣で運転しており、男性は「法事に行…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

かけじく・・

特に書画骨董には興味は無いのでありますが・・・ ヤフオクに時々でるのを落札しております。 今回も、2点手に入れました。 向かって左は、昭和初期に我が智山派の宗務総長をされていた方。平澤照尊さん。 密厳流遍照講が作られた時の方であります。 平澤師は、ウチの法類。 真ん中の絵がワタシの祖父、松本尊憲。平澤師の弟子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄土真宗の電力小売り事業について考える

京都の僧侶らの会社 電力小売り事業に参入へ 檀家減少が背景に (2018年10月15日 4時48分 NHK NEWS WEB) ・・・というのが、お昼のニュースで流れましたですよ。 時間が経つと消えちゃうので、以下、コピペします。 檀家の減少で経営が厳しい寺院が増える中、新たな収入源を確保しようと京都の寺の僧侶たちが会社…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

葬儀はどこへゆく?(その4)・・・手元供養?

正直言ってキモチワルイ物があった。 「手元供養・納骨仏壇?! 花供養墓!?」だそうな。 ま、この場合「花供養」と言っちゃうと「花を供養する」という意味になっちゃうですが・・・ それは置いといて・・・ 「手元供養」というのが新しい言葉、新しい概念でありまする。 とにかく、次から次から新しい言葉を作ってくださる。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

葬儀はどこへゆく?(その3)・・・ペットの弔い

多かったのが、ペットの弔いに関するもの。 昔は、家の中におじいちゃんおばあちゃんがいて、孫たちに、「老・病・死」というものをその身を以て見せてくれて、子供の時にそれを学ぶ。 しかしながら、核家族ではソレが無く、爺ちゃん婆ちゃんは、時々会うだけの人になってしまって、「老・病」を知らずに、いきなり「死」ということもある。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

葬儀はどこへゆく?・・・(その2)色んな資格

厚労省によって「葬祭ディレクター」という資格が作られたのは記憶に新しい。 「なんだよそれ?!」と思ったモンだった。 そもそも、誰が試験とかやるのよ?・・・と思ってたら、ある司会者の方から参考書を見せてもらった。 「月刊S0GI」の碑文谷さんの書かれたモノだった。 ちなみに「赤い霊柩車シリーズ」に葬儀屋従業員で出演の大村崑…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

葬儀はどこへゆく?・・・(その1)

去年初めて行った「エンディング産業展」。今年も行ってきました。 台風の合間に、暑さが戻ってきたかのような、快晴の暑い一日でした。 これからの「葬儀周辺」がどうなってゆくのか?・・・それを象徴しているように思えるのが、この骨壺です。 冠婚葬祭とはよく言ったもので、葬儀も結婚式と同じような流れになっています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さて、さて・・・

さて、さて、さて・・・ 役員会も終わって、自治会の役員さんに、施餓鬼塔婆の申し込みの取りまとめをお願い。 役員さんがいない個人宅への案内の発送も、一気に終わる。 いつまでも若くて美しい奥様が、一通一通、手作業で詰めてゆく。 まさに「家内♡制手工業」・・・いや、内職。 結構好きな袋詰めなどの単調仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さて・・・

6月にフライングで梅雨が明け、暑い日々が続いておりますが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか? 7月となって、身辺が慌ただしくなってまいりました。 ・・・というか、自分のやるべき仕事が増えてきた、ということなのでありますが・・・ 優先順位を作っての仕事。 まず、印刷物。 役員会で配るものを優先して作業。→→印刷所…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

町たんけん・・・

この時期、毎年、地元小学校の2年生が「町たんけん」というので寺に来る。 その応対もお仕事お仕事~(^_^)v 自分たちの頃には、そんなん無かったなぁ~とか、思いつつ、3~4人つづ2グループが来た。 ウチの他は、郵便局とコンビニに行くそうな。 前もって、先生から予定の質問事項がきたが、そこに4つあったウチの2つくら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書きたい、色々書きたい。でも・・・

急な大阪日帰りで、時間的余裕まったくなく、そうなると、新幹線の時間をちゃんと使いたくなる。 去年書いた論文を機関誌に応募するか?と思って、書き直そうと、ポメラを持参。 往路ではかなり書けたが、復路で「さて書くか」とポメラを開けば、反応無し。 バッテリー切れ、と見た。 ナンテコッタ、パンナコッタ~(>_<) …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

慶弔入り乱れ・・

バリバリの忌中ながら、結婚披露宴へ。 勿論、新郎のご住職には確認して。 ま、佛式なら、神様とは違う故、OKとも考えられる。 「ハレ」がダメ、というなら、イケナイことだけれど・・・ 新しく所帯を持つカップルの誕生。 まことにメデタイ。 沈んでばかりもいられないので、思いっきり、ブライダルカメラマンを楽しんでまい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

住職主管者講習会ww

10月28・29日と、本山で開かれる「住職主管者講習会」というものに行っていた。 本山が最近始めた愚考のひとつ。 どこのバカがどんなことをいうんだ~~? ・・・などと思いながら、仕方なく行った。 確か宗派の規則には無く、行かなくても罰則は無い。 多分、毎年「案内」が送られ続けるだけで、それが平気なら構わない。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昔の友は、今も友

久っさし振り~に、大学の同級生。 ・・・と言いたいトコですが、我々の場合「本山研修」の同窓会・・・ということにしています。 大学でも、学部が違うのもいるし、学年が違うのもいたし、本山で同じ研修を(我々の時は4回)やった仲間、という「くくり」で同窓会、ということにしています。 大正大ではなく、一般大学から同じ本山研修に参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「縁起が悪い」とは?・・・(続き)

なんで「縁起が悪い」っていう言い方をするのか?・・・という話からズレてしまいました。 よくよく考えてみれば「縁起」と「悪い」がまったくつながりません。 「縁起がいい」 「縁起物」 「縁起でもない」 「縁起をかつぐ」 ・・・どれも、不思議な言い回しです。 『goo国語辞典』では・・・ えん‐ぎ【縁起】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立正大学・仏教文化公開講座「音楽と法要の融合」

10月13日、立正大学仏教学部主宰の「仏教文化公開講座『音楽と法要の融合』─その宗教的・文化的意味─」というイベントが行なわれました。 結論として、この副題「その宗教的・文化的意味」には「?」でしたが「音楽と法要の融合」ということにおいては、なかなかのモノでございました。 法要に先立って、仏教学部教授・北川前肇(ぜんちょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トンデモ僧侶・・・か・・・

確か、お彼岸のお中日のテレビ朝日「モーニングバード」。 「トンデモ僧侶にご注意!お墓・葬儀の金銭トラブル最新事情」・・・とな?! 途中から見たのですが・・・ 初めのところでは「墓地の空き」について言っていたようです。 宇都宮でも最初にできた公営墓地などは、今「空き」が目立っています。 「空き」であろう、と思われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自称って・・・?

【49歳自称イラストレーター 長期監禁目的か「自分好みに育てたい」】 岡山県倉敷市の小5女児の監禁事件で、逮捕された自称イラストレーター藤原武容疑者(49)=岡山市北区楢津=が調べに「女児を自分好みに育てたかった」と供述していることが21日、倉敷署捜査本部への取材で分かった。 この「自称」って、なに?・・・と・・・ここまでで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空虚なツイート

どうすっかなぁ~ 書きかけて止まっている記事があるのですが、それを発掘してみっか・・・と思ったものの・・・ なぁ~んで書こうと思ったのかすら、分かんなくなってしまったものもアリ・・・ そんな中に、以下のようなのがあったです。 随分以前にTwitterに対して思ったことですが、これへんから、Twitterが嫌になってきたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「美・坊主」ファッションショーだぁ~~~??!!

書きかけの記事、掘り起こしシリーズぅ~ 書きかけておねんねしていた記事をば、引っ張り出して書いてみようか・・・と思ってみたりして・・・ 実は、昨年内の「棚卸し~」と行きたかったんですが、年が明けての「新春バーゲン!」になってしまったです。m(_ _)m モデルは僧侶、視線くぎ付け 奈良で「美・坊主」ショー 「美・…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

おお、自然力みなぎる地よ!

住んでる人たちにとっては、メンドクサイ所なのかも知れませんが・・・ 市街化調整区域ということで、回りは田んぼながら、近くまで宅地が押し寄せているような所にいると、特に、この山と川の風景がいいな!と思います 先日、栃木県西部、鹿沼市に行ってきました。 3月に、一緒に行をしたお仲間の息子さんの、試合の様子を撮った写真を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あのお婆ちゃんだった・・・

棚経を15日の午前中にして欲しい、という家がありました。 色々事情がある様子。 天気が崩れる前に、街中をスクーターで回ってしまいたいと思っていて、10時半過ぎだったか・・・ この家を思い出し、慌て気味に、でも、ちょうど良いくらいか?・・・とか思いつつ向かいました。 着いたら「ちょうど母が来たところです」と言われ・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真宗でどうして「得度式」????

くりくり頭に決意込め 京都・東本願寺で得度式 京都市下京区の真宗大谷派本山・東本願寺で5日、同派の僧侶になるための儀式、得度式があった。髪をそり、青白いくりくり頭の少年と髪を束ねた少女が、緊張した表情で臨んだ。 午前9時半ごろに御影(ごえい)堂で式が始まり、白色の装束を身につけた受式者たちが大谷暢顕門首(84)から頭にか…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

穴埋め日記・・・

特に書くことがない、というか、書く気力が無いというか・・・ なら、書くな!・・・ということですが(^^) やっぱ、なんか、書いちゃうんだモンね。 本日、お盆前の施餓鬼会が終了。 「始まってすぐ、香炉の炭に火を付ける燈明がないなど、あれこれジタバタして、奠供(てんぐ)師にハチを持って行くのを忘れる」と去年の日記に書いてある…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

間違いだらけは、アンタの方じゃね?

間違いだらけの「知っておきたいお墓参り」 http://monzenmap.blogspot.jp/2014/07/blog-post_28.html ・・・というブログ?があったですが・・・ 色々言っているけれど・・・ それから「お墓に供えた供物は持ち帰って食べてよいか?」という質問。根本、墓参は施餓鬼供養ですから、、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

こういうブログの使い方もある

・・・って、個人攻撃だす。(^o^) ネット上の「匿名の人物」への、ふざけたモノで、醜い内容なので、ま「コメント氏」以外は、読まなくていいです(^^) 「「お寺のこれから」について考える(その4)宗教的過疎の問題」 http://e-bozu.at.webry.info/201406/article_23.html ・・・と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more